. . .

2019 安田記念 予想

アーモンドアイとダノンプレミアムの対決がついに見れます!
安田記念の予想です。

過去最大級の自信があったダービーですが、蓋を開けてみればサートゥルナーリアが飛び盛大に外しました。
ゲート前でテンションが上ってしまい、結局出遅れが響いた形になってしまいました。兄弟の血がココで騒いでしまいましたね。
馬券内を外すことはありえないと思っていたので、ショックが隠しきれません・・・笑
勝ち馬であるロジャーバローズは、1枠1番という絶好枠に入ったこともそうですが、リオンリオンがハイペースで飛ばし、離れた2番手につけることが出来たのが最大の勝因でしょう。離れた2番手に付けた馬の好走率は非常に高いです。
最も運の良い馬が勝つというダービーにピッタリな勝ち馬だったと思います。
負けたからと言ってサートゥルナーリアの評価は全く落としませんがね。

それでは安田記念の過去データから見ていきたいと思います。

 

人気別成績
1番人気   4-1-1-4
2番人気   1-1-0-8
3番人気   0-2-2-6
4番人気   0-0-0-10
5番人気   0-2-1-7
6~9番人気 5-2-1-32
10番人気以下0-2-5-73

人気別成績を見て分かるように6番人気以下の好走率が非常に高いレースとなります。
過去10年の成績を見ても毎年人気薄の馬が絡んできていおります。
今年はアーモンドアイとダノンプレミアムが圧倒的に人気となるでしょうが、どちらか飛ぶのでしょうか?
今のところは飛ぶとは思いませんがね。

年齢
3歳     1-0-0-2
4歳     2-3-2-26
5歳     3-3-3-43
6歳     4-2-4-40
7歳以上   0-2-1-29

今年は3歳馬の出走はないため、4歳馬の好走率が一番良いですね。
7歳以上からも連対馬が出ていますが、その3頭はロゴタイプ、フィエロ、スーパーホーネットとなっており、全ての馬がマイルG1での連対実績がありました。
血統面で見るとグァンチャーレは狙い所なのですが、実績面で見るとちょっとね。。。


1枠     0-2-2-15
2枠     2-2-2-13
3枠     1-1-1-16
4枠     0-0-1-16
5枠     4-1-0-15
6枠     0-2-2-16
7枠     2-1-1-22
8枠     1-1-1-25

5枠から勝ち馬4頭出ており、昨年のモズアスコットやロゴタイプといった人気薄も勝っております。
ダービーで苦湯を飲まされたので、ココに入る馬には注意していきたいと思います。

前走データ
海外     1-1-0-20
ヴィクトリア 1-1-0-11
京王杯    2-3-2-30
ダービー卿  2-0-0-5
大阪杯    0-0-1-4
マイラーズC 0-1-6-35

前走マイラーズC組は3着が多いが勝ち馬は出ておりません。
前走海外組も連対馬こそ出ているものの成績はあまり良くありませんね。
ちなみに前走大敗からの巻き返しは厳しいと思います。
前走10着以下は0-0-1-22となり、前走1.0秒以上負けは0-0-0-21となっております。
データ上、ステルヴィオ・サングレーザー・ペルシアンナイトは消しになりますね。

有力馬

 

アーモンドアイ
長々と騎乗停止になっていたルメールはココから復活します。
桜花賞以来のマイルとなりますが、この馬に関しては何も言うことはないでしょう。
現役最強馬ですよ?
負ける絵が見えません。ここで飛ぶようなら私の逆神力が半端ないんでしょう。
1着95%2着5%で考えてます笑

ダノンプレミアム
アーモンドアイに勝てるとしたらこの馬しかいないと思いますが、それと同時に勝てるのか?って疑問もあります。
7戦6勝と強い馬ではありますが、アーモンドアイに勝てるまでの力はないと見てます。
馬場は超高速馬場であり、ディープ産駒が活躍している今のG1でもやっぱり逆転までは考えられないんですよね~
むしろ大敗まであるんじゃないかなと。中内田厩舎の川田JKは勝てませんよ。

アエロリット
超ハイペースで飛ばしたヴィクトリアマイルでしっかり掲示板に残っているのはこの馬が強い証明だと思います。
ココ最近の成績だけ見ると落ち目?とも感じるかもしれませんが、まだ買っといたほうが良い馬でしょう。
鞍上も戸崎JKに変わりますし、悪くても掲示板には残るんじゃない?
昨年の2着馬ですし、安田記念はリピーターレースでもあるので、要注意ですね。

ステルヴィオ
前走の大阪杯はしょうがないですよ。距離長いっすもん。
この馬の扱いがほんとにどうしよう笑
2000m以下のレースでは馬券内を外していない馬ですし、鞍上はレーンです。
データ的には消しなのですが、マイルCSの勝ち馬でもありますし、ほんとどうしよう。

インディチャンプ
福永JKと手が合う馬だと思っております。
前走はプラス10キロで出走してきたので、仕上げが緩かったのかな?
となると今回は究極仕上げで来る可能性がありますよー。
今の高速馬場にも合う馬でしょうし、ダノンプレミアムに借りを返すのはここしか無いぞ!

サングレーザー
本来の適正距離に戻ってきましたね。やはりこの馬はマイルですよ。
2年前から怒涛の勢いで勝ち進んできた馬ですが、前走の大阪杯は少し負けすぎの印象もあります。
今回は岩田JK騎乗のため、内枠に入った際はイン差しに注意ですね。ディープ産駒だし走る可能性はあると思います。

ペルシアンナイト
この馬も衰えてきた印象がありますね。
今までのパターンだと大阪杯は好走しないといけない場面でしたし。。
最近のデムーロの傾向は1着かドベですが、順番的には1着の番!!笑
枠等を考慮してして取捨選択をしていきます。今のところは買う予定はありません。

 

人気ブログランキング ←コチラをクリック
東京コースは向いている馬だと思います。
時計勝負になった時にも対抗できる持ち時計ありますし。
でもローテ的には全くわかりませんね。ココ目指してきた馬には思えません。
安田記念は6月2日です!思い返してみてください。6月5日実施の安田記念ではロゴタイプが勝ってます。
サイン馬券ならこの馬ですかね笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です