2019 アーリントンカップ 本予想

NHKマイルカップの前哨戦

アーリントンカップの予想です。

3着までに入った馬にはNHKマイルカップの優先出走権が与えられるので、賞金的にもここを勝ちに来る馬を見つけ出していきたいですね。

人気別成績
1番人気   4-1-0-5
2番人気   1-1-0-8
3番人気   0-3-2-5
4番人気   2-0-2-6
5番人気   1-1-1-7
6~9番人気 2-2-5-31
10番人気以下0-2-0-34

6番人気以下の成績が2-4-5-65となっているため、穴馬の選出が難しいですね。

枠順
1枠     1-1-0-9
2枠     0-2-3-7
3枠     0-2-2-8
4枠     2-1-0-13
5枠     1-0-0-16
6枠     3-2-0-13
7枠     0-1-3-16
8枠     3-1-2-14

どこの枠からも馬券絡みが出ているため枠による極端な有利不利はなさそうですね。

前走データ
重賞     6-4-5-29
OP特別   2-2-1-15
500万下  2-4-2-36
未勝利    0-0-1-7
新馬     0-0-1-4

前走新馬未勝利馬からは連対は出ていないため消しでいこうと思います。
500万下の成績が良いですが4着以下は0-0-1-12と苦戦傾向。

有力馬

 

フォッサマグマ
前々走の共同通信杯では2番人気に推されましたが、結果は離されての4着。
1400m、1600mでは安定した走りを見ていますし、上がりの3位以内の末脚を使えています。
距離は1600mが限界でしょうね。
前目につける競馬も出来ますしここで賞金加算をしたい馬でもあるので1番人気ですが軽視は出来ませんね。

ヴァンドギャルド
近走は少し物足りない競馬となっております。
新馬戦以来のマイル戦となりますが、新馬戦で圧倒したマイルならまだ可能性がありそう。
ただ、使い詰めのローテですし絶不調のデムデムだからなぁ。

ヴァルディゼール
前走は、内を上手く突きとても良い走りをしたと思っております。
並ばれそうになってからも根性を見せ譲らない点も非常に好感が持てます。
キャリア2戦目で重賞制覇をしたのは伊達ではないですね。

ミッキーブリランテ
重賞でも穴を空けるようになってきた坂井JK騎乗は有利に働きそうです。
4戦中3戦で上がり最速を叩き出しており、阪神では2戦2勝と舞台もバッチリです。
ヴァルディゼール逆転まで考えてます。

カテドラル
ヴェロックスに勝った時が全盛期でしたね。
重賞では掲示板内にも入れず2桁着順となっています。
距離短縮と鞍上変更でどちらに転ぶかというところですが、難しいと思います。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
軸はこの馬でいこうと思います。
2頭出しで実弾はコチラでしょうし、このJKは期待しています。

その他の印についてはコチラからご参照ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です