2021 秋華賞 週初め予想

秋華賞の予想です。

牝馬三冠最後のレースになります。ソダシかユーバーレーベンの2冠なのかそれとも別の馬なのか。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気 4 1 1 4 60.0%
2番人気 1 3 0 6 40.0%
3番人気 4 0 1 5 50.0%
4番人気 1 2 1 6 40.0%
5番人気 0 2 1 7 30.0%
6〜9番人気 0 1 4 35 12.5%
10番人気以下 0 1 2 84 3.4%

所属

美浦 1 3 1 66 7.0%
栗東 9 7 9 81 23.6%

前走データ

オークス 3 0 0 12 20.0%
ローズS 3 5 7 56 21.1%
紫苑S 2 3 0 20 20.0%
オープン特別 1 0 0 25 3.8%
3勝クラス 0 0 1 0 100.0%
2勝クラス 0 2 1 16 15.8%

消去データ

前走6着以下(G1連対馬除く) 0 0 1 50 2.0%
エイシンチラー、エンスージアズム、クールキャット、ステラリア、スライリー、タガノパッション、ホウオウイクセル
キャリア10戦以上で前走2着以下 0 0 0 31 0.0%
エイシンヒテン、マリアエレーナ
前走紫苑S4番人気以下 0 1 0 17 5.6%
エイシンチラー、スライリー、スルーセブンシーズ、ホウオウイクセル、ミスフィガロ
前走条件戦2番人気以下 0 0 0 15 0.0%
サトノアイ、サルファーコスモス、テーオーラフィット

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は8頭
(アールドヴィーヴル、アカイトリノムスメ、アナザーリリック、アンドヴァラナウト、ジェラルディーナ、

ソダシ、ファインルージュ、ユーバーレーベン)

見解

現時点の消去データでは8頭がクリアしてきました。ジェラルディーナは出走できるかどうか分からないのであまり触れませんが実際厳しいでしょうね。
春の実績馬としてソダシ、アカイトリノムスメ、ユーバーレーベン、ファインルージュが上げられます。
実際ソダシは軽視できませんよね。オークスは距離長かったですけど札幌記念を見ると2000mでは十分走れるでしょう。2冠も考えられますがなんとなく今年の三冠は全て別の馬が取るような気がするんですよね。となるとユーバーレーベンも勝てないとなってきます。途中で怪我もあり思うようなローテに行けませんでしたから。競馬場も東京とか中京の方が合うでしょうし阪神2000mって感じじゃないんですよね。急仕上げでどこまでやれるのか。
残るはアカイトリノムスメとファインルージュになってきます。
どちらを評価したいかというとファインルージュです。前走ではマイルまでの馬と決めつけ軽視しましたが2000mまでであれば十分通用します。しかも鞍上にはルメール配置と勝負気配も高めです。G1のルメールは絶対的に買わないといけない存在です。
アカイトリノムスメも評価自体は高いんですけど、どうしても東京が一番合うと思うんですよ。戸崎JKが騎乗予定ですが、関西の戸崎JKはちょっとね・・・
アンドヴァラナウトは上り馬なので今回はあまり触れる予定ありませんでしたが、確かに馬は強いと思います。しかしながら少し使いすぎなイメージ。まぁ、権利取らないと行けなかったんでしょうがないんですけどね。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
週初め段階での本命はこの馬です。変える予定もありませんけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。