2022 AJCC 本予想

AJCCの予想です。

今年未だ重賞の初当たりがない逆神予想家です。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

過去データ

人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 3 0 4 30.0% 60.0% 60.0%
2番人気 3 1 2 4 30.0% 40.0% 60.0%
3番人気 1 2 1 6 10.0% 30.0% 40.0%
4番人気 1 0 2 7 10.0% 10.0% 30.0%
5番人気 0 2 1 7 0.0% 20.0% 30.0%
6〜9番人気 2 1 4 33 5.0% 7.5% 17.5%
10番人気以下 0 1 0 49 0.0% 2.0% 2.0%

 

所属 勝率 連対率 複勝率
美浦 5 7 7 70 5.6% 13.5% 21.3%
栗東 5 3 3 40 9.8% 15.7% 21.6%

 

性別 勝率 連対率 複勝率
牝馬 0 0 0 7 0.0% 0.0% 0.0%
牡・セン馬 10 10 10 103 7.5% 15.0% 22.6%

 

年齢 勝率 連対率 複勝率
4歳 2 5 3 12 9.1% 31.8% 45.5%
5歳 4 1 4 20 13.8% 17.2% 31.0%
6歳 3 1 2 27 9.1% 12.1% 18.2%
7歳以上 1 3 1 51 1.8% 7.1% 8.9%

 

勝率 連対率 複勝率
1枠 0 1 2 12 0.0% 6.7% 20.0%
2枠 1 1 1 12 6.7% 13.3% 20.0%
3枠 2 1 0 12 13.3% 20.0% 20.0%
4枠 1 2 3 9 6.7% 20.0% 40.0%
5枠 2 2 1 12 11.8% 23.5% 29.4%
6枠 2 1 0 17 10.0% 15.0% 15.0%
7枠 1 2 2 15 5.0% 15.0% 25.0%
8枠 1 0 1 21 4.3% 4.3% 8.7%

 

前走距離 勝率 連対率 複勝率
1800m以下 0 1 1 17 0.0% 5.3% 10.5%
2000m 3 6 6 37 5.8% 17.3% 28.8%
2200m 0 0 1 11 0.0% 0.0% 8.3%
2400m 1 0 1 6 12.5% 12.5% 25.0%
2500m 3 0 1 18 13.6% 13.6% 18.2%
2600m以上 3 3 0 20 11.5% 23.1% 23.1%

 

前走レース 勝率 連対率 複勝率
有馬記念 3 0 0 9 25.0% 25.0% 25.0%
菊花賞 1 3 0 4 12.5% 50.0% 50.0%
天皇賞秋 0 1 0 1 0.0% 50.0% 50.0%
アルゼンチン共和国杯 0 0 1 7 0.0% 0.0% 12.5%
中日新聞杯 0 0 3 2 0.0% 0.0% 60.0%
オープン特別 0 2 1 24 0.0% 7.4% 11.1%
3勝クラス 1 0 1 11 7.7% 7.7% 15.4%

有力馬

オーソクレース

重賞勝ちはありませんが、ホープフル、菊花賞で2着に好走しています。
強い4歳世代でトップ5に入りそうな実力はありますし、セントライト記念で中山2200mも経験済みです。斤量も55キロで出走できるので馬券外に吹っ飛ぶ可能性は低いような気がしますね。日経新春杯では4歳馬がワンツーフィニッシュを飾りました。
とはいえ、単勝1倍台の人気になりそうですし、最近重賞で不調のルメールJK騎乗も少し怖いところがあります。菊花賞の疲れもどのくらい残っているのかといった部分もありますが、有馬記念を使っていないので大丈夫かな?
買い目には絶対入れますが、本命にはしないと思います。ここを使って春天とかに出てくるならまた買いたいですね。

ポタジェ
こちらも重賞勝ちはありませんが、どの競馬場でも対応でき、G2以下であれば安定して馬券内に絡んでくる馬です。
鞍上は前走に続き川田JKを確保してきていますね。川田JKは今年の重賞でオール馬券内を維持しており絶好調です。
人気になるのはしょうがないと思いますが、もちろん不安点もあります。まずは、中山が新馬戦以来となること。そして2200mという距離は初挑戦となります。
しかも近走は左回りばかり使っていたので久々の右回り。同じ2200mなら先週の日経新春杯の方が良かったんじゃない?って感じもしますね。

