2021 川崎記念 本予想

川崎記念の予想です。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気    7-3-0
2番人気    1-1-4
3番人気    1-3-4
4番人気    0-1-0
5番人気    0-0-0
6番人気以下  0-1-2

性別

牝馬     0-0-1
牡セン馬  10-10-9

所属

中央     9-9-7
地方        1-1-3

年齢

4歳     1-2-2
5歳     4-0-2
6歳     1-6-0
7歳以上   4-2-6

1枠      0-2-1
2枠      0-2-1
3枠      1-0-2
4枠      1-1-3
5枠      3-0-0
6枠      2-0-1
7枠      1-2-2
8枠      2-3-0

前走データ

東京大賞典  7-5-1
浦和記念   0-0-0
報知オール  0-1-1

有力馬

オメガパフューム
東京大賞典3連覇を含むG14勝馬です。出走馬を見ていただいて分かるようにまぁレベルが違いますよ。
鞍上は継続してミルコデムーロJKです。この馬で勝たないといつG1を勝つんだっていう馬質に最近はなってしまっております。
大井の帝王として君臨しているイメージですが、中央のG3も勝っている馬なのでいくら人気となっていても完全軽視ってのはあり得ませんね。
皆さんご存知の通りこの馬は右周りに滅法強い馬であり左回りはダメなイメージです。が、一昨年のJBCクラシックは左回りの浦和競馬場でチュウワウィザードの2着に好走しています。左回りよりも川崎競馬場初めての方が嫌ですよ。距離もベストは2000mでしょうから100m伸びるのがどのように影響してくるのか。
そしてサウジアラビアCにも登録しているみたいなのでここ勝てば挑戦するでしょう。ということはここメイチではないんじゃないかな〜って気もします。
まぁ普通に走れば勝つでしょうけど、1着だと安いしなぁ笑

ロードブレス
ダート転向後は5−1−0ー1であり地方重賞も勝利しております。
そして鞍上は今年の中山重賞3戦3勝のルメールJKです。まさかここでルメール持ってくるとは思いもしませんでした。
枠は8枠9番ですが、隣にオメガがいます。完全にマークする競馬になるでしょうね。
浦和記念では今回人気になるであろうダノンファラオともハナ差の競馬をしていますし、船橋の日本テレビ盃ではダノン、デルマ、ミューチャリー相手に勝っているので、ここで好走する力は持っています。そんな馬にルメールが乗るなら完全軽視はできるわけがない。
でも地方重賞のルメールJKは中央重賞よりも信頼度落ちます。
オメガと戦ったことがないのでいざやってみたら全く相手にならない可能性もなきにしもあらず。
破っちゃう可能性もありますけどね笑

ダノンファラオ
昨年のジャパンダートダービーを勝った馬ですよー。カフェファラオに勝ってますよー。
鞍上はダート重賞を連勝している川田JKです。芝でももちろん素晴らしいJKなのですがダートの方が信頼できる気がします笑
前走は同じような位置で競馬していたカジノフォンテンは残りましたがこの馬は直線でどんどん抜かれていってしまっています。
確かに追い切りがあまりよくなかったように見えたのでしょうがないのかもしれませんが、また同じような感じになりそうな気も・・・
ムラっ気の激しい馬なので軸にはせずに抑えで買い目に入れる程度が良いのかもしれません。
前残り展開にならないと前走と同じような結果になると思うんですけどねぇ。1キロ斤量が軽いのはプラス材料でしかありませんが。

カジノフォンテン
前走の東京大賞典はまさかまさかの2着。オメガに勝っちゃうかとも思いました。
前走勝島王冠の馬は注視しとかないといけなかったのに軽視してしまったことはほんとに後悔です。
川崎競馬場でも3−0−0ー1(マイルが3戦で2−0−0ー1)と経験のある馬場なので素直に評価して良いと思います。
ただこの馬を想定4番人気で重視するのは違うかなって笑
確かに前走は強かったですが、展開に助けられた面もあると思います。流石に2走連続G1で好走する位強い馬だとは思えません。
元々中央馬が強いレースでもありますから。

ミューチャリー
一昨年のジャパンダートダービーで3着に好走していますが、その後の地方G1でも掲示板に来ているんですよ!
昨年の川崎記念も4着に来ています。ダノン、ロード、デルマと同じくらいの能力はあると思っています。
後方から競馬をする馬(昨年の川崎記念は前で競馬しましたが)なのですが、今回に至っては前に意識が集中しそうなのでワンチャンあるんじゃないですかね!地方で信頼のおける御神本さんがずっと騎乗していることからも能力の高さは分かっています。カジノフォンテンよりも人気しないならこちらの方が美味しい。
不安点はいつも通り掲示板で終わってしまうことですよ。デルマより良い末脚を使えるわけではなさそうなのでどの位置に付けるかが一番重要になってきます。

人気ブログランキング ←コチラをクリック

最終結論としましては、ルメールに逆らうなです。
前走の浦和記念では2着と負けてはいますが正直仕掛けどころしくじった感じもあります。
鞍上がルメールに乗る変わるのであればそんなヘマはしないでしょうし、何より徹底マークした時のルメールは恐ろしく強い。
唯一の不安は私が今年ルメールJKと相性が合わなすぎることです。買えば来ない、買わなければ来る。
オメガを徹底マークするのは目に見えて分かりますしね。とはいえオメガも実力は最上位です。1番人気馬は連対率100%でもありますし対抗評価にしました。
苦手な左回りでどこまで走れるか。飛ぶことまではないかなと思いますけど・・・
3番手はダノンですね。
ぶっちゃけ走り時が全く分からないんですけど鞍上は乗っている川田JKですし昨年のJDD勝ち馬ですよ。
4歳では世代上位の能力ありますから。
地方馬ではミューチャリーを最上位評価しました。
毎回相手なりに走れる馬ですし、先週の東海Sで2着に入ったアナザートゥルースにも勝った経験があります。
川崎得意なタービランスや一応カジノフォンテンも入れておきます。
ここまできたんでついでにデルマも入れとくって感じですね。買わなくても良いかなとは思いましたけど。

◎ ロードブレス
○ オメガパフューム
▲  ダノンファラオ
△  カジノフォンテン、タービランス、デルマルーブル
☆ ミューチャリー

買い目については当日のオッズ次第なところがあるので名言はできませんが、馬連、三連単とかで考えています。
馬連の場合は◎と▲から買おうと思います。
三連単は◎○を1、2列目で行こうと思ってますけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。