2022 天皇賞春 本予想(的中)

天皇賞春の予想です。



投資競馬プロフェッショナル式~これであなたも、プロと同じ馬券で勝てる!~

Difference in odds(ディファレンス イン オッズ)

仕込夢拿/般若丸流競馬投資術



それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

過去データ

人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 2 0 5 30.0% 50.0% 50.0%
2番人気 4 0 2 4 40.0% 40.0% 60.0%
3番人気 1 3 1 5 10.0% 40.0% 50.0%
4番人気 1 1 3 5 10.0% 20.0% 50.0%
5番人気 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
6〜9番人気 0 2 2 36 0.0% 5.0% 10.0%
10番人気以下 1 2 2 72 1.3% 3.9% 6.5%

 

所属 勝率 連対率 複勝率
美浦 4 2 3 31 10.0% 15.0% 22.5%
栗東 6 8 6 105 4.8% 11.2% 16.0%
海外 0 0 1 1 0.0% 0.0% 50.0%

 

性別 勝率 連対率 複勝率
牝馬 0 0 1 8 0.0% 0.0% 11.1%
牡・セン馬 10 10 9 129 6.3% 12.7% 18.4%

 

年齢 勝率 連対率 複勝率
4歳 3 2 4 33 7.1% 11.9% 21.4%
5歳 6 3 1 40 12.0% 18.0% 20.0%
6歳 1 4 2 28 2.9% 14.3% 20.0%
7歳以上 0 1 3 36 0.0% 2.5% 10.0%

 

勝率 連対率 複勝率
1枠 4 1 1 12 22.2% 27.8% 33.3%
2枠 1 1 1 15 5.6% 11.1% 16.7%
3枠 1 1 1 16 5.3% 10.5% 15.8%
4枠 1 1 3 15 5.0% 10.0% 25.0%
5枠 0 1 0 19 0.0% 5.0% 5.0%
6枠 1 3 2 14 5.0% 20.0% 30.0%
7枠 1 1 1 21 4.2% 8.3% 12.5%
8枠 1 1 1 25 3.6% 7.1% 10.7%

ほぼ京都での数字ですけど・・・

前走着順 勝率 連対率 複勝率
1着 4 5 3 25 10.8% 24.3% 32.4%
2着 2 1 4 21 7.1% 10.7% 25.0%
3着 1 2 1 17 4.8% 14.3% 19.0%
4着 1 0 2 11 7.1% 7.1% 21.4%
5着 1 0 0 14 6.7% 6.7% 6.7%
6〜9着 0 1 0 35 0.0% 2.8% 2.8%
10着以下 1 1 0 13 6.7% 13.3% 13.3%

 

前走レース 勝率 連対率 複勝率
阪神大賞典 3 3 4 48 5.2% 10.3% 17.2%
日経賞 3 2 4 42 5.9% 9.8% 17.6%
京都記念 0 1 1 4 0.0% 16.7% 33.3%
AJCC 1 0 0 0 100.0% 100.0% 100.0%
ダイヤモンドS 0 1 0 14 0.0% 6.7% 6.7%
オープン特別 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
3勝クラス 0 0 0 4 0.0% 0.0% 0.0%

有力馬

ディープボンド
昨年2着のスタミナモンスターですね。
前哨戦の阪神大賞典でもしっかりと勝っておりスタミナモンスターぶりを如何なく発揮しております。
斤量58キロもしっかりと経験しておりますし、昨年とほぼ同様のローテです。
ここは確勝クラスの馬だと思っています。
昨年馬券を外したのは距離が足りない金杯と凱旋門賞ですから、2500m以上のレースであれば今一番強いんじゃないですかね?
悲願のG1制覇は目前です。

タイトルホルダー
昨年の菊花賞馬です。
逃げての勝利はセイウンスカイぶりという快挙。
逃げれた時は滅法強く逆に逃げれなければ脆いタイプ。
今年から鞍上を横山和生JKへ固定してG1戦線を駆け抜けていくと決めたみたいです。
メンバーを見る限り絶対に逃げたいという馬はいませんが、潰すために絡まれたら少し危険かもしれませんね。
とはいえ菊花賞馬ですし、右回りも合うタイプなので敵はディープボンドだけのように感じますけど・・・

