2020 小倉大賞典 本予想

小倉大賞典の予想です。

ここにヴェロックスが出走するとはね・・・笑

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績
1番人気    2-1-2-5
2番人気    1-2-0-7
3番人気    2-0-0-8
4番人気    1-0-2-7
5番人気    1-0-3-6
6~9番人気  3-5-0-32
10番人気以下 0-2-3-61

年齢
4歳     3-2-2-16
5歳     4-1-4-29
6歳     1-2-0-38
7歳以上   2-5-4-43


1枠     1-4-3-9
2枠     1-1-1-14
3枠     2-1-1-14
4枠     2-0-0-16
5枠     1-0-0-16
6枠     0-0-4-14
7枠     2-2-0-14
8枠     0-1-0-17

前走データ
ジャパンカップ0-0-0-1
有馬記念   1-0-0-0
日経新春杯  0-3-1-10
京都金杯   0-1-2-16
中山金杯   2-1-3-14
愛知杯    0-1-0-9
オープン特別 1-1-2-26
条件戦    3-1-0-9

有力馬

ヴェロックス
クラシックで全て3着以内に好走した馬がここに出走してきました。
普通に考えれば1着は確実であり、1着じゃなきゃいけない馬です。
不安点は大飛びの馬なので今の小倉の馬場が合わない可能性って事くらいでしょうか。
普通にくると思いますよ。妙味なさ過ぎなんで買いませんけどww

ジナンボー
ディープ×アパパネという競馬ファンであれば大興奮の血統です。
G1開催の裏となるので、鞍上は気合が入っていると思います。
1800mでは2戦2勝と距離適性バッチリの舞台ですし、ローカル重賞では結果を残せる位に力ある馬だと思います。
枠が少しマイナスかな。

カデナ
昨年の小倉記念で弥生賞以来となる重賞で馬券になり、その後の新潟記念でも馬券になりました。
その後、東京・中山で本そうしてしまいましたが、この馬の買い時はローカル重賞だと思っています。
今買わないといつ買う!?
ほぼ1枠といっても良い枠に入りましたし、本命で行きます。

タニノフランケル
昨年の2着馬ですね。
その時の斤量は54キロだったので今回はプラス1キロとなります。
この馬に関してはいつも言っていますが、斤量55キロ以上では重賞で馬券になっていません。0−0−0ー8です。
馬券になるまでこの斤量では買いませんね。

エメラルファイト
スプリングSで本命にし、有難い思いをさせていただいた馬です。
近走はなかなか結果が出せていませんが、今回はやっと久々の1800mです。1800mでは人気以上に走る傾向にある馬なので、今日の1400mマイスタープールヴィルのように1800mマイスターの可能性があります。
もちろん買います。

 

人気ブログランキング ←コチラをクリック
やっぱ枠が良いですね。
前走は大敗してしまいましたが、元々小倉では走る印象のある馬だったので、この枠に入った時点で抑えないと損しそうです。

でけたぁ~の先生 有料競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です