妄想ペナント ep8

ストーブリーグ特集となります。

写真取り忘れで無いので、文字ですみません

まずは、契約更改からとなりますが、我がジャイアンツは下記の選手と契約を結ばない事となりました。

ウィーラー(自由契約)

サンチェス(帰国)

野上   (自由契約)

田中貴  (自由契約)

岩隈   (引退)

大竹   (引退)

そして自由契約選手からは下記選手と契約を結ぶ事となりました。

斎藤佑  (前日本ハム)

ジョンソン(前広島)

ジョンソン 背番号21

広島時代に63勝(6年間)を上げ、貴重な左腕先発として期待

斎藤佑樹  背番号48

プロ11年間で11勝16負と高校時代の勢いは既になくなってしまったが、中継ぎとして期待

続いては、ポスティング、FAについてです。

もちろん坂本は却下ですよ笑

もちろん本人との話し合いの結果、納得はしてくれましたよ?

そしてエース菅野は年棒7億円で引き留めに成功しました。

金の投げ合いなら負けませんよ笑

他のFAについては下記の通りとなっています。

後藤 広島カープ←オリックス

梶谷 広島カープ←横浜ベイスターズ

西川 中日ドラゴンズ←日本ハム

柳田 ヤクルト←ソフトバンク

増田 オリックス←千葉ロッテ

山田 ヤクルト←ヤクルト

そして最後にドラフト会議となります。

我がジャイアンツは東海のスラッガーと呼ばれる大学生外野手飯倉を指名

注目は大学生トリオの深野、内山、赤石

横浜入りを希望していると言われていた赤石は横浜を含む3球団から指名を受けたものの抽選で阪神タイガースへ入団が決定しました。

日本ハムは土井垣、ソフトバンクは犬飼を指名したと思ってください笑

若石は西武へ1位指名を受けましたね。

ちなみに西武2位指名は番堂でした。若石とポジション被るんですけどね・・・

中村が大リーグへ移籍したのでそのための補強なのかな?

土井垣 日本ハムファイターズ   ドラフト1位

「ドラフト1位は光栄なことですが、監督を務める明訓高校が敗れるまではプロ入りするつもりはありません。」

犬飼  福岡ソフトバンクホークス ドラフト1位

「土井垣率いる明訓を倒すまではプロ入り出来ません。」

瓢箪  千葉ロッテマリーンズ   ドラフト5位

番堂  西武ライオンズ      ドラフト2位

赤石  阪神タイガース      ドラフト1位

若石  西武ライオンズ      ドラフト1位

ドラ1の2人がスンナリプロ入りとはいきませんでしたが、西武の1、2位指名にはびっくりしましたね。

ポジションも被り、プレイスタイルも似ているのでどっちかは控えになってしまいそうな気も・・・

でもパリーグならDHで出場できるから大丈夫かな?

そして、残念ながら横浜入り出来なかった赤石ですが、即戦力としてレギュラー取れると思います。

阪神は赤石と花形がいるから強くなりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です