2020 京成杯オータムハンデ 本予想

京成杯AHの予想です。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気    3-0-0-7
2番人気    3-1-2-4
3番人気    1-1-1-7
4番人気    2-0-1-7
5番人気    0-1-1-8
6~9番人気  0-5-4-31
10番人気以下 1-2-1-56

年齢

3歳      2-0-3-14
4歳      3-1-2-13
5歳      4-5-2-34
6歳      0-3-2-41
7歳以上    1-1-1-18

1枠      0-1-1-11
2枠      1-2-1-11
3枠      1-0-2-15
4枠      0-1-0-17
5枠      5-1-1-10
6枠      2-2-2-12
7枠      0-0-2-16
8枠      0-2-0-16

前走データ

ヴィクトリア  0-1-0-0
関屋記念    1-5-5-43
中京記念    1-0-2-8
函館SS       0-0-1-1
オープン    2-0-0-34
3勝クラス   4-0-0-3

有力馬

スマイルカナ
桜花賞3着馬であり、前走では古馬との初対決を制覇しています。超絶軽斤量でしたけどね。
3歳牡馬は古馬との対決ボコボコにされていますけど牝馬は違うのかもしれません。
今回も軽斤量を活かして逃げる競馬をとりたいところですが、昨年逃げ切ったトロワゼトワルがいる事が最大の懸念材料です。
前走は3番手に控えていましたが、この馬は逃げてこその馬だと思っているのでもし逃げられないとなるとちょっと怖いですね。

ルフトシュトローム
前走では5着に敗れてしまいましたが、中山マイルでは無敗且つ全て上がり最速を出している馬になります。
結構面白い馬なんじゃないかと思っていますが、結構人気しちゃってますね笑3歳馬なので斤量が軽い事も結構プラスに捉えられているんでしょうけど。
この馬に注文したいことは一つだけです。33秒台前半の上がりを使ってくれさえすれば馬券内には来ると思っています。
今までの上がりタイムだと届かないで終わりそうなんですよ・・・

トロワゼトワル
昨年は逃げの天才ノリさんが炸裂しての勝利でしたね。今回は同型のスマイルカナがいるので簡単に逃げさせてはくれないでしょうし、マークもきつくなるんじゃないのかな。それでもガンガン逃げていくんでしょうねきっと。だって今回も鞍上はノリさんですから。
前残り馬場であればほぼほぼ残るでしょうけど、昨年よりも斤量が3キロ上がっているのでガンガン行き過ぎると垂れるのも早くなってしまう危険性があります。
4月から休みなく走っているのでそろそろ疲れも溜まってきているんじゃないかって不安もありますね。
何にせよ買い時は昨年だったので今年はそこまで評価しない予定です。

アンドラステ
ついに鞍上ルメールを持ってきました。中山成績がないことは気になりますが、前成績が4−1−3ー1と非常に安定しており、馬券外も4着でしたからね。
馬券外の4着も前有利の中で上がり最速の4着なので強い競馬していたと思いますよ。
そしてやっぱりルメール騎乗は心強いです。岩田Jrから乗り替わりは鞍上強化以外の何者でもない。
不安要素としては今年の2月から長期休暇なしで走り続けている事ですかね〜。
大幅に馬体重減ったりしている様であれば心配になってきますけど、大丈夫だと思っています。

シゲルピンクダイヤ
桜花賞、秋華賞と馬券内きていますけど、成長力に少し欠ける印象ですね。そして休み明けですからねぇ。
ターコイズSで馬券になっているので中山マイルは合っているのかもしれませんが、あれは前決着だったから展開合っただけかもしれませんからね。
あまり信用はしていませんし、できれば軽視、消しに持っていきたい馬です。あまり人気しないかもしれませんが・・・

人気ブログランキング ←コチラをクリック
大穴としてはこの馬ですかね。
新潟マイルよりは中山マイルの方が圧倒的に合いますし、ここまで人気落ちする様であれば買っておいても良いと思います。

でけたぁ~の先生 有料競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です