2020 ファルコンステークス 本予想

フィリーズレビューの予想です。

開催競馬場の変更があったため、過去8年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績
1番人気    1-0-0-7
2番人気    2-1-1-4
3番人気    2-3-1-2
4番人気    2-1-0-5
5番人気    0-0-3-5
6~9番人気  0-1-2-29
10番人気以下 1-2-1-61


1枠     2-0-1-12
2枠     0-1-1-14
3枠     1-1-2-12
4枠     0-3-2-11
5枠     2-1-1-12
6枠     0-0-0-16
7枠     2-2-0-17
8枠     1-0-1-19

前走データ
朝日杯      0-3-2-9
クロッカス       2-0-0-20
ジュニア        0-0-0-3
マーガレット   0-0-0-5
1勝クラス    2-3-2-41
新馬・未勝利   0-0-0-7

有力馬

ラウダシオン
朝日杯は流石に距離が長かった+相手が強かったですが、1200〜1400mでは安定して好成績を納めております。
リアンインパクト産駒の重賞初制覇となるかも期待されています。
荒れる重賞で有名なファルコンSです。1番人気の複勝率を考えても重い印は打ちたくありませんね。

ビアンフェ
この馬もラウダシオン同様前走は距離の壁に跳ね返されました。前に行った馬にはきついペースってのもありましたけどね。
逃げる馬はこの馬で決まりなんじゃないでしょうか。
1200m、1400mではタイセイビジョン相手に互角にやれていることを考えてもラウダシオンより能力上位に取りたいです。
上位3番人気以内では一番評価高く見ています。

アブソルティスモ
丸山JK騎乗ですが、最近はルメールJKの代役でノーザンからいい馬が回ってくるようになりましたね。
この馬は逆にマイルの方が合いそうですよね。
前走のクロッカスSでも差し届かない展開でしたから、今回も一度理次第で同じようになる可能性があります。
評価は落としていますが、念のため買い目に入れておきましょうかね。

トリプルエース
ここ2走はマイルで戦い馬券外に飛んでいますが、明らか距離長いですからね。1400mなら本来の力を出せるでしょう。
かつてはラウダシオン、ゼンノジャスタ、サクセッションといった強敵達に勝っています。3歳になって初戦となりますが、ゴドルフィンの短距離馬なら期待してもいいですよね。
ビュイックから藤岡弟に乗り替わりは確実にマイナスですがもう一回だけ信じたいって気持ちが強いです笑

 

人気ブログランキング ←コチラをクリック
前走1勝クラスから挑んでくる馬ではこの馬を一押ししたいです。
ビアンフェとタイム差なし、サクセッションには0.2秒差と惜しい競馬ができています。
今の人気であればめっちゃ狙い目だと思ってます。

でけたぁ~の先生 有料競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です