妄想ペナント ep46

猪狩世代ドラフト特集

不作と言われた昨年とは打って変わり、豊作世代とやばれている今年のドラフト会議

夏の甲子園大会優勝投手である明青学園上杉達也こそ志望届を提出しなかったものの、世代No1左腕猪狩守がいる

他にもアンドロメダ高校の大西や大東亜学園の鋼といった甲子園で活躍した選手がたくさんおり、猪狩世代と呼ばれている

しかしながら山田世代とは違い即戦力クラスの選手は少ないため、猪狩世代のドラ1指名は猪狩守のみとなった

巨人以外なら拒否の姿勢を示していた猪狩守であったが、巨人を含む5球団から1位指名を受け抽選の結果希望する巨人入りが決定

この結果を受けて猪狩守は

希望する球団から指名を受けたことは素直に嬉しいです
ゆくゆくはメジャーで投げたいと言う気持ちもありますが、まずは指名してくれた球団で活躍しタイトルを総取り、優勝することが目標になります
背番号はエースの証である18をつけられればと思っています

とかなり強気のコメント

巨人は猪狩守を1位、外藤を6位指名

横浜は西村を1位、鋼を4位指名

広島は山道を5位指名

中日は朱雀を4位、大西を5位指名

西武は犬飼知三郎を3位指名

ロッテは早川を3位指名

日ハムは青葉を4位、矢部を5位指名

犬飼は猪狩世代ではないが、たくさんの猪狩世代が加入した来シーズン以降どのような活躍を見せてくれるのか

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です