2021 東京スポーツ杯2歳ステークス 本予想(的中)

東スポ杯2歳ステークスの予想です。

後のG1馬を輩出することが多い出世レースです。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気 5 1 1 3 70.0%
2番人気 2 3 0 5 50.0%
3番人気 0 1 3 6 40.0%
4番人気 2 2 1 5 50.0%
5番人気 0 1 1 8 20.0%
6〜9番人気 1 1 3 32 13.5%
10番人気以下 0 1 1 31 6.1%

所属

地方 0 1 0 1 50.0%
美浦 5 7 5 53 24.3%
栗東 5 2 5 36 25.0%

性別

牝馬 2 1 0 15 16.7%
牡・セン馬 8 9 10 61 30.7%

1枠 4 0 3 4 63.6%
2枠 0 3 0 11 21.4%
3枠 2 0 2 10 28.6%
4枠 0 0 0 15 0.0%
5枠 0 2 1 12 20.0%
6枠 2 0 2 12 25.0%
7枠 1 2 1 14 22.2%
8枠 1 3 1 12 29.4%

前走データ

重賞 3 1 0 13 23.5%
オープン特別 3 2 5 22 31.3%
1勝クラス 0 1 0 18 5.3%
未勝利 0 2 3 20 20.0%
新馬 4 3 2 18 33.3%

消去データ

前走新潟競馬場 0 1 0 21 4.5%
イクイノックス
前走重賞、OP特別3着以下 0 0 1 17 5.6%
トーセンヴァンノ
関西馬で5番人気以下 0 0 0 25 0.0%
スカイフォール、テンダンス、デリカテス、ナバロン
前走新馬、未勝利、1勝クラス3番人気以下 0 0 0 30 0.0%
スカイフォール、テラフォーミング、デリカテス、ナバロン

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は5頭
(アサヒ、レッドベルアーム、グランシエロ、アルナシーム、ダンスデヴュー)

見解

前走かなり強い勝ち方をしたキタサンブラック産駒のイクイノックスに注目が集まっております。ただ、データ消去馬に該当してしまっているんですよね・・・                                             ここをどう判断するかが的中への重大なポイントになると思います。軽視はできないけど、重い印は打ちたくなかった。   新馬戦で負かした馬は後のアルテミスS勝ち馬サークルオブライフです。東京のルメールJKは安定感もありますがその反面過剰人気になります。ただ、圧倒的有利と言われている1枠に入れました。これはもうしっかり買わないとダメでしょうね。

同じく前走新馬からはアルナシームとレッドベルアームも出走します。イクイノックスよりかは両馬を評価したいですね。    2番人気想定のレッドベルアーム。近親にはレッドベルオーブやレッドベルジュールがいるレッド一族。2歳戦であれば結構信頼してもいいかと思います。そして、鞍上の福永JKはこの馬についてダービーに出られる馬、兄弟の中では一番良いとのコメントを残しています。ここを勝ってホープフルSで人気を集める存在になると思っています。

他データ突破馬については皆同じようなレベルだと思うんですよ。イクイノックスとレッドベルアームが能力的には抜けていると思うので、ここはバッサリと軽視していきましょうかね。

人気ブログランキング ←コチラをクリック

枠が出て買いたい馬が増えました。データで消えてしまった馬ですが、人気も薄そうですし期待したいです。

そんなこんなで印はこんな感じですね。

◎ レッドベルアーム
○ イクイノックス
▲  上記注目馬

馬連
◎ー○

ワイドBOX
◎○▲

計4点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。