2021 札幌2歳ステークス 本予想(的中)

札幌2歳ステークスの予想です。

昨年はソダシが勝った舞台です。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気 2 2 2 4 60.0%
2番人気 3 1 1 5 50.0%
3番人気 1 1 0 8 20.0%
4番人気 0 3 0 7 30.0%
5番人気 3 1 1 5 50.0%
6〜9番人気 1 0 6 34 17.1%
10番人気以下 0 2 0 44 4.3%

所属

地方 1 1 1 4 42.9%
美浦 5 5 4 49 22.2%
栗東 4 4 5 53 19.7%

性別

牝馬 3 3 2 49 14.0%
牡・セン馬 7 7 8 79 21.8%

1枠 0 0 2 8 20.0%
2枠 1 0 0 8 11.1%
3枠 2 0 1 14 17.6%
4枠 1 0 2 14 17.6%
5枠 1 2 2 13 27.8%
6枠 0 1 0 17 5.6%
7枠 3 2 0 13 27.8%
8枠 1 4 2 11 38.9%

前走データ

コスモス賞 0 4 1 14 26.3%
未勝利 3 1 0 22 15.4%
新馬 6 4 7 56 23.3%

前走着順

1着 9 9 9 79 25.5%
2着 1 0 0 10 9.1%
3着 0 1 0 4 20.0%
4着 0 0 1 4 20.0%
5着 0 0 0 3 0.0%
6〜9着 0 0 0 3 0.0%
10着以下 0 0 0 3 0%

消去データ

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は7頭
(アスクワイルドモア、オンリーオピニオン、ジオグリフ、ダークエクリプス

トーセンヴァンノ、トップキャスト、リューベック)

見解

先週の2歳重賞では人気通りの決着に納まりましたが今週はどうでしょう?
パッと見ではジオグリフVSリューベックって感じですが、私はトップキャストが気になっています。
ほとんどが前走新馬未勝利馬ですが、2頭だけ前走OP特別がいます。前走コスモス賞はデータ上だと来ても2着まで。そして前走着順は基本1着じゃないと厳しいため買うのはトーセンヴァンノのみでいいでしょう。今回も堅い決着になるような気がしますけどね笑
気になる2強ですが、どっちを上に取るかとなると前走を見た感じではジオグリフですかね。リューベックは前走逃げて上がり最速を使っていますが、新馬戦逃げて上がり最速使って勝った馬ってあまり信頼できないんですよね。逃げれなかった時に脆いですし。それなら前走しっかりと内で我慢させ道中3番手から最後は外に出して差し切ったジオグリフの方が強さも感じます。
リューベックと同じように逃げて上がり最速を使ったトップキャストですが、持ちタイム的には全体で2番目となります。リューベックがスローペースでしたがトップキャストの時はミドルペース。単純に比べられはしませんがトップキャストの方を上位に取りたいかなと。
先週同様小数で小数で獲りに行きたいと思います。

人気ブログランキング ←コチラをクリック

そんなこんなで印はこんな感じですね。

◎ ジオグリフ
○ トップキャスト
▲  リューベック
△  トーセンヴァンノ

馬連
◎ー○▲
ワイド
◎ー○△

計3点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。