2021 ニュージーランドトロフィー 本予想(的中)

ニュージーランドトロフィーの予想です。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気    2-2-1-5
2番人気    4-1-2-3
3番人気    0-2-0-8
4番人気    1-1-1-7
5番人気    0-1-1-8
6~9番人気  1-2-3-34
10番人気以下 2-1-2-63

性別

牝馬     0-2-2-17
セン牡馬  10-8-8-111

所属

美浦     2-5-5-79
栗東        8-5-5-49

1枠     1-0-0-14
2枠     1-4-3-10
3枠     3-0-2-13
4枠     1ー1ー0-16
5枠     0-2-0-15
6枠     2-0-1-15
7枠     1-1-0-16
8枠     0-1-3-14

前走データ

弥生賞    0ー0ー0ー2
フィリーズR   0-0ー0ー5
ファルコン  3-1ー4ー25
きさらぎ   1-0ー0ー2
オープン特別    0ー1ー1ー17
1勝クラス  2-5-2-44
未勝利    1-0-0-2

有力馬

バスラットレオン
古川JKに初勝利をプレゼントした馬ですね笑
札幌2歳S、シンザン記念と3着に入っておりますが、前走の1勝クラスでは斤量52キロで出走できましたからね。さすがにレベルが違いましたよ。
クラシック路線には行かず、NHKマイルへの出走を目指してのここに出走となるんですかね?
今回は前走と比べると一気の斤量増となりますが、毎年そこまでのメンバーが出走するレースでもありませんし、せめて勝ち負けくらいはしてくれないとねぇ。
キズナ産駒ということもあり上がり35秒位の馬場がベストですね。
正直、メンバーレベル考えても馬券外ってのはあまり考えられませんね。

ドゥラモンド
期待のドゥラメンテ産駒として朝日杯、きさらぎ賞に出走しましたが、結果は掲示板にも入れず・・・
中山マイルは1勝クラスで完勝している舞台ですし、鞍上が横山武JKに乗り替わる事も良いと思います。
ただ、ドゥラメンテ産駒は重賞で1勝のみで1−1−1ー24と大苦戦中です。タイトルホルダーとジュンブルースカイしか馬券になっていません。
今走もドゥラメンテ産駒はたくさん出走しますが、その中で一番注目したい馬はアヴェラーレなのでこの馬は軽視すると思います。

ククナ
桜花賞への出走が決定しました。

タイムトゥヘブン
近走は中山2000mを主戦場としていましたが、今回は距離短縮の初マイルとなります。
京成杯では2着と好走しておりますが、勝ち馬グラディアスとの差は大きく見えたので、クラシック路線からNHKマイルカップ路線への変更は良いかもしれません。
鞍上も復調気配のミルコに戻りますし、DMM一口馬主をやっている身分からすると活躍してほしい馬でもあります。
前に行く馬ではバスラットレオン以外手薄ですし、再度の粘り込みに期待できます。
ロードカナロア産駒ということもあり、2000mよりかはマイルの方が合いそうでもあります。
手薄なメンバー構成にも恵まれたと思います。

アヴェラーレ
重賞で結果を残せないドゥラメンテ産駒ですが、この馬は少し別格なんじゃないかと思います。
新馬戦から継続してルメールJKが騎乗していることからも能力の高さを伺えますし、レース毎の成長も感じられます。
出走するドゥラメンテ産駒野中では唯一の牝馬となりますが、他の牡馬と比べても抜きん出た能力を乗っている感じがします。
NHKマイルに出走するためにはここでの好走が必須ですし、勝負気配は高いと思いますよ。

人気ブログランキング ←コチラをクリック

そんなこんなで印はこんな感じですね。

◎ アヴェラーレ
○ バスラットレオン
▲  タイムトゥヘブン

馬連ボックス
◎○▲

三連複
◎ー○ー▲

計4点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です