2020 アンタレスステークス 本予想

アンタレスステークスの予想です。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績
1番人気    4-2-1-3
2番人気    1-2-3-4
3番人気    2-2-3-3
4番人気    1-0-0-9
5番人気    0-2-2-6
6~9番人気  2-1-1-36
10番人気以下 0-1-0-65

年齢
4歳     2-5-4-27
5歳     7-2-1-23
6歳     1-2-4-36
7歳以上   0-1-1-40


1枠     1-1-1-14
2枠     0-5-3-11
3枠     0-0-1-19
4枠     0-1-1-18
5枠     5-0-0-14
6枠     2-1-1-16
7枠     1-0-3-16
8枠     1-2-0-17

前走データ
東海     0-0-3-1
ダイオライト 0-1-2-6
名古屋大賞典 4-4-0-5
マーチ    0-3-3-50
オープン   2-0-1-32
3勝クラス  1-0-0-12

有力馬

クリンチャー
ダート転向後は2戦連続2着、上がり最速と今後ダート界で活躍できそうな成績を残しております。
鞍上も2週連続重賞制覇とノッテいる石橋JKなのでここでダート重賞初制覇といきたいところです。
渋った馬場は得意なので雨もプラスに働きそうですし、勝馬こそでていないものの枠も絶好のところに入れました。
休み明け3走目となり、あまり間隔を開けずに使ってきているので反動は気になりますが、安定感は抜群ではないでしょうか?

ベストダッチダウン
条件戦3連勝で重賞にコマを進めてきた上がり馬となります。まだ4歳なのでここでいきなり重賞制覇するようであればクリソベリルのライバル位置にも来れる可能性がありますね。
逃げながらそのまま突き放すというかなり強い競馬をしており、同型であるメイショウワザシは大外に入っているのでこの馬が逃げれると思います。
1800m戦を得意としていることにも好感が持てますね。
ですが、重賞初挑戦の馬を1番人気で軸にするのは少し怖いかなぁって気もしています。
鞍上は出遅れの達人川田JKですしね・・・笑

ロードゴラッソ
シリウスSの勝馬であり、その後は地方重賞で安定した成績を収めていますね。
今のところG1では少し足りない馬の印象ですが、G2、G3クラスでは好走必須の馬だと思っております。
クリンチャー同様絶好枠に配置されているので、軸はクリンチャーかこの馬かのどちらかで行く予定です。
外目の枠に配置されたら考えたんですがこの枠は絶好すぎますよ。
不安点はほぼ休みなく走っているのでそろそろ疲れがでてきており・・・ってところでしょうか。

アナザートゥルース
昨年の勝馬になりますが、地方重賞の方が好走は多いですね。
中央重賞だとあと一歩のところで馬券内に入れないイメージがついてます笑
近走は2000m趙のレースで走っていましたが久々の1800mになります。正直鞍上がルメールならかなり買いだったのですが、大野JKです・・・
大野JKはダートでこそと言っておりますが、勝ち切るまでは厳しいかな。

ウェスタールンド
チャンピオンズカップ2着の実績があるのでそれなりに人気出ますよね?
昨年1番人気で4着に飛んだレースであり、もう8歳です。お得意のワープ戦法は今回はできないのではないかなと思っております。
現状3番人気なので、そこまで人気している状態で軸にしたい馬ではありませんね。
紐で十分だと思います。

 

人気ブログランキング ←コチラをクリック
人気落ちしているのでこの馬には期待したいと思います。

でけたぁ~の先生 有料競馬予想

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です