JBC競走 本予想(的中)

JBC4競走の本予想になります。

 

今年は金沢での開催。2歳優駿だけは門別ですけど。

簡単なデータから見ていきましょう。

JBC2歳優駿

人気 複勝率
1番人気 4 1 1 4 60.0%
2番人気 0 0 2 8 20.0%
3番人気 1 2 0 7 30.0%
4番人気 0 2 1 7 30.0%
5番人気 1 0 3 6 40.0%
6番人気以下 4 5 3 59 16.9%

1番人気はそれなりに好走していますが、6番人気以下からも12/30頭が馬券になっています。

性別 複勝率
牝馬 1 1 2 7 36.4%
牡セン馬 9 9 8 84 23.6%

ほぼほぼ牡馬ですけど、牝馬の複勝率はいいです。

所属 複勝率
美浦 3 2 3 12 40.0%
栗東 3 3 1 13 35.0%
北海道 4 5 6 64 19.0%

北海道所属馬が意地を見せています。下手に中央馬から行くなら北海道馬からでいいと思います。

見解

JBC競走の中では唯一門別競馬場で行われるレースです。そして一番難解なのがこのレースだと思いますね笑
長距離輸送があるよく分からない中央馬に重い印は打ちたくありませんから北海道所属馬を軸に考えたいと思います。
多くの馬が出走してくる前走サンライズカップのレース映像を見てみましたが1、2着のナッジ、シャルフジンが良いですね〜。
それなりに人気すると思いますが、上位人気は中央馬でしょうからオッズ妙味はありそうです。
他には過去にナッジをチギッて勝った経験があるスピーディキックや前走金沢で勝っているエンリルなんかも良いんじゃないかなと思います。
中央馬ならキタサンブラック産駒のオディロンが一番期待できるのかなと。池添JKが門別まで来ているってのが何よりです。
新馬戦は芝での出走だったため惨敗してしまいましたが、次走の未勝利では1番人気を破って勝っているのでまだ底を見せていません。
三連系でいくならもう少し手を広げたいですが馬連で勝負予定なのでこれ以上買い目を広げたくないってのが心情です。

◎ シャルフジン
○ ナッジ
▲  スピーディキック
△  エンリル、オディロン

馬連
◎○ー○▲△

JBCレディスクラシック

人気 複勝率
1番人気 3 3 3 1 90.0%
2番人気 3 2 0 5 50.0%
3番人気 1 2 2 5 50.0%
4番人気 1 2 0 6 33.3%
5番人気 1 1 1 7 30.0%
6番人気以下 1 0 4 84 5.6%

1番人気はかなり安定してますし、上位人気で決まる事が多いです。

年齢 複勝率
3歳 1 0 1 16 11.1%
4歳 3 7 2 34 26.1%
5歳 5 1 5 26 29.7%
6歳 1 2 2 22 18.5%
7歳以上 0 0 0 10 0.0%

4、5歳馬が馬券の中心。今年も強い地方なら強い牝馬が出走してますね。

所属 複勝率
美浦 2 3 1 13 31.6%
栗東 7 6 6 26 42.2%
大井 1 0 1 18 10.0%
川崎 0 0 0 10 0.0%
浦和 0 0 1 5 16.7%
0 0 1 28 3.4%

中央所属馬が中心です。地方馬ではサルサディオーネがどこまでやれるか・・・

見解

1500mで行われるってことが重要だと思います。
1番人気がほぼほぼ馬券内に入っているレースなのでレーヌブランシュは外せませんかね?
1500mだと少し短い気がするんですけどね。
レーヌブランシュと人気を2分しそうなサルサディオーネですが、元々中央馬です。
川崎、船橋で強い競馬をしておりまだまだ走れることを証明していますが、今回は金沢ですからね。
直線が短いため前に行けるこの馬は良いんじゃないかと思いますが、金沢ですからね。右回りですよ。
レーヌブランシュとは逆に1500mへの距離短縮がプラスになりそうなのはリネンファッション。
スパーキングレディでサルサディオーネに大敗しましたが、右回りになるならサルサ逆転は全然あると思います。
穴っぽいところだと浦和で安定した成績を残しているダノンレジーナでしょうか。
前走はスタート少しで遅れていい位置つけられませんでしたからね。とはいえ少し負け過ぎですけど・・・

◎ リネンファッション
○ テオレーマ
▲  マドラスチェック
△  レーヌブランシュ、ダノンレジーナ

馬連
◎ー○▲△

三連複
◎ー○▲ー▲△

JBCスプリント

人気 複勝率
1番人気 2 5 0 3 70.0%
2番人気 3 2 1 4 60.0%
3番人気 2 0 3 5 50.0%
4番人気 1 0 3 6 40.0%
5番人気 0 1 2 7 30.0%
6番人気以下 2 2 1 86 5.5%

