2022 京都金杯 本予想

京都金杯の予想です。

今年も中京での開催となります。開幕週の中京はどんな馬場になっているのでしょうか。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

過去データ

人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 1 1 5 30.0% 40.0% 50.0%
2番人気 0 3 0 7 0.0% 30.0% 30.0%
3番人気 3 1 0 6 30.0% 40.0% 40.0%
4番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
5番人気 1 1 2 6 10.0% 20.0% 40.0%
6〜9番人気 1 2 3 34 2.5% 7.5% 15.0%
10番人気以下 1 1 4 69 1.3% 2.7% 8.0%

所属 勝率 連対率 複勝率
美浦 1 1 2 25 3.4% 6.9% 13.8%
栗東 9 9 8 110 6.6% 13.2% 19.1%

性別 勝率 連対率 複勝率
牝馬 2 0 2 14 11.1% 11.1% 22.2%
牡・セン馬 8 10 8 121 5.4% 12.2% 17.7%

年齢 勝率 連対率 複勝率
4歳 4 3 2 32 9.8% 17.1% 22.0%
5歳 4 3 2 27 11.1% 19.4% 25.0%
6歳 2 2 3 35 4.8% 9.5% 16.7%
7歳以上 0 2 3 41 0.0% 4.3% 10.9%

ハンデ 勝率 連対率 複勝率
49キロ以下 0 0 0 0 0% 0% 0%
50キロ 0 0 0 0 0% 0% 0%
51キロ 0 0 0 0 0% 0% 0%
52キロ 0 0 0 5 0% 0% 0%
53キロ 2 0 2 12 13% 12.5% 25%
54キロ 0 2 4 31 0% 5.4% 16%
55キロ 4 1 0 27 13% 15.6% 16%
55.5キロ 0 0 0 0 0% 0% 0%
56キロ 1 2 2 31 3% 8.3% 14%
56.5キロ 1 0 0 4 20% 20.0% 20%
57キロ 2 3 0 14 11% 26.3% 26%
57.5キロ 0 1 1 8 0% 10.0% 20%
58キロ以上 0 1 1 3 0% 20.0% 40%

前走データ 勝率 連対率 複勝率
阪神C 0 1 2 9 0.0% 8.3% 25.0%
毎日王冠 1 0 0 1 50.0% 50.0% 50.0%
ターコイズS 0 0 1 2 0.0% 0.0% 33.3%
オープン特別 6 1 5 41 11.3% 13.2% 22.6%
3勝クラス 0 2 1 13 0.0% 12.5% 18.8%

オープン特別詳細

リゲルS 4 0 2 20 15.4% 15.4% 23.1%
キャピタルS 1 1 2 13 5.9% 11.8% 23.5%
オーロC 1 0 0 2 33.3% 33.3% 33.3%

消去データ

前走二桁人気で二桁着順 0 0 0 34 0.0% 0.0% 0.0%
カイザーミノル、クリノプレミアム、ディアンドル、バスラットレオン、メイケイダイハード
関東馬で当日8番人気以下 0 0 0 19 0.0% 0.0% 0.0%
クリノプレミアム、ダイワキャグニー、トーラスジェミニ
前走G3以下で12着以下 0 0 0 16 0.0% 0.0% 0.0%
クリノプレミアム、サトノフェイバー、シュリ、ダイアトニック、ディアンドル、バスラットレオン

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は6頭
(ヴィジュネル、ザダル、ルークズネスト、エアロロノア、ヴェロックス、ステルヴィオ)

見解

前走OP特別組が強いです。昨年も3着まで全てが前走OP特別でしたからね。大負けしていても来る可能性があるんですが、人気薄は来ても3着までといったところです。3連系を買わないのであればバッサリ切ってもいいかもしれませんね。

前走重賞組ではアンドラステが圧倒的な人気を背負いそうです。ところでアンドラステって前走が引退レースじゃなかったんでしたっけ?重賞は1勝しかしていませんが、メインの鞍上が違ければ後2、3勝しててもおかしくない馬。他の出走馬と比べても少し抜けている存在です。今回は鞍上に川田JKを用意してきたので本命候補間違いなしですね。
残念ながら回避となりました。本命で行こうと思ってたんですがね・・・

アンドラステの主戦だった岩田望JKはエアロロノアに騎乗します。こちらの馬も有力馬の1頭ですね。前走で相性の良いリゲルSを勝利し、中団後方から鋭い末脚を活かす競馬を得意としていますが、開幕週の中京は内枠先行馬が有利なイメージがあります。福永JKが騎乗してくれれば話は違ったかもしれませんが、危険な人気馬になり得る存在だと思っていましたが、アンドラステ不在になったので馬券内には来るのかなと思います。

昨年重賞を勝てなかった横山父はカイザーミノルに騎乗。息子たちは中山で有力馬に騎乗するので親子ダブルでの金杯制覇って可能性も大いにありそう。ブリンカーを付けてから走りが変わりG2でも馬券内に来るくらいまでになりました。ここ2走は相手も強かったので仕方ありませんが、一気に相手弱化となるここでは得意の先行力を活かして馬券内までなら。でも中京では3戦して全部馬券外なんですね。データ消去馬にも該当してしまいましたし、思い切って軽視でも良いかも。

左回り得意なサダルも出走しますが、中京への遠征はどうなんでしょうか?ハンデもかなり背負い距離も200m短いとは思いますが、松山JKへの乗り替わりは期待したいなって思いますが、軽視します。

ルークズネストは出走して来ないのかなと思っていましたが、出走決定!中京マイルであれば巻き返しは十分にできると思いますし、上位人気馬にも不安要素があるため、人気次第では本命で行こうかなと思ってます。ゲートさえしっかり出てくれれば。

3歳時にマイルCSを制したステルヴィオは2走ぶりにマイルへ。近走を見ても衰えが見え隠れしているような気がします。しかも斤量58キロですからね。これはあまりにも厳しい。勝ち負けまではなく来ても3着までなのかなって思います。

人気するようであれば買いたくなかったヴェロックスは今回かなり人気を落としそうです。精神面の問題で走れていないような気がするので積極的に買いたい馬ではありませんが、今の人気であれば買っても良いのかな。

最後はヴィジュネル。条件戦クラスでは抜けている馬だと思っていたのでいつ突破してくれるのか楽しみでした。前走でやっとOPクラスになり、久々の重賞挑戦となりますが、中京は人気以上に走っていますし、10番人気前後であれば全然買っておきたい馬です。

人気ブログランキング ←コチラをクリック

データ消去馬からワンチャンありそうな馬を選んでみました。久々のマイルになりますが調教も動いていて内枠入れたので期待は出来るかなと。

そんなこんなで印はこんな感じですね。

◎ ルークズネスト
○ エアロロノア
▲  ヴィジュネル
△.    ヴェロックス、上記注目馬

ワイド
◎ー○▲△

馬連
◎ー○

計5点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。