2020 菊花賞 データ分析

菊花賞の予想です。

先週はデアリングタクトが無敗の三冠馬となりました。

今週はコントレイルが無敗の三冠馬になるでしょう!

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気    5-1-2-2
2番人気    0-3-0-7
3番人気    2-0-2-6
4番人気    0-1-0-9
5番人気    1-2-0-7
6~9番人気  2-2-3-33
10番人気以下 0-1-3-86

1番人気は過去5勝で複勝率は80%です。

まぁ勝つでしょう

所属

美浦     1-0-1-46
栗東     9-10-9-104

関東馬よりかは関西馬の方。サトノフラッグ、ガロアクリークにとっては嫌なデータです。

1枠     2-0-1-17
2枠     3-2-0-15
3枠     2-0-0-18
4枠     0-0-1-19
5枠     0-2-2-16
6枠     1-2-1-16
7枠     2-3-4-21
8枠     0-1-1-28

やはり内枠有利です。

前走データ

神戸新聞杯  8-6-4-46
セントライト 1-3-1-47
毎日王冠   0-1-0-2
2勝クラス  0-0-5-38
1勝クラス  0-0-0-3

トライアル組が中心です。

神戸新聞杯組を中心に考えたいですね。

有力馬

コントレイル
今年の皐月賞、ダービー馬です。ホープフルSを合わせると既にG13勝馬。
そして無敗の三冠馬になる予定です。
先週はデアリングタクトが達成しましたが、正直コントレイルの方が堅いと思っています。
皐月賞、ダービーのライバルであるサリオスは不在ですし、神戸新聞杯では他馬を寄せ付けない強さで完勝しています。
バビットという不気味な存在がいますが、菊花賞で逃げ切りはきついでしょうし、コントレイルが勝つ未来しか見えません。

ヴェルトライゼンデ
ホープフル2着、ダービー3着、神戸新聞杯2着といつもコントレイルに負けています。
もう勝負づけは済んでいると思いますが、コントレイル以外には勝てるでしょう。前走もあんな後ろから飛んできましたしね〜。
半兄に昨年の勝馬ワールドプレミアがいますので、距離的にも問題はないでしょう。
できれば前走で飛んでもらって人気落として欲しかったところです。
ミホノブルボンの3冠を阻止したライスシャワーの再現も少し期待しています。
ただ、コントレイルには勝てないと思うんだよな・・・

バビット
未勝利戦から4連勝で既に重賞2勝を上げています。
逃げる馬なので正直舞台設定は合っていないと思います。菊花賞で逃げ切りは流石に厳しいかと・・・
ただ、コントレイルと未だやっていないため、逆転する可能性も有るかもしれません。
父親であるナカヤマフェスタもセントライト勝って菊花賞で大敗しているので、やすがにここは厳しいかなぁ。
でも3着なら粘るかもなぁ・・・

サトノフラッグ
前走はバビットを捉えきれませんでしたが、なかなか強い競馬が出来ていると思っています。
ダービーでは本命に推した馬なのですが、菊花賞は距離長いんじゃないかなぁ・・・
関東馬の成績もよくないですし、鞍上の戸崎JKも関西圏で信頼できるタイプではありません。
今回は初輸送にもなりますし、調教の動き等しっかりと見て精査したいと思います。
個人的には好きな馬なんですけどね。

アリストテレス
デアリングタクト同様エピファネイア産駒です。
プリンシパルS以外では連対率100%を誇っており、関西圏のレースであればそれなりに走るので抑えとないといけないかなとは思いますね。
前走2勝クラスは3着であれば絡んでいますし、それなりに強い馬だと思いますよ?
抽選突破できるか不明ですけどwww

人気ブログランキング ←コチラをクリック
前走の時点から菊花賞で買う事は決めていました。
鞍上が鞍上なので先週のマイティー臭もしますけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です