こちらも上位人気馬が安定しています。

年齢 複勝率
3歳 0 0 0 2 0.0%
4歳 1 2 1 11 26.7%
5歳 2 2 3 20 25.9%
6歳 3 5 2 25 28.6%
7歳以上 4 1 4 53 14.5%

高齢馬が頑張っています。今年も穴っぽいところがたくさんいますね。

性別 複勝率
牝馬 1 0 1 12 14.3%
牡セン馬 9 10 9 99 22.0%

牝馬では昨年4着のモズスーパーフレアが今年も出走します。

所属 複勝率
美浦 1 0 1 8 20.0%
栗東 7 9 5 32 39.6%
大井 1 0 1 17 10.5%
川崎 0 0 0 7 0.0%
浦和 1 1 2 12 25.0%
船橋 0 0 1 5 16.7%
0 0 0 30 0.0%

中央馬が中心ですが、今年の大井所属馬に期待したくなっちゃいますね。連覇を目指すサブノジュニアもいますし。

見解

2歳優駿の次に荒れそうなのがここだと思っています。
中央馬もいいメンバーが出てきていますが、地方からも全日本2歳優駿、東京ダービーを制したアランバローズや昨年の勝ち馬サブノジュニア、交流重賞でも馬券になっているモジアナフレイバーとかなりメンバーが揃いました。
とはいえ、前走東京盃の1、2、3着馬で決まるような気もするんですよね〜。
そこに入って来れるとしたら、モズとノヴァで結局去年のような荒れ方はしないのかな〜って思います。
サブノジュニアも出走しますけど、去年ほどの勢いもないし、1400mだと少し長いのかなって感じです。
荒れそうだと思ったのですが考えるほど固く収まるような気がしてきました。

◎ レッドルゼル
○ リュウノユキナ
▲  サクセスエナジー
△  サンライズノヴァ、モズスーパーフレア

三連複
◎○ー○▲ー▲△

JBCクラシック

人気 複勝率
1番人気 4 1 3 2 80.0%
2番人気 1 5 1 3 70.0%
3番人気 3 3 2 2 80.0%
4番人気 1 1 0 8 20.0%
5番人気 1 0 2 7 30.0%
6番人気以下 0 0 2 86 2.3%

上位人気でほぼほぼ決まります。今年もそうなると思います。

年齢 複勝率
3歳 0 1 0 7 12.5%
4歳 4 3 1 16 33.3%
5歳 2 3 2 17 29.2%
6歳 3 0 5 20 28.6%
7歳以上 1 3 2 48 11.1%

4〜6歳馬が強いです。オメガ、チュウワ、カジノ、ケインズと有力どころが来るんでしょうかね?

性別 複勝率
牝馬 0 0 0 6 0.0%
牡セン馬 10 10 10 102 22.7%

今年は牝馬の出走はありません。

所属 複勝率
美浦 1 2 2 8 38.5%
栗東 9 8 7 27 47.1%
大井 0 0 0 18 0.0%
川崎 0 0 0 6 0.0%
浦和 0 0 1 8 11.1%
船橋 0 0 0 5 0.0%
0 0 0 36 0.0%

地方所属馬は過去10年で1頭しか馬券になっていません。ただ今年は交流G1で2勝のカジノフォンテンがいますからね。

見解

チュウワウィザード、オメガパフュームがいますが、1番人気は帝王賞勝ち馬のテーオーケインズになるんでしょうか?
上位人気馬が強いレースなので天皇賞秋のように3強で決まる可能性も高いのかな?
オメガもチュウワも帝王賞で掲示板外に飛びましたけど、チュウワはドバイ帰りでしたからね。オメガも得意の右回りですし、右回りで連続の惨敗までは考えづらい。
とはいえすでに6歳の2頭なので劣化してきている可能性も考慮に入れないといけないのかなと思います。
基本的には前有利のコースなので、地方の星カジノフォンテンは得意なコースに感じます。ダノンファラオは少し足りないと思いますが、簡単に軽視はできない存在。
ミューチャリーは前走で金沢を経験していますし、鞍上も吉原JKなら全然買える。頭までは厳しいと思いますけど。
見てたら簡単に決まらないんじゃないかって気持ちになってきますね笑

◎ テーオーケインズ
○ カジノフォンテン
▲  ミューチャリー
△  ダノンファラオ、オメガパフューム、チュウワウィザード

馬連
◎ー○▲△

三連複
◎○ー○▲ー▲△

わんちゃん地方馬全勝してもおかしくないとは思います笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。