2019 CBC賞 本予想

CBC賞の予想です。

ハンデ重賞は夏競馬って感じしますね~。
スプリンターズSで波乱を演じた2頭が出走してきますが、どうなることやら。

 

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

 

人気別成績
1番人気   2-1-1-6
2番人気   3-1-1-5
3番人気   1-1-4-4
4番人気   3-1-0-6
5番人気   0-1-0-9
6~9番人気 0-4-2-34
10番人気以下1-1-2-70

勝ち馬は人気上位馬から出ていますが、下位人気馬から連対馬や3着馬も結構出ているので注意したいですね。

年齢
3歳     0-2-0-13
4歳     1-1-2-16
5歳     5-4-4-36
6歳     4-2-3-37
7歳以上   0-1-1-32

狙い目は5、6歳馬ですね。
7歳以上は5番人気以下の馬は複勝率0%となっています。


1枠     0-0-1-17
2枠     0-1-1-16
3枠     2-0-1-16
4枠     2-2-3-13
5枠     0-2-1-16
6枠     3-0-1-16
7枠     1-3-1-20
8枠     2-2-1-20

内枠~外枠が有利な傾向になっています。
内枠は苦戦傾向にありますね。

前走データ
高松宮記念  2-1-2-9
葵S     0-1-0-5
安土城S   2-1-1-12
春雷S    0-0-0-2
条件戦    0-2-1-12

高松宮記念2、3着馬が出走してきますが、素直に信頼はしたくないんですよね。

有力馬

 

レッドアンシェル
1600万下クラスに降級後はなかなか勝ちきれない競馬でしたが、前走の彦根Sを勝ちやっとオープンクラスに戻ってきました。
デビュー後はマイル前後の距離で走ってきましたが、前走では1200m初挑戦で勝ちきっていますのでまだ底を見せていないという点は怖いところです。
過去にはサトノアーサーにも買ったことのある実力馬が前走からマイナス1キロの斤量56キロで出走出来ますし、5歳馬、6枠とプラスデータもあります。
不安点は、過去0-0-0-2の左回りでしょうか。

アウィルアウェイ
3歳馬なので斤量51キロで出走できるのは非常に買いたくなりますね。
揉まれない外枠はむしろ有利に働くのではないでしょうか。
中段に付けられれば馬券内のチャンスは広がると思いますが、前すぎたり、後ろすぎたりだと厳しいでしょう。
半兄にインディチャンプがいる血統なので、強いことは強いと思いますが、古馬との初対決にもなりますので過信は禁物でしょう。
前走2着のアスターペガサスは函館SSで2着に来ていますが、有力馬がアノ問題で除外になりまくってたので、単純に比較できませんしね。

セイウンコウセイ
3年前の高松宮記念勝ち馬ですが、終わった馬だと思った頃にまたくるとはねぇ・・・
以前までは馬場が渋った時は買いの馬でしたが、今はもう買い時がわかりません。
中共が得意なのでしょうか?
能力は段違いなんでしょうが、休み明けは走らないタイプなので、思い切って消し予定です。

アレスバローズ
昨年の勝ち馬ではありますが、昨年から斤量プラス3.5キロはきついんじゃないでしょうか。
昨年はここを勝ってそのままの勢いでサマースプリント王者となりましたし、夏場は得意な馬です。
しかしながら、馬場が渋った時は苦手にしております。
斤量57キロを背負って馬券になったのは一昨年の条件線まで遡りますので、ここは人気吸って飛んで欲しい馬ですね。

ショウナンアンセム
高松宮記念の3着馬ですね。
人気で買いたい馬とは全く思いません。
しかしながら中京が走りやすいって可能性もあります。
私は今回は見送る予定ですが、抑えておいて損はないかもしれません。

ビップライブリー
1200m戦ではなかなかの好成績を残しており、前走では1年半ぶりに勝ちを手にしております。
元々条件戦では安定した成績を残しておりましたが、重賞の壁にぶつかっているイメージでした。
道悪得意なイメージもありますし、調教も抜群なので、初重賞制覇も見えていると思います。

 

人気ブログランキング ←コチラをクリック
前走京都の短距離戦に出走している馬の成績が良いので人気薄の2頭を紹介します。

 

その他の印についてはコチラからご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です