2021 中山牝馬ステークス 本予想

中山牝馬ステークスの予想です。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気    1-2-2-5
2番人気    0-2-0-8
3番人気    2-1-0-7
4番人気    2-2-0-6
5番人気    2-0-1-7
6~9番人気  3-1-3-32
10番人気以下 0-2-4-58

所属

美浦     5-6-3-57
栗東        5-4-7-67

年齢

4歳     3-3-1-38
5歳     5-4-4-38
6歳     2-3-2-36
7歳以上   0-0-2-12

ハンデ

49     0-0-0-1
50     0-1-0-7
51     0-1-1-9
52     1-1-2-16
53     4-3-3-4
54     4-3-0-21
55     0-0-2-21
55.5      0-0-0-3
56     1-2-1-13
56.5      0-0-0-0
57     0-0-0-1
57.5      0-0-0-0
58以上   0-0-0-0

1枠     0-0-2-15
2枠     4-0-1-13
3枠     1-0-2-17
4枠     0ー3-0-17
5枠     1-2-1-16
6枠     2-1-1-16
7枠     0-3-0-16
8枠     2-2-2-14

前走データ

エリ女        1-0-0-12
愛知杯        3-2-3-29
京都牝馬       1-0-2-15
中山金杯       0-1-0-1
ターコイズ 1-2-1-9
小倉大賞典   0-0-0-7
東京新聞杯   0-1-0-2
オープン     2-0-1-14
3勝クラス  1-3-1-11

有力馬

リアアメリア
重賞2勝馬ですが、今回は福永JK乗り替わりとなります。
新馬戦の時は化け物現れたと思ったんですけどね〜。福永JKに乗り替わってどのような騎乗をしてくるのかが鍵となりますが、ローズSのような騎乗が出来ればわんちゃんあるかどうか。逃げ馬がロザムールしかいないため、ゆったりとしたペースでレースが進みそうなのはプラス材料でしょう。
少し離れた番手でレースを進め、直線入って引き離せればって感じですね。
ただ、皆さんご存知の通りこの馬、レフティーですよね?左回りは2−0−0ー1に対して右回りは1−0−0ー4と新馬戦以来馬券内も有りません。
中山初出走になりますけど、合わないでしょう?休み明けは走る傾向にありますけど、多頭数では1−0−0ー5と結果を残せていませんし。
まさか1800mマイスターなんてことはないでしょ?笑

ドナアトラエンテ
ジェンティルドンナの全妹、超良血馬です。重賞挑戦は初となりますが、全成績は4−4−1ー0と馬券内率100パーセントを誇っています。
ついに重賞の舞台へ挑戦したきたか、スッゲーーーー楽しみ!!!ってのが率直な感想ですね。
しかも今まで出走したレース全てが1800mとなっており走り慣れておりますし、今回は前走から斤量マイナス2キロで出走できます。
しかも鞍上はルメールJKです。鬼に金棒状態ですよ。
斤量が53キロだった影響か戸崎JKへ乗り替わりになりました。
基本的には先行できる馬なので、今の前有利な中山の馬場も合います。本命ですね。
とはいっても、良血のせいで常に1番人気に支持されます。重賞初挑戦の馬を圧倒的過剰人気の状態で軸にするのは全く妙味はありません。
出遅れて後方からの競馬になった時は馬券内を維持するのも厳しくなりそうです。スタートはちゃんと切って欲しい。

シャドウディーヴァ
重賞の勝ち鞍はないものの2着3回、3着1回の実績馬です。
前走の東京新聞杯でも上がり3位の末脚を使いヴァンドギャルドを差し3着にきています。
重賞実績はあるものの斤量は54キロで出走できますし、牝馬限定戦であれば面白い存在ではあります。
ですが、この馬も完全なるレフティーですよね?中山1800mで3勝クラス勝っていますけど、右回りの成績は1−0−0ー7と壊滅的です。
東京では1−5−2ー3と相性抜群なので東京開催の重賞なら軸候補でいけますけど、右回り中山重賞でそれなりに人気ある状態では買いません。

フェアリーポルカ
昨年の中山、福島牝馬Sを連勝しております。
リアアメリア、シャドウディーヴァとは違い、右回り4−1−2ー4と得意としており中山は1−1−1ー0と相性抜群です。
前走の小倉大賞典では2番人気8着と惨敗しましたが、この馬の買い時は牝馬限定戦且つ中山開催です。なので今回は絶対に抑えないといけない1頭だと思っています。
前走も8着と負けてはいるものの競馬内容的には良かったと思いますし、和田JK継続騎乗も良いですね。
少し怖いのは、昨年中山牝馬S勝った時は斤量52キロでしたが、今回は55キロとなります。斤量56キロでターコイズS3着に来ているので大丈夫だとは思いますけど、昨年は軽斤量を活かしての勝ちだったとは思っていますので、上位の印はつけないと思いますね。

ランブリングアレー
前走の愛知杯でフラワーC以来の重賞で馬券となりました。
2000m前後を主戦に走ってきた馬なので2走前のターコイズSは距離不足の敗戦だと思っています。
3走前では重賞で2走連続好走しているボッケリーニ相手に勝っていますし、能力の高さは間違いありません。
先行から中団で競馬をする馬なので今の中山の馬場には合いそうです。土曜日の天候は雨模様ですが、稍重、重馬場でも2着にきているので問題ないでしょう。
2000mを主戦にしているとはいえ、ベストは1800mだと思います。斤量もできれば54キロが良かったかな。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
馬場が渋った時に買おうと思っていた馬です。
条件戦にはなりますが、重馬場でも成績は脅威の3−0−0ー0となっております。
ただ、重賞で馬券になる力があるかどうか。

そのほかに注目したいのはこの3頭
中山マイルなら強気で買いたかったアルーシャ
1ハロン長いのですが、ルメールJKが上手く導ければ。
今回はラストランなので注目です。重馬場じゃなければ対抗評価まであったんですが・・・
気性問題がありますが、津村JKであれば抑えられるシーズンズギフト
同型不在、前有利、軽斤量、人気薄と買い条件があるロザムール

そんなこんなで印はこんな感じですね。

◎ ドナアトラエンテ
○ 上記注目馬
▲ ロザムール
△ フェアリーポルカ、シーズンズギフト、ランブリングアレー
☆ アルーシャ

 

馬連
◎ー○▲☆
ワイド
◎ー△
三連複
◎○⇨▲△☆

計11点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です