2020 皐月賞 予想

皐月賞の予想です。

最も速い馬が勝つと言われている皐月賞です。
このレースはスピードが重要ですからね。
今年は3強間違いなしのレースであり、間違いなくこの中から皐月賞馬が生まれると思っています。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績
1番人気    3-2-1-4
2番人気    1-3-0-6
3番人気    1-1-3-5
4番人気    2-2-1-5
5番人気    0-0-0-10
6~9番人気  3-2-3-32
10番人気以下 0-0-2-83

意外に6〜9番人気から勝馬から3頭でています。
まぁまぁ荒れることで有名な皐月賞ですからね。


1枠     1-0-0-16
2枠     1-1-1-15
3枠     0-1-1-16
4枠     2-2-1-13
5枠     0-1-2-15
6枠     2-0-3-13
7枠     2-2-0-21
8枠     1-2-1-21

中枠から外枠の方が良さそうですね。

前走データ
ホープフル   1-0-0-0
弥生賞     1-5-2-34
スプリング   3-1-2-36
共同通信杯   4-0-2-8
きさらぎ    0-0-1-7
京成杯     0-0-2-2
若葉      0-3-1-19
1勝クラス   0-0-0-7

スプリングS、共同通信杯から勝馬が7頭でていますが、今年の3強は当てはまりません。

有力馬

コントレイル
昨年の勝馬であるサートゥルナーリア同様ホープフルSからの直行ローテとなります。
無敗で1800mのレコードを保持するこの馬が一番人気になるでしょう。
間違いなく化物級の馬であり、ダービーでも好走を期待したい1頭です。
さて、本題に入りますが、皐月賞は馬体重がそれなりにある馬の好走が目立つレースです。この馬は前走462キロということで馬体重があるタイプではありません。仮に馬体重を増やしてきたとしても皐月賞は馬体重を増やしてきた馬は尽く勝てておりません。むしろ馬券内率も低いです。
鞍上の福永JKも今年はあまり乗れていませんし、どちらかといえばダービーで勝ちそうな馬なんですよね。

サリオス
今年のハーツクライ産駒筆頭の化け物でしょう。こちらも無敗馬ですね。
この時期にわざわざレーンJKを招待してまで勝負にきているので、勝負度合いは高いと思います。
一部ではNHKマイルのための叩きと言われているみたいですが、そんなことはないでしょう。十分勝負になると思ってますよ。
朝日杯から直行ローテとなりますが、ここについてはあまり評価したく無いですね。まぁ、昨年のサートゥルも前例のないホープフル直行で勝っているのでそんなに気にしなくていいかもしれませんがね。
1600mの経験しかないのが気になる方もいるかもしれませんが、皐月賞はマイル経験がとても重要なレースとなります。
最も速い馬に一番当てはまっているのはサリオスかなって思ってますね。
ちなみにこの馬の馬格は恐ろしいです。ほんとに馬??って思わせるほどであります。

サトノフラッグ
前走では父ディープインパクトを思い出させるようなまくり差しで勝ち切りました。
マーフィーからダービーを勝てる馬と言われている通り、ダービーで期待したい馬ですね。
今まで2000mしか経験していないのが引っかかります。過去の勝馬はみんな経験していましたからね。
この馬が勝つためには馬場が渋る必要性があります。週末の天気は雨模様です。かなりプラスに働きそうです。
この馬も馬格があるタイプなのでコントレイルのような心配は必要ないでしょうね。

ヴェルトライゼンデ
連対率100%を誇り、3強を除いて馬券内に来る可能性が一番高そうな馬です。
マイルの経験はありませんが、1800mの経験があるのでそこは問題ないと思います。
前走はトライアル仕上げだったため負けてしまいましたが、ここはメイチ仕上げ間違い無いでしょう。
勝てるとは思いませんが、馬券内に来る可能性は高そうなので迷いますね。
まぁ、3強よりかは1枚落ちますがね。

クリスタルブラック
京成杯の勝馬であり、その京成杯では恐ろしい末脚で差し切ってきました。
京成杯勝馬のためここに出走してきますが、買い時はここじゃありません。穴人気しそうですけどね。
馬体もゆるゆるに感じますし、申し訳ないですが吉田JKがここで好走できるとは思えないんですよね。
人気出るようなら喜んで消したいです。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
3強で一番評価している馬と買いたい穴馬の紹介です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です