. . .

2019 葵ステークス 本予想

昨年から重賞扱いとなった葵ステークスの予想です。

まずは過去データから見ていきたいと思います。

 

人気別成績
1番人気   2-1-0-7
2番人気   2-2-1-5
3番人気   1-0-0-9
4番人気   2-1-0-7
5番人気   0-2-0-8
6~9番人気 3-0-2-25
10番人気以下0-2-4-53

昨年も荒れましたが、基本的には波乱傾向にあるレースです。
二桁人気でもバンバン馬券に絡んでくるため注意が必要ですね。


1枠     1-2-1-9
2枠     4-1-0-9
3枠     3-0-2-11
4枠     0-1-0-15
5枠     0-2-2-14
6枠     1-2-2-13
7枠     0-1-1-17
8枠     0-1-1-16

圧倒的内枠有利となっています。
本命は3枠までから選ぶのがいいかもしれません。

前走データ
桜花賞    0-2-1-11
フィリーズR 1-1-0-3
ファルコンS 0-0-1-12
橘S     6-3-2-27
マーガレットS0-0-2-10

狙い目はフィリーズR組、橘S組になるのでしょうか?
桜花賞組の成績があまり良くないですね。

有力馬

 

アウィルアウェイ
ここ2走は自分の走りが出来ていないように感じます。
デビューから3戦はデムーロJKが乗っていたのですが、石橋JKに変わってからはちょっとね。。。
京王杯2歳Sではファンタジストとハナ差の競馬をした馬ですが、そのファンタジスト自体が最近低迷しています。
距離が1200mになるのはプラス要因でしょうが、前走桜花賞組の成績も良くないですしね。
川田JKがどこまでやれるかってところですね。強気に押せる材料はありませんし、人気吸って飛んでほしい馬です。

ディアンドル
未勝利から4連勝でココの舞台まできました。
今までの鞍上はルメール、マーフィー、モレイラが乗っていることから期待されている馬なのでしょう
フェアリーS2着馬のホウオウカトリーヌにも勝っていますし、重賞級の力はあると感じています。
前に行けるルーラーシップ産駒というのもプラス材料です。
前走マーガレットS組の成績は良くないですが、藤岡兄なら期待しても良いんじゃないでしょうか。

ディープダイバー
藤岡弟もいい馬に騎乗しますね。
相性のいい橘Sの勝ち馬であり、朝日杯でも5着にきている実力馬です。
前走でもフィリーズR3着のジュランビルに勝っていますし、藤岡兄弟の2頭軸で勝負してみても面白いかもしれません。
京都の相性は良さそうですが、小回りはどうかな?

アスターペガサス
この馬はちょっとむずかしいんじゃないでしょうか。
典型的な早熟場に感じます。
福永JK騎乗でも結果が出ていませんし、前走の大敗はちょっと・・・
1200mは久々ですし、2戦2勝なのですが、今回は切りが無難だと思います。

ドゴール
前走では馬体重-16キロが響いたんでしょうか。
ちょっと負け過ぎですよね。
1200mに出てくるのは良いと思いますけど、一回様子見したいのが心情です。
元々あんまり強い馬だとも思ったことないですし。

人気ブログランキング ←本命馬についてはコチラをクリック

荒れてる重賞なので、人気薄の馬を絡めてワイドや馬連で買おうかなと思います。

その他の印についてはコチラからご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です