2021 天皇賞秋 週初め予想

天皇賞秋の予想です。

秋のG1絶好調です!スプリンターズSは外したものの秋華賞、菊花賞で万馬券取ってるので10月最後もきっちりと決めたい

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気 5 2 1 2 80.0%
2番人気 1 3 2 4 60.0%
3番人気 0 1 1 8 20.0%
4番人気 0 1 0 9 10.0%
5番人気 3 1 0 6 40.0%
6〜9番人気 1 1 5 33 17.5%
10番人気以下 0 1 1 70 2.8%

所属

美浦 5 4 4 47 21.7%
栗東 5 6 6 85 16.7%

性別

牝馬 2 2 2 8 42.9%
牡・セン馬 8 8 8 124 16.2%

年齢

3歳 0 1 1 9 18.2%
4歳 3 6 5 31 31.1%
5歳 7 3 3 36 26.5%
6歳 0 0 1 29 3.3%
7歳以上 0 0 0 27 0.0%

1枠 1 2 0 14 17.6%
2枠 1 1 0 16 11.1%
3枠 0 0 3 15 16.7%
4枠 4 1 2 12 36.8%
5枠 1 3 0 16 20.0%
6枠 2 1 1 15 21.1%
7枠 1 2 2 20 20.0%
8枠 0 0 2 24 7.7%

前走人気

1番人気 7 4 1 19 38.7%
2番人気 1 3 4 12 40.0%
3番人気 0 2 0 17 10.5%
4番人気 0 0 2 17 10.5%
5番人気 1 0 0 13 7.1%
6〜9番人気 1 1 3 36 12.2%
10番人気以下 0 0 0 15 0.0%

前走データ

宝塚記念 1 3 3 16 30.4%
安田記念 2 2 0 4 50.0%
天皇賞春 0 0 1 4 20.0%
毎日王冠 3 2 5 39 20.4%
京都大賞典 1 0 0 12 7.7%
札幌記念 2 1 0 13 18.8%
中山記念 0 0 0 1 0.0%
新潟記念 0 0 0 6 0.0%

消去データ

6歳以上 0 0 1 56 1.8%
カデナ、サンレイポケット、トーセンスーリヤ、ペルシアンナイト、ムイトオブリガード、ユーキャンスマイル
前走8番人気以下 0 0 0 28 0.0%
カイザーミノル、カデナ、サンレイポケット、ペルシアンナイト、ムイトオブリガード、ユーキャンスマイル、ラストドラフト
前走3番人気以下で10着以下 0 0 0 21 0.0%
カデナ、ムイトオブリガード、モズベッロ、ラストドラフト

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は7頭
(コントレイル、グランアレグリア、エフフォーリア、カレンブーケドール、ヒシイグアス、ポタジェ、ワールドプレミア)

見解

昨年のジャパンカップを思い出させる3強オッズになりそうです。
個人的にもそこまで荒れる要素はないのかなってのが第一印象ですね。
コントレイル、グランアレグリア、エフフォーリアの3頭で1頭を軽視するなんて度胸私にはありませんし、当日まで変わらないと思います笑
3頭を軽く触れます。
昨年の3歳牡馬三冠馬であり、大阪杯以来のレースとなるコントレイル
東スポ杯、ダービー、ジャパンカップで東京競馬場を経験しています。間違いなく東京は合うタイプでしょう。
鞍上も今年一番勢いのある日本人JK福永様です。G1では福永JKは抑えないとダメでしょう。
ただ、菊花賞以降のレースではイマイチ勝ちきれません。ワグネリアンやサトノダイヤモンド、マカヒキにも言えることですが、ダービーを獲った馬は3歳がピークってことが十二分にあり得そうですね。
2番人気想定のグランアレグリア
この馬は東京大好き娘です。アーモンドアイがいない今マイルで敵はいないと思われます。前走は負けましたけどね。
一番気になるのは2000mってことだと思われていますが、そこじゃないと思います。当日の馬場ですよ。稍重までであれば普通に来ると思いますが、重以上になると大阪杯のように飛ぶ可能性も。後は5歳牝馬ってことですかね。牝馬は5歳の秋から衰え始めることが多いですから。でも鞍上は今年も絶好調のルメールJKなので絶対的に買い目に入れないといけない存在ですけどね。
最後は今年の皐月賞馬エフフォーリア
皐月賞勝った時はダービーも絶対勝つと思っていましたが、まさかの2着。その後は菊花賞回避を早々に決め天皇賞秋に標準を合わせてきました。
上記2頭に比べ成長力は間違いなくあり、一気にコントレイル、グランアレグリアを交わして頂点に立つ可能性まであります。
今のところ成長力を含めてエフフォーリアを一番上位に取っています。鞍上は先週菊花賞を逃げ切った横山武JKです。2週連続のG1勝ちを期待したいですね。
一つ気になるのは古馬初対決くらいですかね。相手はコントレイル、グランアレグリアと世代でもトップクラスの相手です。簡単に世代交代させるわけにはいきませんよね。
90%くらいはこの3頭で決まると思います。
しかし、穴馬にも期待したくなっちゃうんですよね笑
データ突破馬からはポタジェかヒシイグアスを推薦したいです。ポタジェはコントレイル世代で世代上位クラスの力があります。重賞で勝ちきれない競馬が続いていますが、馬券内ならワンチャンありそうな気もします。川田JKとの相性は良いのですが、川田JKは今年のG1で3-0-2-10という成績。悪くないのですが、秋のG1では1番人気を2回も飛ばしてますからね・・・
ヒシイグアスは長期休養明けのレースとなるので、厳しいとは思いますが、今年に入り重賞を2連勝しています。中山で強い馬だと思われていますが、東京でも2-1-0-0と相性は良いです。鞍上は今年のG1で存在感を示せていない松山JKですが、昨年の牝馬三冠JKですからね。そろそろ一発あってもおかしくはないかなと。
足りないとは思いますが、素質はG1級の可能性もあります。
評価を下げたのはカレンブーケドールとワールドプレミアですね。カレンは安定して掲示板に来ているんですけど、やはりベストは東京2400mなんですよ。
ちょっと距離足りないと思うんですよね。
ワールドプレミアも同様に距離足りないでしょう。2500m以上であれば安定して買える馬なんで、買い時は有馬記念じゃないですかね?カレンは買い目に入れるかのしれませんが、ワールドプレミアは完全軽視する予定です。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
データ消去馬から買うとしたらこの馬だけですね。前々から言っていますが、ベストの距離は2000m前後だと思っています。
年齢的にもこれ以上の成長はないと思いますし、厳しいと思いますけど毎回気になっちゃうんですよね笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。