2021 読売マイラーズカップ 本予想(的中)

読売マイラーズカップの予想です。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気    2-2-3-3
2番人気    1-1-2-6
3番人気    3-0-1-6
4番人気    1-0-1-8
5番人気    1-3-0-6
6~9番人気  2-3-2-33
10番人気以下 0-1-1-57

性別

牝馬     0-0-0-6
牡セン馬  10-10-10-113

所属

美浦     1-0-1-26
栗東        9-10-9-91

年齢

4歳     3-4-2-36
5歳     4-2-6-23
6歳     2-1-1-29
7歳以上   1-3-1-31

前走データ

フェブラリー  0-0-0-2
金鯱賞        1-0-0-2
中山記念    2-0-0ー5
ダービー卿    0-0-1-26
東京新聞杯   0-2-5-11
阪急杯     0-2-0-4
オープン    3-5-0-31
条件戦        0-0-0-5

見解

去年はインディチャンプ、一昨年はダノンプレミアムと結構強いお馬さん達が参戦していましたが、今年は少し小粒なメンツ。
1番人気は覚醒を果たしたケイデンスコールでしょう!NHKマイル2着から長らく低迷していましたが、今年に入り京都金杯、中山記念と連続好走。
正直、左回りのマイル以外は用無しと思っていましたが、前走の中山記念を見る限り右回りも問題はありませんでしたね。かなり強い競馬でした。
ただ、手が合っていた岩田JKが問題行動からの乗り替わりは痛手でしかありません。大幅に評価下げます。
条件戦クラスを3連勝で一気に突破したエアロロノアも怖い存在。重賞は初挑戦となりますが、10戦し4−1−4ー1と安定した成績を残しており、何より勢いがあります。
上がりも33秒台を記録しているので阪神の高速馬場への適正も高いと思います。
忘れてはいけないのはアルジャンナ。ダービー大敗後しばらく休養していましたが、8ヶ月半の休養を経て前走の洛陽Sで復帰。結果は5着に敗れたものの叩き2走目の今回で上積みは必須。エアロロノアの主戦騎手であった福永JKがアルジャンナに騎乗するってのも気になります。前走は負けたものの上がり32.8秒という素晴らしい末脚も見せていますので末脚勝負になればこの馬かもしれません。競馬をする位置が重要となりそうです。
マイラーズCで2年連続好走していたエアスピネルも久々の芝ということで楽しみなのですが、好走したマイラーズCは京都開催でのことです。マイルは最高の適距離なのですが、今回はちょっと敬遠したい。ただ、サメカツJKとは手が合っているので怖いですね。
今年の金鯱賞でデアリングタクトを負かしたギベオンも出走しますが、この馬は中京2000mの時が買い時。NHKマイル2着の実績がありますが、マイルは少し短いでしょうし、左回りがベストです。
中穴では秋山JKと手が合っているラセット、格は足りませんが、私のデータで生き残ったワールドウインズを加えます。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
当日までこの人気できてくれればかなり買いたい。
ブリンカー効果が出てきたのか前走では人気より負けたものの掲示板入っていますし、元々マイルを主戦場にしていた馬。
前走からの大幅人気落ちで妙味たっぷりです。

そんなこんなで印はこんな感じですね。

◎ エアロロノア
○ アルジャンナ
▲ 上記注目馬
△ ケイデンスコール、ワールドウインズ
☆ ラセット

馬連
◎ー○▲△☆
○ー▲△☆

計9点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。