2020 函館2歳ステークス 本予想

函館記念の予想です。

もう2歳重賞の時期なんですね。
今年はコ◯ナ問題やらなんやらで時が経つのが早い気がします。
馬券の方も湿ったままの状態なのでなんとか夏競馬の間に調子を取り戻したい。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績
1番人気    3-2-0-5
2番人気    4-1-2-3
3番人気    1-1-2-6
4番人気    2-0-2-6
5番人気    0-2-0-8
6~9番人気  0-2-1-37
10番人気以下 0-2-3-57


1枠     2-2-0-14
2枠     0-0-2-16
3枠     1-4-3-10
4枠     0-1-2-17
5枠     2-1-0-16
6枠     4-1-1-14
7枠     0-1-0-18
8枠     1-0-2-17

前走データ
未勝利    2-3-1-25
新馬     8-6-8-76

有力馬

モンファボリ
前走は逃げ切りを決め、今回圧倒的人気を背負っての重賞初挑戦となります。
前決着だったのですが、それでも2着馬に5馬身差つけての圧勝なので流石にここじゃ力が違うんじゃないかなと。
そこまでの圧勝だったのでメンバーレベルが低かったんじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、その時の2着馬は今回も人気しているホーキボーキです。未勝利戦ではそれなりの成績を残している馬もいるのでそこまで低くなかったと思いますよ。
まさかの大外配置なので逃げれなかったらどうなるのでしょうか。
そこだけが心配です。

ルーチェドーロ
前走はダートの不良馬場で7馬身差の圧勝。
過去データでは前走ダートは0−0−0ー36となっておりますがその壁を超えることが出来るのでしょうか?
問題は芝適性があるかどうかだけですね。芝適性さえあればモンファボリ逆転まであり得るでしょう。
ただ、私はそこまで甘くないと思っています。ダート1000mと芝1200mでは全然違いますし・・・
モンファボリとルーチェドーロの2頭で決着したら諦めます。
どっちかは消すので。

カイザーノヴァ
注目のモーリス産駒です。今年からの初産駒馬となりますが、25走して1勝と成績が奮っておりません。
この馬が唯一の勝馬です。
連闘での参戦となるのでそれだけ調子がいいのか。それとも勝てる馬だと思っていないからただ使いたいだけなのか・・・
他の参戦馬は逃げ馬ばかりなので前でやりあった際にはこの馬有利に働くと思います。
逃げ馬じゃないので位置どりも気にしないでいいですし笑

ホーキボーキ
新馬戦でモンファボリにボコられましたが、次走の未勝利戦はしっかりと勝ち切り、再戦となります。
2枠2番に配置されましたけど一番いい枠入ったんじゃないでしょうかね。
正直、実力通りに走った場合モンファボリには勝てないと思いますが、連対、複勝圏には入ってくるんじゃないかなぁと。
勝ち時計遅いのは気になりますけどね。

 

人気ブログランキング ←コチラをクリック
持ち時計的にはモンファボりに続き、ラヴケリーと同率2位です。
ラヴケリーがそれなりに人気していますので、この馬も併せて買っておきたいですね。
一応一桁偶数枠に入れましたし、ロードカナロア産駒ってのもいいと思います。

でけたぁ~の先生 有料競馬予想

モンファボリで堅いと思うんですけどね〜
JDDのカフェファラオがあるので鉄板なんて言葉はないんでしょう・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です