2021 中山金杯 本予想

中山金杯の予想です。

新年初っ端の重賞レースになります。

昨年はまさかの年間収支マイナスで終わってしまったため今年こそJRAに貯金した分引き出させて頂きますよ!

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気    3-1-3-3
2番人気    3-1-0-6
3番人気    2-0-0-8
4番人気    1-2-1-6
5番人気    1-1-3-5
6~9番人気  0-4-1-35
10番人気以下 0-1-2-64

勝ち馬は上位人気馬から出ていますね。

性別

牝馬     0-0-0-8
牡セン馬  10-10-10-119

昨年は大活躍の牝馬勢でしたが、ここでは馬券に絡んでいませんね。
牝馬の出走はあまりありませんが、今回も軽視で大丈夫だと思います。

所属

美浦     5-7-3-81
栗東        5-3-7-46

年齢

4歳     3-2-2-16
5歳     3-4-3-20
6歳     3-4-3-32
7歳以上   1-0-2-59

7歳馬は馬券に絡んでいますが、8歳以上は馬券絡みなしなので軽視でいいでしょう。

1枠     1-1-3-13
2枠     2-4-0-12
3枠     3-0-2-14
4枠     2-1-1-16
5枠     0-1-1-18
6枠     2-2-3-12
7枠     0-0-0-20
8枠     0-1-0-22

中山の重賞ということで外枠は不利みたいですね。
ただ、昨年の有馬記念を考えると例年よりもマイナスではないのかも・・・

ハンデ

49     0-0-0-1
50     0-0-0-1
51     0-0-0-2
52     0-0-0-7
53     0-0-1-11
54     0-1-1-23
55     2-3-2-25
56     2-3-2-35
56.5      1-0-2-0
57     2-1-0-17
57.5         1-1-2-4
58以上   2-1-0-1

ハンデ重賞のわりに軽斤量馬は構想できていません。
斤量を背負っている実績馬の方が好走する傾向にありますね。

前走データ

天皇賞秋   0-0-1-5
菊花賞    0-0-0-6
アル共    1-0-0-1
中日新聞杯  1-0-1-12
チャレンジ  0-0-2-3
福島記念   1-1-1-15
オープン   1-3-1-38
3勝クラス  1-0-2-11

特注データ

8歳以上        
0−0−0−26
ハンデ53キロ以下
0−0−1−22

7枠・8枠
0−1−0−42
前走から斤量増で当日5番人気以内
9−3−5ー6
ハンデ56.5kg以上で当日2番人気以内
3−1−2ー2

有力馬

ディープボンド
菊花書を4着に好走したディープボンド。この馬はディープ産駒ではなくキズナ産駒です。
昨年はコントレイルのサポート的な役割が多かったこの馬ですが、今年から真価が問われる戦いになりそうですね。
この馬は今回が初めての古馬戦となります。バビットは有馬記念で惨敗していますので、人気になるようであれば疑いたいですね。
見る限り状態は良さそうですが、菊花賞組は疲れが溜まっているのかもしれません。
圧倒的な決め手がある馬ではないのですが、前で粘り込む競馬ができればチャンスはあるかもしれませんけどね。
一応6枠11番というなんとも微妙なところに入ったので買い目に入れます。
ただ、有馬記念を目標にしていた分出来落ちが心配です。

ヒシイグアス
条件戦を連勝しており、鞍上は有馬記念でサラキアを2着に持ってきた松山JKです。
3歳時に出走した重賞では力及ばずでしたが条件戦では連対率100パーセントを誇っています。
中山競馬場では2−2−0ー1と中山巧者ですし、前走から斤量もマイナス1キロになりますので、人気が出ても抑えとかないといけない1頭でしょう。
5枠9番とギリギリの位置に入れましたので、この馬に期待したいと思います。
怖いのはまたまた重賞の壁に阻まれることですかね。斤量54キロってのも過去10年を見るとマイナスデータではあります。

ヴァンケドミンゴ
福島の鬼ヴァンケドミンゴです。前走の福島記念で重賞制覇を成し遂げられなかったのは悔いでしかないでしょうね。
昨年春から力をつけてきていますが、鞍上が酒井学JKから藤岡康太JKに乗り替わりとなるのはいやですね〜。
酒井JKとは手が合っていたので非常に残念です。そして中山競馬場での成績も0−1−1ー5と良くありません。
福島が走るからといって中山もってわけではないみたいですね。
そして7枠14番に配置されました。過去のデータ上は絶望的枠ですね。

ダーリントンホール
共同通信杯までは調子が良かったのですが、皐月賞、ダービーと惨敗。そこから長期休養を経てこのレースで復帰となります。
G1ではミルコデムーロJKが騎乗していましたが、まだミルコが騎乗するみたいです。
昨年はミルコに良くやられましたからねぇ。逆の意味で・・・
そしてこの馬もそこまで強いイメージないんですよね。長期休養でどこまで成長したかを確認したいですが、8枠配置ということで軽視しときましょう。

バイオスパーク
6歳馬ですが、前走の福島記念で初の重賞制覇を成し遂げました。
池添JK継続騎乗ってのもプラスに働きそうです。ただ、中山は初めてになるんですよね〜。
でも今の時計のかかる馬場は合ってると思います。中山微妙なヴァンケドミンゴよりかはこちらの方に注目したい。
斤量は57キロとなりますが、中山金杯は斤量増の人気馬が好走する傾向にあります。
前走から斤量プラス2キロとなりますが、充実期を迎えた今であれば重賞連勝もできると思っています。
枠出るまでは本命候補でしたがまさかの大外配置。ひどすぎますよこれは。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
一番注目したい馬は、今年も内枠を引いたこの馬。
有力馬が軒並み外枠に配置されたためこの馬は重視しないといけないでしょう。

他に注目したい馬はウインイクシード
昨年も馬券に絡んでいますし、中山では2−4−1ー4と好成績です。
昨年の同じ臨戦過程を歩んでいることからもここメイチで考えて良いと思います。
鞍上も前走から変わっていることも良いと思いますよ笑 枠さえもっとよければ・・・
カデナも気になる存在なのですが、鞍上が非常にいやなので、軽視しようかと思います。
斤量データだけならプラスデータなんですけどね。
サメカツならなぁ・・・
後はシークレットランですね。京成杯では本命に推しましたが結局3歳重賞で好走することはできませんでした。
ただその後の条件戦では2−4−0ー1と好走を続けており今回久々の重賞挑戦となります。
2000m超のレースを走ってきており距離不安もありませんし中山も走り慣れています。
鞍上も関東リーディング横山武JKですから気合い入ってると思いますよ。この馬も枠が絶望ですけど・・・

元々の本命馬はバイオスパークでした。
まさか大外に配置されるとは・・・
私が有力視していた馬は軒並み外枠に配置されました。
もしかしたら大荒れする可能性もあります。
勝負レースの予定でしたが少額に変更です。

◎ ヒシイグアス
○ 上記注目馬
▲ バイオスパーク
△ ヴァンケドミンゴ、シークレットラン、ウインイクシード
☆ ディープボンド

元々は3連系で考えていたので△まで出しましたけど、馬連、ワイドのみにしようかなと思います。
馬連
◎⇨○▲☆
ワイド
○⇨◎▲☆

計6点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。