. . .

2020 フェブラリーステークス 予想


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sevenstarstt/sevenstarsglay.com/public_html/wp-content/themes/magazine-prime/assets/libraries/breadcrumbs/breadcrumbs.php on line 254

フェブラリーSの予想です。

今年初の中央G1です!
春のG1が開幕です!!!
未だに重賞で当たりがありません!!!!
先週までで重賞は18戦予想しているのですが、本命に押した馬の成績は2−0−2−16です。
穴党ならまぁこれくらいの成績でも納得はいくのかもしれませんが、私の場合、3番人気以内に指示された馬が16頭います。
それでこの外し方は逆に凄いですね。逆神を名乗っても誰も文句を言わないでしょう。
そんな私の現時点本命はインティです笑
そろそろ逆神から脱したい・・・

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績
1番人気    4-2-2-2
2番人気    2-2-2-4
3番人気    1-1-1-7
4番人気    1-1-1-7
5番人気    0-3-0-7
6~9番人気  1-1-4-34
10番人気以下 1-0-0-66

1番人気は80%の複勝率を維持しています。
馬連、馬単系の馬券で勝負するのであれば上位5番人気の馬で組めば当たりそうですね。
3連系で勝負するのであれば中穴の選出が必要になりそうです。

年齢
4歳     3-2-1-24
5歳     5-3-5-19
6歳     2-2-2-32
7歳以上   0-3-2-52

5際馬の成績が抜けています。
アルクトス、モジアナ、タイムフライヤー、ミッキーワイルドが今年の該当馬になりますね。

所属
美浦     1-1-0-22
栗東     9-8-10-101
地方     0-1-0-4

圧倒的に栗東有利です。出走総数にかなりの差があるので一概にはいえませんけどね。
地方からの参戦は意外と少なく参考になるデータにはなりません。

前走データ
チャンピオンズ3-2-2-8
川崎記念   0-3-1-10
東京大賞典  0-2-4-30
根岸s      3-2-2-51
東海s             3-1-1-10
OP特別   1-0-0-9

勝馬は前走チャンピオンズカップ、根岸S、東海Sの3レースから9頭出ています。例外は2014年のコパノリッキーになりますが、8頭中7頭が前哨戦のレースで勝っています。残り1頭も馬券内に入っているので、可能性があるのはインティ、モズアスコット、ヴェンジェンス、スマートアヴァロンとなります。データ的に一番可能性高そうなのは、根岸Sで勝っているモズアスコットですね。

有力馬

インティ
昨年の覇者であり、今年連覇を賭けての挑戦となります。
前走はまさかの差し競馬で3着に敗れましたけど、やはりこの馬は逃げないと本領発揮できませんね。前走の結果でそれが顕著になりました。
枠が関係してくるかもしれませんが、今回はほぼほぼ逃げるでしょう。
衰えが気になるという意見もありますが、楽逃げができれば馬券内にはきますよ。
ただ、昨年は上手くハマりすぎましたからね。今年も同じようにってわけにはいかないでしょう。
枠順発表後に再度検討しますが、現時点では本命です。

モズアスコット
前走ではまさかの激走で前哨戦である根岸Sを勝ち、芝ダート両方でのG1勝利を目指す馬になります。
マイルG1を勝っている馬なので距離は大丈夫だと思いますが、ベストは1400mだと思っています。
インティが楽逃げした場合、昨年のゴルドリのように差し届かないって可能性が出てきます。鞍上はルメールなので同じ過ちは繰り返さないかもしれませんけどね笑
元々が芝馬ですから芝スタートはプラスに働きそうですが、内目の枠に配置されると割引が必要になってきそうです。
前走は出遅れたことにより外目スンナリいけましたけどね笑
前走重賞勝ちの馬はフェブラリーステークスで好走する傾向にありますので押さえ必須の1頭になりますが、疑いたい人気馬でもあります。

サンライズノヴァ
東京マイルといえばゴールドアリュール。ゴールドアリュールといえばサンライズノヴァですね。
南部杯を制して武蔵野S出走後の休み明けとなりますが、休み明けは走る馬ですから注意したいですね〜。
前走は5着に敗れていますが、斤量59キロを背負い前に行った馬には不利な展開の中5着に粘っているのもプラス要素だと思います。
今年好調の松山JK騎乗も気になる所です。
ここ2走は前目で競馬をしていますが、元々は末脚を活かした追込馬です。今回はどちらの戦法で来るのか。

ヴェンジェンス
前走はインティに先着しており、重賞では人気以上に走ることで有名なこの馬ですが、右回りの方が成績いいです。
幸JKとの相性は抜群にいいと思いますので、期待したい1頭なのですが、なんだか疲れ抜けてないみたいなコメントが出ているんですよね。
1600mの距離自体も初めてなので、過信はしたくない1頭となります。
最終追い切りの状態を見て精査したいと思います。

アルクトス
プロキオンではミッキーワイルドに勝ち、南部杯では2着とかなり強い部類の馬だとは思います。
しかし如何せん鞍上が田辺先生・・・先週もクイーンCの騎乗は酷かったですよ。昔までは中山・東京で乗ると怖い鞍上だったのですがね。
南部杯以来のレースとなるのですが、この馬も休み明けはかなり走ります。連対率100%です。
この馬も悩みますね〜。
美浦の成績も良くはないので、4、5番人気であれば抑える程度で考えています。

 

人気ブログランキング ←コチラをクリック
インティが逃げるかどうかにもよりますが、4角で2番手以内にいた時は3−3−0ー0です。ダートに限っても1−1−0−0なので4角でどれだけ前に入れるかが重要です。インティの楽逃げ、番手でこの馬って展開だと前有利で決まるでしょう。
豊さんに競り合っていくタイプのジョッキーではありませんから、番手を取れないと終わりですね。

ミッキーワイルドも結構気になっているんですけどね〜。
前走はあまりにもひどい状態だったみたいでミルコが激おこでしたね笑
追い切り見た感じでは前走よりかは仕上がっていると思いますよ。根岸Sの2番人気が10番人気想定であれば買い目に入れてもいいかなと思います。

でけたぁ~の先生 有料競馬予想

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close