2019 有馬記念 全頭診断②

有馬記念の全頭診断です。

キセキ

昨年は秋古馬3冠に挑戦した年だったので最終レースとなった有馬記念はかなりきついレースだったと思います。
G1では常に馬券内に入っており常連ではありましたがG1を勝ったレースは3歳時の菊花賞のみです。
おそらくアエロリットの番手につくと思いますが、凱旋門帰りなので馬が完全に変わってしまっている可能性もあります。
休み明けってのも気になる点ではありますね。ノーザン生産ではないので仕上げがどこまでできているのか。
ルーアを鞍上に持ってきたのは良いと思いますけど個人的には川田JKの方が良かったんじゃないかなと思ってます。

クロコスミア
3頭目の引退レース馬ですよ。
思い返せばこの馬との相性は最悪でしたね~。
G1では4回も馬券内に入っている馬ですが、全て牝馬限定戦でのレースになります。
さすがにこのメンツが揃った混同レースで残れるとは思いません。

サートゥルナーリア
今年の3歳は弱い!と言われてしまった原因の馬にもなるでしょう。天皇賞秋は確かにまじかよ・・・って思いました。
しかしながら今思うと府中は走り方からしても全く合いませんからね。
私は距離不安は全く無いと思っていますので、大好きな中山なら全然可能性あるでしょう。
アーモンドアイに勝っていい馬はサートゥルのみだと何度も言ってきましたからね笑
クロコスミアが先頭に立ちスローペースになればなおさら良いと思います。
スミヨンが最近乗れていないのは気になりますけど・・・

シュヴァルグラン
引退レース馬4頭目ですね。お疲れ様です。
ボウマンJKが来てくれるのであれば間違いなく買ってました笑
鞍上は久々に福永JKとなりましたが、さすがに厳しいでしょう。
一昨年のJCでもお世話になった馬なのでほんとに好きな馬でした。


競馬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です