2019 宝塚記念 データ分析

春のグランプリ、宝塚記念の予想になります。

昨年よりはメンバーが揃いましたが、それでも13頭立ては寂しいものです。
G1馬が6頭出走しますが、一番人気はレイデオロかキセキのどちらになるのでしょうか。
阪神のタフな馬場であればキセキの方が分があると判断される可能性もありますが、レイデオロの調教も抜群に良いですからね。
昨年は外しましたが、一昨年は回収率1000%超えを果たしたレースでもあるので2年ぶりに大本線を的中させたいところです!

 

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

 

人気別成績
1番人気   2-3-2-3
2番人気   2-1-1-6
3番人気   1-1-2-6
4番人気   0-0-1-9
5番人気   0-2-0-8
6~9番人気 5-1-2-32
10番人気以下0-2-2-52

1番人気の成績は堅実ですが、6番人気以下の穴馬の好走が目立っております。
過去10年で5番人気以内での決着は3回しかありませんので今年も6番人気以下の馬には注意が必要かもしれません。

性別
牡馬     9-7-6-105
牝馬     1-3-4-11

牝馬での出走はリスグラシューのみとなりまして、過去好走している牝馬はラブリーデイ以外G1での勝ちがある馬でした。
ヴィクトリアマイル勝ちのあるリスグラシューも馬券内入る可能性はありますね。

年齢
4歳     3-2-6-36
5歳     6-4-4-31
6歳     1-3-0-21
7歳以上   0-1-0-27

全てにおいて5歳馬の成績が抜けております。
7歳以上の馬で連対馬は出ていますが、昨年のワーザーなので、日本馬では複勝率0%です。
ソールインパクト、タツゴウゲキは勝負圏外でしょうからそこまで関係はないですね。


1枠     1-0-4-11
2枠     1-1-2-12
3枠     0-1-1-15
4枠     0-4-0-13
5枠     0-3-0-15
6枠     2-0-0-18
7枠     0-1-2-17
8枠     6-0-1-15

8枠からの勝ち馬6頭はすごいですね笑
勝ち馬は外枠、2着は中枠、3着は内枠って感じでしょうかね笑

前走データ
天皇賞春   5-2-2-33
大阪杯    1-0-0-2
海外     0-3-1-12
目黒記念   1-0-1-15
鳴尾記念   1-2-1-12
エプソムC  0-0-0-3

前走天皇賞春からの勝ち馬が5頭となっており、現時点で狙っているエタリオウが該当しているので私にとっては良いデータです。
海外組は勝ちきれていませんが連対馬は出ているので、レイデオロ、リスグラシュー、スワーヴリチャードの内1頭は馬券内に絡みそうですね。

現時点での本命はエタリオウです。
勝ちきれないレースが続いており、前走ではまさかのポツン・・・
レースが始まった瞬間に終わりを確信しましたね笑
今走の鞍上は本家ポツンの横山JKに変わります。横山JKなら後方一気が上手いJKですし、ずっと乗りたがっていたという言葉もありますし、前走58キロを背負っている馬は8年連続馬券内に来ているので、期待してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です