2020 京都新聞杯 本予想

京都新聞杯の予想です。

昨年は2着のロジャーバローズが後にダービーを制しましたね。
その後引退してしまいましたが・・・
今年はぶっちゃけアドマイヤビルゴがどんくらい強く勝てるかを見るレースだと思っています。
負けたとしても僅差であれば問題ないと思ってますけどね笑
目標はダービーなワケですから。

ちなみに今のところダービーはサトノフラッグを信じるかコントレイルの2冠かどっちかかなって思っています。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績
1番人気    2-2-2-4
2番人気    2-4-0-4
3番人気    3-0-0-7
4番人気    0-0-2-8
5番人気    1-0-1-8
6~9番人気  1-3-3-33
10番人気以下 1-1-2-58


1枠     0-1-1-13
2枠     4-0-1-11
3枠     2-2-1-13
4枠     0-3-1-15
5枠     0-0-1-19
6枠     1-2-3-14
7枠     2-2-0-17
8枠     1-0-2-19

前走データ
皐月賞    1-1-1-10
スプリング  0-1-0-4
毎日杯    2-0-2-6
オープン   0-2-1-10
1勝クラス  6-5-4-52
新馬、未勝利 0-0-0-32

有力馬

アドマイヤビルゴ
噂の6億円ホースですね。
新馬、若葉Sと連勝し重賞挑戦ですが、如何せん今回は相手が弱すぎる・・・
このレースはこの馬が本物かどうかを見極めるレースになりそうです。
戦ってきた相手もそんなに強くない馬ばかりなので、ここで大勝するようでもダービーでは本命にしないと思います。
コロナの影響で豊さんが乗れませんが、勝たないとダメですよここは。

ファルコニア
前走のスプリングSは3番人気4着と馬券外に飛んでしまいましたが、あれは位置が悪かったですね。
最初が後ろすぎました。道中で位置を上げた影響で最後で伸びる脚が残ってなかったですね。
鞍上は1−2−0ー0と手が合っている川田JKに戻りますしこのメンツであれば2着でしょうね。むしろ連対しないとやばいでしょ。
とはいえ今年重賞で結果が出ていない川田JKなので不安要素ではありますね。
アドマイヤビルゴに太刀打ちできる馬であるのでどこまでやれるか楽しみです。

マンオブスピリット
未勝利戦では青葉賞で人気したフライライクバードに勝っています。
前走は最後方から上がり最速で勝ち切っているのでインパクトはありますが、ルーラーシップ産駒は前目で競馬してなんぼのもんです。
フライライクバードも重賞の壁に阻まれておりますし、距離も1800m以上を経験していません。
そして、スミヨン、ルメールとかなり上手い鞍上で結果を出していきた馬ですが、今回は北村友一JKです。私は好きですけどね笑
上記2頭には勝てないんじゃないかなと・・・

シルヴェリオ
あのシルバーステートの半弟に当たります。それだけで期待したくなってきます。
前走は少頭数にも関わらず最下位になってしまっていますが、鞍上はシュタルケJKでしたからね。度外視で良いと思います。
鞍上は福島リーディングの西村JKですしシュタルケJKよりか良いんじゃないでしょうか。
とはいえマンオブスピリットと同じように2強には太刀打ちできないと思います。
新馬、未勝利と最初の2戦で勝てていない事もありますし、本格化はもう少し先かな?

ディープボンド
今回、前走皐月賞はこの馬のみです。
話題のキズナ産駒でもあるので買ってみたくなりますけど流石に厳しいでしょ笑
鞍上が和田JKに戻るのはプラスですけど、買ったとしても紐レベルです。
まぁ今の人気じゃあ買いませんけどね。

 

人気ブログランキング ←コチラをクリック
2強を除いて敢えて買いたいなぁと思った1頭です。
前走1秒負けは痛いですけど今回でどこまでやれるのか確認したいと思います。

でけたぁ~の先生 有料競馬予想

最終予想はツイッターにあげる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です