2021 小倉記念 本予想

小倉記念の予想です。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気 2 1 1 6 40.0%
2番人気 0 3 1 6 40.0%
3番人気 3 0 1 6 40.0%
4番人気 2 1 0 7 30.0%
5番人気 0 1 2 7 30.0%
6〜9番人気 1 3 4 32 20.0%
10番人気以下 2 1 1 46 8.0%

所属

美浦 0 1 2 8 27.3%
栗東 10 9 8 102 20.9%

性別

牝馬 1 1 1 11 21.4%
牡・セン馬 9 9 9 99 21.4%

年齢

3歳 0 2 0 0 100.0%
4歳 4 3 0 19 26.9%
5歳 5 5 4 28 33.3%
6歳 0 0 5 29 14.7%
7歳以上 1 0 1 34 5.6%

ハンデ

49キロ以下 0 0 0 2 0%
50キロ 0 0 0 0 0%
51キロ 0 0 0 6 0%
52キロ 1 0 0 8 11%
53キロ 2 1 1 18 18%
54キロ 1 2 2 15 25%
55キロ 2 2 2 22 21%
55.5キロ 0 0 0 0 0%
56キロ 1 3 1 17 23%
56.5キロ 0 0 0 0 0%
57キロ 2 2 1 17 23%
57.5キロ 1 0 1 3 40%
58キロ以上 0 0 2 2 50%

1枠 0 0 1 11 8.3%
2枠 1 0 2 10 23.1%
3枠 3 1 2 9 40.0%
4枠 0 2 1 14 17.6%
5枠 0 3 1 16 20.0%
6枠 2 2 1 15 25.0%
7枠 1 1 0 19 9.5%
8枠 3 1 2 16 27.3%

前走データ

七夕賞 3 1 4 40 16.7%
エプソムC 0 1 1 2 50.0%
オープン特別 0 1 1 22 8.3%
3勝クラス 3 1 1 16 23.8%

消去データ

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は6頭
(アールスター、ファルコニア、ショウナンバルディ、ヒュミドール、ヴェロックス、モズナガレボシ)

見解

1番人気はファルコニアでしょう。この馬はローカル重賞であれば大崩れすることはなく、今回も馬券内にはしっかり入ってくると思っています。
メンバーレベル見ても能力は抜けていますからね。同じく前走エプソムC組からはヴェロックスとヒュミドールが出走してきますけど、ヴェロックスがどうなんですかねぇ。かつての栄光はもうありませんし、人気が先行するので非常に買いにくい。ヒュミドールも重賞級には思えないですし、エプソムC組はファルコニアのみ軸候補って感じです。
昨年の小倉記念を勝ったアールスターはもちろん買い目に入れます。内枠にも入れましたし出走頭数も少ないので前付けできそう。ショウナンバルディは中京2000mに強いのでその時だけで良いと思っていましが、前走の七夕賞で3着に入っており、雨にも強いタイプの馬です。ここではしっかりと抑えないといけないと思います。
最後は前走条件戦のモズナガレボシですが、少し力は落ちますね。芝の中長距離の方が得意なので距離も少し足りないのかなって。
色々考えましたけど、やはり安定性から考えると本命はファルコニアしかないのかなという結論でした。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
この馬は絶対買おうと思っていました。
消去データに該当してしまいましたが、小倉は2−2−0ー1と得意にしていますし、個人的に好きな馬なんですよね。
札幌2歳S以来の重賞で馬券になるのは今回だと思っています。

そんなこんなで印はこんな感じですね。

◎ ファルコニア
○ 上記注目馬
▲  ショウナンバルディ
△  ヴェロックス、アールスター、ヒュミドール、モズナガレボシ

馬連
◎ー○▲△

計6点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。