2020 京都大賞典 本予想

京都大賞典の予想です。

キセキ、グローリーヴェイズと言う実績馬に対して上がり馬キングオブコージがどこまで迫れるか。

安定馬ステイフーリッシュや天皇賞春3着馬パフォーマプロミスも出走します。

毎日王冠が少し寂しい頭数なのでこちらの方が楽しみです笑

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気    3-1-2-4
2番人気    2-1-3-4
3番人気    1-0-2-7
4番人気    1-2-1-6
5番人気    1-0-2-7
6~9番人気  0-6-0-33
10番人気以下 2-0-0-28

性別

牡・セン馬  8-9-9-77
牝馬     2-1-1-12

年齢

3歳     0-0-0-1
4歳     3-5-2-17
5歳     5-4-3-23
6歳     1-0-3-26
7歳以上   1-1-2-22

1枠     2-1-0-8
2枠     3-0-2-7
3枠     1-1-1-10
4枠     1-1-2-10
5枠     0-1-1-13
6枠     1-1-1-12
7枠     1-3-2-13
8枠     1-2-1-16

前走データ

宝塚記念   5-1-5-11
天皇賞春   0-2-2-7
ステイヤー  0-0-0-2
目黒記念   0-0-0-8
オールカマー 1-0-0-4
新潟記念   2-1-0-8
函館記念   0-0-0-3
鳴尾記念   1-0-0-1
オープン   1-1-0-14
条件戦    0-1-1-5

有力馬

キセキ
まじで宝塚は買うべく1頭でした。本命にあげても良いぐらいだったと思いますが出来なかったのが痛恨でしかない。
ここ最近はゲートをなかなか出れなくて不発が多かったのですが、武豊JKに乗り替わって一応は出れるようになりました。
不良馬場の菊花賞を買っていますしプラスに働く可能性は高いんじゃ無いかなと。
ただ、ゲートを出たと言っても出遅れていることは間違いないため今回も出遅れる可能性は高いですね・・・
前走は後ろから行ったことがハマりましたけど今回も同じようになるとは限りません。
勝ちきれない馬なので頭で買うのは危険ですが、浜中JKが導けるかどうか。

グローリーヴェイズ
香港ヴァーズの勝馬ですが、前走は大敗も大敗。まぁ最後追っていなかったですけどね。
昨年も出走していますが、1番人気で6着に敗れていますが、京都競馬場での成績はそれなりです。
しかし調教の動きは非常に良いものを感じました。
でも休み明けが良い馬ではありませんし、この馬も渋った馬場が得意なタイプではありません。

キングオブコージ
3連勝で挑んだ目黒記念では勢いそのままに重賞制覇を果たしました。
ノリさん騎乗後から4連勝しており、今回も鞍上はノリさんなので期待したくなりますね。
前走は軽斤量を上手く活かした可能性もあるので今回斤量プラス3キロは流石に厳しいんじゃ無いですかねぇ。
結構人気していますし、ロードカナロア産駒で長距離ってなってくると疑いたくなりますね。

ステイフーリッシュ
前走オールカマー3着であり、やはりG2、G3では買っておかないといけない馬でしょう。
鞍上が乗り替わっても好走しているので、鞍上は問題ないかな。
前々で走れるし、粘りこむ力も持っています。
目黒記念ではキングオブコージに負けましたが、あとの時の斤量差は3.5キロであり、今回はステイフーリッシュの方が1キロ軽いのであればこちらを重視したいですね。
前走オールカマー組の成績はあまり良くないのでそこは少し注意が必要です。

パフォーマプロミス
天皇賞春3着、鳴尾記念1着と未だ衰え知らずの8歳馬。
ステゴ産駒の好走率は高いですし、休み明けの成績も良いです。
前走はラヴズオンリーユーを倒しての勝利ですし、衰えというのは考えなくて良いのかもしれません。
ただ、良馬場の方が合うタイプではあると思います。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
積極的に消したいなと思う馬はこの馬ですね。
ハンデ戦ならまだしも別定ではまだ買うのは怖いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です