2021 チャンピオンズカップ 週初め予想

チャンピオンズカップの予想です。

先週はコントレイルが見事に引退レースで勝ってくれました。

シャフリヤール本命でしたが、素直に感動しましたね。コントレイルはまさしくディープインパクト産駒の最高傑作です。種牡馬になってどの様な成績を残すのかも楽しみです。

それにしても最近は引退レースで引退馬がしっかりと勝ちますね。こりゃ有馬記念はクロノジェネシスが勝っちゃうんでしょうか?本命はエフフォーリア予定なんですけどね・・・

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気 2 3 1 4 60.0%
2番人気 2 0 1 7 30.0%
3番人気 1 3 3 3 70.0%
4番人気 1 0 0 9 10.0%
5番人気 0 1 1 8 20.0%
6〜9番人気 3 3 2 32 20.0%
10番人気以下 1 0 2 64 4.5%

所属

美浦 2 1 1 21 16.0%
栗東 8 9 9 102 20.3%

性別

牝馬 1 0 0 7 12.5%
牡・セン馬 9 10 10 120 19.5%

年齢

3歳 2 1 1 13 23.5%
4歳 1 0 2 32 8.6%
5歳 5 3 3 31 26.2%
6歳 2 4 3 27 25.0%
7歳以上 0 2 1 24 11.1%

1枠 0 2 2 14 22.2%
2枠 2 2 1 15 25.0%
3枠 1 0 3 16 20.0%
4枠 1 1 0 18 10.0%
5枠 2 1 2 15 25.0%
6枠 2 2 1 15 25.0%
7枠 1 2 1 16 20.0%
8枠 1 0 0 18 5.3%

前走人気

1番人気 3 1 5 30 23.1%
2番人気 3 5 1 15 37.5%
3番人気 2 2 1 17 22.7%
4番人気 1 1 1 12 20.0%
5番人気 1 1 2 9 30.8%
6〜9番人気 0 0 0 28 0.0%
10番人気以下 0 0 0 11 0.0%

前走データ

JBCクラシック 4 3 3 29 25.6%
JBCLクラシック 1 0 0 6 14.3%
JBCスプリント 0 0 1 3 25.0%
南部杯 2 2 1 5 50.0%
みやこS 1 3 4 34 19.0%
武蔵野S 1 2 0 26 10.3%
シリウスS 0 0 0 5 0.0%
オープン特別 0 0 0 6 0.0%
3勝クラス 0 0 0 1 0.0%

消去データ

7歳以上 0 2 1 24 11.1%
アナザートゥルース、インティ、エアスピネル、クリンチャー、ケイティブレイブ
前走10着以下 0 0 2 16 11.1%
オーヴェルニュ、ケンシンコウ、ソダシ
前走6番人気以下 0 0 0 39 0.0%
アナザートゥルース、ケイティブレイブ
前走1600m以外で4コーナー7番手以下 0 0 0 23 0.0%
オーヴェルニュ、カフェファラオ、スワーヴアラミス、タガノビューティー、メイショウハリオ

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は5頭
(カジノフォンテン、サンライズホープ、ダノンファラオ、チュウワウィザード、テーオーケインズ)

見解

出走予定馬見てまず思ったのがカジノフォンテンの鞍上がミルコ!?ってとこでした笑 ここ2走は馬券外に飛んでいますが交流G1を2勝している馬ですからね。舞台が中央に変わるので馬場が合わない可能性が大いにあるかもしれませんが。なので重い印は打たないでしょう。やはり地方でこその馬だと思います。

クリソベリルの引退もありダート戦線は相変わらず高齢馬が多いですね。1番人気想定のチュウワウィザードですがドバイWC2着、JBCクラシック3着とその後もしっかりと走っています。特に前走なんかは飛ぶと思ってましたから。JBCクラシックからの参戦ってのもここ2年同様のローテになりますし、リピーターが強いレースでもあります。2年連続好走の可能性は高そうです。

同じくJBCクラシック組からはテーオーケインズとダノンファラオもデータを突破しました。どちらを上位に取るかというと間違いなくテーオーケインズですね。前走は1番人気で4着と馬券外に飛びましたが、今回は1800mへ距離短縮となり完全プラス材料です。1800mでは5−2−0−1と相性抜群ですよ。チュウワウィザード逆転まであるんじゃないですかね。ダノンファラオは走り時がいまだに分からない。でもG1では足りない存在だと思います。前に行く馬なので残る可能性もあるので紐で買い目には入れると思いますが、勝ち負けまでできるレベルではないのかなって思いますね。

最後にサンライズホープですが、前走は条件完璧でしたね。ダートの幸JKは一定度の信頼は出来ますので、スピードを求められないような馬場であれば理想かな。好走するためには良馬場が絶対条件だと思います。

ここからはデータを突破できなかった人気馬です。

そして白馬の桜花賞馬ソダシがついにダート初挑戦となります。血統的にはダートでも十分に走れるでしょうし、父クロフネ同様芝ダートG1制覇も夢ではないと思います。夢ではないと思ってますが、まだ早いんじゃないでしょうか?3歳牝馬なので斤量の恩恵は得られますが、今年の3歳牝馬はあんまり強くないイメージがあるんですよね。札幌記念では勝っているものの坂のある中京1800mで同じ様なパフォーマンスは出せないんじゃないかなと。そしてあまりにも過剰人気することは明白ですからね。

春秋ダート制覇を目指すカフェファラオも忘れてはいけない存在です。前走は芝で走りましたがそこから休養に入り休み明けとなります。成績が5−0−0~4ということで走る時は走らない時が明白です。今回もルメールJK騎乗なので必ず抑えないといけない1頭でしょうね。今秋G1は1勝とはいえレイパパレ以外全て馬券内に持ってきているルメールですから。データ上は消しですがルメール騎乗って点だけで抑える予定です。

現状の本命はチュウワウィザードですね。馬券外に飛ぶ可能性が一番低い馬だと思います。

人気ブログランキング ←コチラをクリック

データ突破できなかった馬で2頭面白い馬がいるので書いておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。