2021 函館2歳ステークス 本予想

函館2歳ステークスの予想です。

今年初の2歳重賞となります。
全く知らない馬ばかりです・・・

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気 3 1 0 6 40.0%
2番人気 3 1 2 4 60.0%
3番人気 1 1 2 6 40.0%
4番人気 2 1 2 5 50.0%
5番人気 0 2 0 8 20.0%
6〜9番人気 0 2 1 37 7.5%
10番人気以下 1 2 3 58 9.4%

所属

地方 0 0 0 20 0.0%
美浦 2 7 4 60 17.8%
栗東 8 3 6 44 27.9%

性別

牝馬 5 5 4 62 18.4%
牡・セン馬 5 5 6 62 20.5%

1枠 2 1 0 15 16.7%
2枠 0 0 3 16 15.8%
3枠 1 4 3 11 42.1%
4枠 0 1 2 17 15.0%
5枠 1 1 0 17 10.5%
6枠 4 1 1 14 30.0%
7枠 1 2 0 16 15.8%
8枠 1 0 1 18 10.0%

前走データ

未勝利 2 3 1 28 17.6%
新馬 8 7 8 75 23.5%

消去データ

地方馬 0 0 0 20 0.0%
ラブミードール
関東馬で関西所属騎手騎乗で当日6番人気以下 0 0 0 15 0.0%
トーセンヴァンノ、リトス
連闘馬 1 0 0 10 9.1%
イチローイチロー
前走2着以下 0 0 0 5 0.0%
グランデ、ラブミードール、トーセンヴァンノ

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は6頭
(フェズカズマ、ポメランチェ、カワキタレブリー、カイカノキセキ、メリトクラシー、ナムラリコリス)

見解

2歳馬初の重賞になります。
ぶっちゃけ全く見たことない馬ばかりだったのでとりあえずレースを一通りみた印象では、トーセンサンダー、ポメランチェ辺りが強そうだなぁって。トーセンサンダーは回避になりました。
持ちタイムで見るならポメランチェとナムラリコリスの2頭が少し抜けていますが、この日は超高速馬場だったこともありそこまで信頼してもいいものなのか。
特にポメランチェなんかは牝馬で1番人気となります。昨年を思い出してしまいますね笑
どの馬も逃げ先行脚質で前のレースを走っていますし、どの馬が前に行くのかも全く分かりません。
正直お手上げ状態です。
元々は函館の丹内という言葉がある通り、トーセンサンダーを本命にする予定だったのですが、まさかの回避によりまた選び直しになりました。
それならもう一層人気薄から買おうかなって。
上位人気の馬もどれを見てもピンとくる馬いませんでしたし・・・

人気ブログランキング ←コチラをクリック
前走函館の馬を本命にすることにしました。
2頭いるんですが、より人気のなさそうな方という事でこちらにしました。

そんなこんなで印はこんな感じですね。

◎ 上記注目馬
○ ナムラリコリス
▲  カイカノキセキ
△  ポメランチェ、フェズカズマ、メリトクラシー

馬連
◎ー○▲△
ワイド
◎ー○▲△

計10点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。