マカオンドール
前走はまさかの脚を余して負けるというやってはいけない騎乗となってしまいました。
でも今回は乗りなれた松山JKに変わりますし、そんなことはないかな?
万葉Sで長距離をこなせることは証明していますが、あの時は斤量が軽かったからなあ。
前走も斤量55キロで走って4着ですし、58キロを背負う今回はそこまで過信できないかなぁって思います。
57キロすら背負ったことありませんしね・・・

アイアンバローズ
長距離に強いオルフェーブル産駒です。
ステイヤーズS、阪神大賞典と連続で2着に好走しておりもしかしたらスタミナモンスターかもしれません。
ここ2走は前で競馬をしており、タイトルホルダーの番手で競馬を進める可能性が高いですね。
肝となるのは斤量58キロを経験していない点と前走から2キロ斤量が増えることでしょうか。
前走は自身より斤量の重いディープボンドに負けていますし、正直逆転までは考えられませんね。

テーオーロイヤル
近走は前で競馬をするようになり、強くなりましたね。
4連勝で重賞を制覇し、G1挑戦となります。
ダイヤモンドSの勝ち馬ですが、メンバーレベルがねぇ・・・
ほぼオープン特別のようなメンバーでしたし、前走ダイヤモンドS組の成績も良くないです。
普通に考えれば厳しいですよね。マカオンドール同様斤量も56キロまでしか背負ったことありませんし。
普通に消えてもおかしくはないでしょう。

消去データ

消去データ 勝率 連対率 複勝率
阪神大賞典5着以下 1 1 0 21 4.3% 8.7% 8.7%
トーセンカンビーナ、ユーキャンスマイル
日経賞3着以下 1 0 0 26 3.7% 3.7% 3.7%
クレッシェンドラヴ、ディバインフォース、ハヤヤッコ、ヒートオンビート
前走5着以下の7歳以上 0 1 0 23 0.0% 4.2% 4.2%
マイネルファンロン、ユーキャンスマイル
前走G3以下で斤量57.5キロ以下 0 0 0 28 0.0% 0.0% 0.0%
テーオーロイヤル、メロディレーン、ヴァルコス、ハーツイストワール、ロバートソンキー
前走馬券外の4歳馬 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
マカオンドール
前走OP特別以下 0 0 0 14 0.0% 0.0% 0.0%
ハーツイストワール、ロバートソンキー

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は5頭
(アイアンバローズ、シルヴァーソニック、タイトルホルダー、タガノディアマンテ、ディープボンド)

見解

人気馬2頭で堅いだろうと思っていましたが、まさかの2頭共が外枠に配置されるという事態に。
昨年も内有利だったことを考慮するとどちらかが飛ぶかもしれません。
ってなるとどっちが飛ぶかを考えるとタイトルホルダーじゃないでしょうか?
菊花賞馬とはいえあの時はすんなり逃げれての勝利です。3200mの経験もありませんしちょっと危険かなと。
まぁ、3番手評価ですけどね笑

そして本命はディープボンドです。3着圏内は堅いと思ってます。
生粋のスタミナモンスターですし、昨年も内有利な馬場の中6枠で唯一馬券にきた馬ですし、今回も大丈夫でしょう。

対抗には1枠1番に配置されたアイアンバローズ。前走阪神大賞典2着馬ですし、この馬もスタミナモンスターかもしれません。
マカオンドールなんかも前走は脚を余して負けたため考えたんですが、アイアンバローズです。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
マイネルファンロンやディバインフォースなんかも面白いとは思いますが、それ以上にこの馬も面白そう。
実際3200mがどうなの?って面はありますが、こなせれば馬の力はあると思ってるんですよ。

◎ ディープボンド
○ アイアンバローズ
▲  タイトルホルダー
  シルヴァーソニック
☆ 上記注目馬
✖︎  3、5、7、11、15

買い目

三連複
◎ー○▲☆ー▲△☆×

計21点で勝負!

狂瀾怒濤の馬券戦略【第二章】 中央競馬版

三連単、1000万貯蓄馬券術

200万馬券師の競馬裏データ「裏データ記事単発売り」





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。