2020 有馬記念 データ分析

有馬記念の予想です。

もう有馬記念の時期なんですね〜。
このレースが終わると年末って感じがしてきますよ。
そして中央のレースではこのレースが最後のG1となります。ホープフルSが前日の土曜日実施なので今年はほんとにほんとの最後ですよ笑

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気    5-2-1-2
2番人気    2-1-2-5
3番人気    1-1-2-6
4番人気    1-1-2-6
5番人気    0-1-0-9
6~9番人気  1-3-2-34
10番人気以下 0-1-1-64

性別

牝馬     2-1-1-30
牡・セン   8-9-9-96

所属

美浦     2-1-1-30
栗東     9-8-8-6

年齢

3歳     5-2-3-16
4歳     1-6-2-35
5歳     4-2-4-43
6歳     0-0-1-14
7歳以上   0-0-0-18

6歳以上は完全軽視で良いと思います。

1枠    2-1-1-15
2枠    1-2-0-16
3枠    2-2-0-14
4枠    2-2-1-15
5枠    0-2-3-15
6枠    2-1-2-15
7枠    1-0-2-17
8枠    0-0-1-19

前走データ

天皇賞秋  0-2-0-12
菊花賞   4-1-2-3
ジャパン  3-4-6-47
エリ女   0-1-0-14
マイル   0-0-0-2
アルゼンチン1-0-0-5
ステイヤー 0-0-0-9

前走G2の馬は軽視で良いかもしれませんね。

有力馬

クロノジェネシス
春のグランプリレース宝塚記念の勝ち馬になります。春秋グランプリ制覇がかかった一戦となりますね。
そして、全成績も6−2−3ー1と馬券外を一度しか外しておらず、今年に入ってからの成績は1−1−1ー0(全てG1)です。
前走の天皇賞秋でもアーモンドアイに0.1秒差に迫っており、上りの速さでは勝っています。
まだ4歳なので衰えも全く心配はありませんね。昨年のリスグラシューのように春秋グランプリ制覇を成し遂げるかもしれません。
ただ、中山、2500mが初となります。そしてやや渋った馬場の方が適正です。
良馬場であれば他の馬には負けてしまいそうです。それでも馬券内きそうですけどね。

フィエールマン
G13勝馬であり、前走の天皇賞秋でも2着に来ています。
鞍上も今年G1を勝ちまくっているルメールJKですし、前走のレースを見るとまだまだ衰えは感じませんね。
3000m超のG1を3勝していることから距離不安は全くありませんし、昨年は凱旋門帰りで4着に好走しています。
ディープ産駒の最高傑作はコントレイルと言われていますが、元々はこの馬がディープ産駒の最高傑作と言われておりました。
国内でルメールJK騎乗のレースは馬券内外していませんし、ライラック、クロノには負けられないでしょう!

ラッキーライラック
アーモンドアイ世代のNo2になりますが、G1を4勝もしている馬です。
そして今レースが引退レースになります。リスグラシュー、アーモンドアイを見ても近年の引退レースで牝馬は走りますからねぇ。
クロノジェネシスと違い中山での好走実績もあります。そして、クロノジェネシスには勝ち越しているはいい点です。
今年のエリ女は阪神開催だったため、有馬記念に連動するような気もしています。
気になる点は鞍上が日本人JKに戻ってしまうことです。ラッキーライラックは外国人JK騎乗で開花したとも思っているのでその点はマイナスなのかなと。
2500mの距離も初めてですからね・・・
有終の美を飾って欲しいですけど。

カレンブーケドール
重賞勝ちはありませんが、G1で3回も2着に来ているシルバーコレクターです。
今回は慣れ親しんだ津村JKから池添JKへ乗り替わりとなります。池添JKは有馬記念を得意としているので、これはいい乗り替わりかもしれません。
早いあがりを使えるタイプですはないですが、有馬記念では上りの速さはあまり必要とされていなく長くいい脚を使えるこの馬にとってプラスでしょう、
なんとしても内枠を引いて欲しいです。
とはいえ前走のジャパンカップがメイチだったと思います。
紫苑S、オールカマーで好走していますが、やはりこの馬は東京2400mでこそ輝く馬かもしれません。

ワールドプレミア
昨年の有馬記念3着馬ですが、その後は長期休養に入り、前走のジャパンカップから復活。
復帰初戦で6着は頑張ったと思いますが、昨年のような強さは感じられませんでした。
しかしジャパンカップ出走を決めた時からメイチはここだと思っていたので叩き2走目でどこまで一変出来ているかですね。
調教を見て取捨選択を考えたいです。
今のところはあんまり買う気しませんね。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
有馬記念だからこそ好きな馬を買いたい!
でもそれだけの理由ではなくこの馬を推奨したいです。
前走では距離不安をものともせずに上がり最速の末脚を見せてくれました。
引退レースでもありますし、覚醒したその姿を見せて欲しい。
でもね、鞍上の乗り替わりはめっちゃマイナスです。手が合っていただけに勿体なさすぎる・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です