2020 きさらぎ賞 本予想

きさらぎ賞の予想です。

いつも通りの少頭数となりました。
このレースは池江厩舎がめちゃくちゃ強いレースで有名です。
今回の池江厩舎からの出走馬は・・・
皆さんご存知の通りアルジャンナです。
さてさて今回はどうなるのでしょうか。

有力馬

アルジャンナ
断然の一番人気に推され、名門池江厩舎から送り込まれてきた馬となります。
前走は怪物コントレイルに5馬身差付けられましたが、3着のラインベックには4馬身差を付けています。ラインベック自体が若駒Sで3着なのでそこまで強くないのかもしれませんけどね笑
とはいえ、今回の出走メンバーがあまりにも弱すぎるのでこの馬が力の差を見せつけて勝と思います。
むしろここで勝てないようであればその程度の馬だったのでしょう。クラシックで好走することは無理だと判断します。
少頭数の経験しかありませんが、今回も少頭数ですからね。
唯一の不安点は、今の荒れた京都馬場が合うかどうかですが、これはもう走らないと分かりません笑

ギベルティ
最近短距離路線でキテるゴドルフィンが馬主の馬です。やはり短距離路線の次はクラシック路線ですよね。
話題のオルフェーブル産駒に加え鞍上はレジェンド武豊ですから、人気が出るのもしょうがないでしょう。
今のあれ馬場も合いそうなタイプですし、調教も上々です。新馬勝ちしかないので賞金加算したいという気持ちもありますからね。
ですが、不安点は結構ありますよ。
新馬戦はスンナリと先行し、4コーナーでは既に抜け出して押切勝しましたが、内内を回ってのうちが伸びる馬場っていう有利すぎな条件が重なっての勝利な事に加え、相手がいかんせん弱すぎました。2、3着馬のその後の成績はひどいもんですよ。
もしかしたら大して強くないって可能性も無きにしも非ずです。

グランレイ
前走の朝日杯では人気薄からの激走3着、上がり最速は今回も期待したくなる内容でしたね。
京都外回りは経験済みの舞台となり、相手も手薄な今回であれば再度の激走があり得そうです。
鞍上は池添JKなので外回して末脚にかける競馬をすることは明白でしょう。外が伸びる馬場であれば勝ち負け争いまで出来るかもしれませんね。

サトノゴールド
札幌2歳S組をどう評価するかですよね〜。
勝馬のブラックホールはホープフル惨敗でしたからね。坂が合わなかったのかなとも思いますが、それにしても負け過ぎ。
そのブラックホールに1馬身ちょい差をつけられたサトノゴールドがどこまでやれるのか。アルジャンナに逆転できるのか。
当初は共同通信杯を目指していたそうですがマイラプソディから逃げて相手関係が楽なコチラへ出走してくるという事なのである程度の勝算はあるのかもしれませんね。
まぁ、東京よりも今の京都の馬場の方が会うことは間違い無いでしょうけど。

 

人気ブログランキング ←コチラをクリック
面白そうなのは1枠1番のコルテジアですか。おそらく逃げるでしょうから逃げ粘りに期待ですね。
そして、密かに期待しているのはこの馬にしました。
鞍上が少し頼りないですが血統的には今の時期であれば十分やれるはず!
京都外回りはなんだかんだディープの庭だと思っていますから。

でけたぁ~の先生 有料競馬予想

アンジャンナをどう扱うかによるレースでしょう。
私はアルジャンナ信じて頭固定での勝負を予定しております。
8頭立てという少頭数のレースの割りに消し馬が少なくて困りました。
最終的に4頭に絞って勝負します。
アルジャンナからサトノ、コルテジオ、もう一頭といった感じでしょうか。

ほんとにそろそろ当たりが欲しい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です