2020 ローズステークス 本予想

ローズステークスの予想です。

デアリングタクト回避がありましたが、デゼルやリアアメリア、クラヴァシュドールといったオークス出走馬も数多く出走するので楽しみです(^^)
そして今回は阪神1800mではなく中京2000mで行われます。
ここはかなり重要なポイントになりますね。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気    5-1-0-4
2番人気    1-2-2-5
3番人気    0-0-2-8
4番人気    1-0-0-9
5番人気    1-0-1-8
6~9番人気  2-4-3-31
10番人気以下 0-3-2-53

厩舎

栗東      7-9-8-102
美浦      3-1-2-12

前走データ

オークス    8-4-2-37
2勝クラス   0-1-6-21
1勝クラス   2-2-1-31
未勝利        0-1-0-3

有力馬

デゼル
そういえば主戦のレーンは帰ってしまっていたんですね・・・
オークスでは2番人気11着とキャリア初の大敗を喫しました。ほぼ同じような位置にいたデアリングタクトは1着でこの馬は11着。
まぁオークスはデアリングタクトが化け物であっただけで前有利のレースだったってのもあると思いますけどね。
1800mでの勝ち鞍もあるので中京2000mでもこなせるとは思います。
あとはこの馬の大好きな高速馬場であれば言うことないんですけど、週中は雨が多いんですよね〜。時計のかかる馬場だと割引が必要かな。

クラヴァシュドール
桜花賞までは堅実な走りをしていましたが、オークスでは一転大敗を喫しました。
イメージ的にはリスグラシューやクロノジェネシスと同じような感じだったんですけど、この大敗はいただけません。
元々マイルではサリオスと張った戦いをしていた馬なので、期待したいんですけどねぇ・・・
そして有力馬の中では一番前につけるでしょうから目標にされやすい。良い末脚を使える有力馬も多いのでこれはかなりのマイナスだと思います。
他馬はこの馬が動いてから動けば良いんですからね。
チューリップ賞から減らし続けている馬体重をどれだけ戻してこられるかにもよりますが、あまり買いたくはない馬です。

リアアメリア
昨年の今頃は怪物ともてはやされていましたけど、阪神JFで負けてからは存在感を薄めています。
しかしオークスで4着に入るなど実力はありますよ!
そして何よりこの馬、レフティーじゃね?って思います。新馬戦こそ阪神右回りで勝ちましたけど東京左回りの方が良い競馬しています。
不安点としてはクラヴァシュドールにも言えることですが、中内田厩舎の馬は2歳時が1番の買い時です。
パンパンの良馬場で実施されればとても面白い存在だったんですけど馬場が渋ったら末脚不発で終わりそうです。

フアナ
この馬もルメール騎乗で過剰人気になってしまうんでしょうね〜。
実績としてフローラ賞3着がありますが、フローラ賞上位組は出走していないウインマリリンを除き先週の紫苑ステークスで大敗しています。
その後休養し、前走+28キロで古馬相手に勝っていることは評価出来ます。有力馬の中では叩き2戦目になるので前走以上に状態を上げてきている可能性も。
未だ夏休み気味のルメールなので過信は禁物ですね。

リリーピュアハート
オークスでは出遅れからの後方競馬となってしまい持ち味を出す前にレースが終わってしまいました。
オークスで軸にした通り、実力は相当のものがあると思っていますし、福永JK継続騎乗もかなりプラスです。
不安点としては、持ちタイムもないので高速馬場になっていた時は、他馬に及ばないかもしれません。再度スタート失敗したらもう終わりです笑
ただ、そこんところあっても本命にしたいと思う位の馬でもあります。ここで賞金稼がないと秋華賞出走もままならないかもしれませんしね。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
前走はオーマイダーリンを突き放しての勝利。
鞍上もオルフェーブルを知るこの男であれば穴を開ける可能性が!

でけたぁ~の先生 有料競馬予想

本命はリリーピュアハートでいきます。
オークスでも穴軸にした馬ですし、スタートさえちゃんと出れば勝ち負けできると思っています。
クラヴァシュドールは目標にされやすい位置どりだと思いますが、自力はある馬なので買い目には入れますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です