アサマノイタズラ
セントライト記念を勝利し、中山巧者の印象があります。鞍上は誰になるんでしょうかね?田辺JKは乗れるの??
後方から末脚を活かす競馬を得意としておりますが、AJCCは追込馬にとってあまり相性が良くないレースです。
出走しない可能性もありますし、嫌なデータもあるのでほぼ軽視が現時点での評価ですね。
でも買わないと来るのがこの馬なんですよね笑

ボッケリーニ
2021年で飛躍する1頭だと思っていたんですが、思うように伸びれませんでした。2020年は3-3-0-2でしたが、2021年は0-2-0-3と成績を落としています。
ただ、近走は斤量57キロを背負っていましたが、今回は斤量56キロと1キロのマイナスとなります。しかも鞍上は昨年大ブレイクした横山武史JKへ乗り替わり。
期待したくなってしまいますが、中山も2200mも初挑戦になりますからね。それならポタジェの方が安定感はありそうです。

キングオブコージ
一昨年の目黒記念勝ち馬ですが、その後は長期休養もあり昨年はわずか2走のみでした。
横山典弘JKへ乗り替わってから一気に重賞馬へ成長した馬なので今回も騎乗してくれるのは心強い。今走は休み明け3走目となりそろそろ一発あってもおかしくない馬だと思います。2000mでは少し短いので200mの距離延長もプラスですね。
怖いのは典さんが何をするのか分からないところ。チャンスがある馬なので授業参観はないと思いますが、後方ポツンはやめて欲しいです。
近2走を見るともしかしたら全盛期の力はすでにないのかも。

消去データ

単勝20倍以上(当日5番人気以内除く) 0 0 0 35 0.0% 0.0% 0.0%
アンティシペイト、エヒト、キャッスルトップ、クレッシェンドラヴ、スマイル、ソッサスブレイ、ダンビュライト、マイネルファンロン
前走5番人気以下で斤量増 0 0 0 18 0.0% 0.0% 0.0%
アサマノイタズラ、キャッスルトップ

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は5頭
(オーソクレース、キングオブコージ、ボッケリーニ、ポタジェ、ラストドラフト)

見解

絶対に消せないのはオーソクレースですよね〜。今日の中山でもかなり無双していましたし、4歳馬の成績も良い。しかも4歳馬では一番斤量の軽い55キロでの出走となればいくら今年の重賞の成績が悪いルメールJKでも馬券内は堅いでしょ。初の距離短縮がどうなるか位じゃないでしょうかね?

でも私は本命にしません笑

重賞はノってる鞍上に期待したくなってしまいます。私はノってないので、運を分け与えてもらいたい笑
2200mは初距離となりますが、半姉のルージュバックはオールカマーで勝っていますし、大丈夫なはず!
最終追いにも騎乗していますし、お願いします川田JK!!!!ポタジェ!!!!!!!!!

ちなみに3番手はボッケリーニです。ポタジェ同様初距離となりますが、鞍上が武史なんですよ!ここで期待しないでいつ期待するんだ。

アサマは最終追い後に出走を決めるという事もあったので、消しとします。田辺JK騎乗しませんし、最終追いの時計はまぁまぁですが、やはり万全ではないでしょう。

人気ブログランキング ←コチラをクリック

穴人気しているアンティシペイトも買い目に入れますが、大穴としてはこの馬ですね。
調教の時計もいいですし、実はこのレースと相性の良いステイゴールド産駒。10番人気以下っぽいので買い目に入れてもいいんじゃないでしょうか?

◎ ポタジェ
○ オーソクレース
▲  ボッケリーニ
  アンティシペイト
☆ 上記注目馬
✖︎  キングオブコージ、ラストドラフト

買い目

三連複
◎ー○ー▲△☆×

計5点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。