2022 ダイヤモンドステークス 本予想

ダイヤモンドステークスの予想です。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

過去データ

人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 6 2 0 2 60.0% 80.0% 80.0%
2番人気 0 2 4 4 0.0% 20.0% 60.0%
3番人気 0 1 2 7 0.0% 10.0% 30.0%
4番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
5番人気 0 2 0 8 0.0% 20.0% 20.0%
6〜9番人気 1 2 4 33 2.5% 7.5% 17.5%
10番人気以下 2 0 0 54 3.6% 3.6% 3.6%

 

所属 勝率 連対率 複勝率
美浦 7 5 4 55 9.9% 16.9% 22.5%
栗東 3 5 6 61 4.0% 10.7% 18.7%

 

性別 勝率 連対率 複勝率
牝馬 0 0 1 6 0.0% 0.0% 14.3%
牡・セン馬 10 10 9 110 7.2% 14.4% 20.9%

 

年齢 勝率 連対率 複勝率
4歳 2 3 4 10 10.5% 26.3% 47.4%
5歳 3 2 0 25 10.0% 16.7% 16.7%
6歳 3 1 4 27 8.6% 11.4% 22.9%
7歳以上 2 4 2 54 3.2% 9.7% 12.9%

 

ハンデ 勝率 連対率 複勝率
49キロ以下 0 0 0 8 0.0% 0.0% 0.0%
50キロ 0 1 0 5 0.0% 16.7% 16.7%
51キロ 0 1 1 6 0.0% 12.5% 25.0%
52キロ 0 1 0 3 0.0% 25.0% 25.0%
53キロ 0 0 0 15 0.0% 0.0% 0.0%
54キロ 4 0 6 30 10.0% 10.0% 25.0%
55キロ 2 2 2 19 8.0% 16.0% 24.0%
55.5キロ 0 0 0 0 0.0% 0.0% 0.0%
56キロ 1 3 1 18 4.3% 17.4% 21.7%
56.5キロ 0 0 0 0 0.0% 0.0% 0.0%
57キロ 0 0 0 7 0.0% 0.0% 0.0%
57.5キロ 0 0 0 2 0.0% 0.0% 0.0%
58キロ以上 3 2 0 3 37.5% 62.5% 62.5%

 

勝率 連対率 複勝率
1枠 1 1 1 13 6.3% 12.5% 18.8%
2枠 0 1 2 14 0.0% 5.9% 17.6%
3枠 1 2 0 15 5.6% 16.7% 16.7%
4枠 0 1 3 14 0.0% 5.6% 22.2%
5枠 2 0 1 15 11.1% 11.1% 16.7%
6枠 0 0 0 19 0.0% 0.0% 0.0%
7枠 1 2 1 16 5.0% 15.0% 20.0%
8枠 5 3 2 10 25.0% 40.0% 50.0%

 

前走データ 勝率 連対率 複勝率
有馬記念 1 0 0 1 50.0% 50.0% 50.0%
海外 0 2 0 2 0.0% 50.0% 50.0%
AJCC 3 0 0 8 27.3% 27.3% 27.3%
ステイヤーズS 1 2 2 16 4.8% 14.3% 23.8%
オープン特別 4 3 2 39 8.3% 14.6% 18.8%
3勝クラス 0 1 3 16 0.0% 5.0% 20.0%

有力馬

ヴェローチェオロ
前走で条件戦を突破したため斤量は54キロで出走できます。
将来的に長距離戦で活躍しそうな気はしていますが、今回簡単に重賞を取れますかね?
最大のライバル、レクセランスの方が現時点では能力上位と考えているので、戸崎JKがかなりいい騎乗しないと厳しいんじゃないかなって。
もしここで勝ったりするとステイヤーズSや阪神大賞典では絶対に買う馬と記録します。

レクセランス
この馬本命で行く予定です。多分変わらないと思います。
重賞では厳しいと思っていましたが、アルゼンチン共和国杯で4着に好走。しかも3着とはハナ差でした。前走万葉Sではマカオンドールの2着に好走し徐々に復調してきています。そして今回はテン乗りとなりますが、横山武史JKが騎乗してくれます。
斤量55キロは少し見込まれたかもしれませんが、能力上位は間違いないのでしょうがない。
前走で久々に3000mも経験出来ましたし、走れることは証明されています。
この馬しか見えませんでした。

メロディーレーン
みんなのアイドルメロディレーンちゃんですね。
前々走ではついに3000mで勝って条件クラスを突破しました。
半弟には菊花賞を制したタイトルホルダーもいますし、この馬は長距離戦で活躍の多いオルフェーブル産駒になります。
結構期待したくなってきますよね。斤量も52キロで出走できますし。
でもデータ消去馬に該当してしまいました。どうしましょうか・・・

テーオーロイヤル
3連勝で条件クラスを一気に突破してきた上がり馬です。
青葉賞の頃までは後方一気タイプだったんですが、近走では前目で競馬をする様になりました。
前々走ではマカオンドールにも勝っているので力はある馬なんだと思いますが、2400m以上の経験がないんですよね。
長距離では基本的に3000m以上を経験している馬を重視しているので軸にはしません。
長距離適正が不明ですが、ベストは2400mなんじゃないかなって思います。

トーセンカンビーナ
阪神大賞典で2着にきた時には今後の長距離戦で面白いなーって思っていたんですが、その後は少し調子を崩しやっと復調してきた気配があります。
ただ今回は石川JKへ乗り替わりとなりますし、左回りは全然走んないんですよね〜。
上位2強に迫る力はないのかなって思います。横山武史JKが騎乗してくれればな。。。
一応買い目には入れるつもりです。

消去データ

7歳以上で前走10着以下 0 0 0 27 0.0% 0.0% 0.0%
アドマイヤアルバ、グレンガリー
栗東所属で前走8番人気以下 0 0 0 23 0.0% 0.0% 0.0%
ゴースト、マンオブスピリット、メロディーレーン
関西馬で前走8着以下 0 0 0 22 0.0% 0.0% 0.0%
メロディーレーン、ヴァルコス
前走芝で二桁人気且つ二桁着順 0 0 0 21 0.0% 0.0% 0.0%
アドマイヤアルバ、グレンガリー、メロディーレーン、ランフォザローゼス
斤量53キロ 0 0 0 15 0.0% 0.0% 0.0%
アドマイヤアルバ、カレンルシェルブル、セントレオナード
前走万葉Sで当日7番人気以下 0 0 0 19 0.0% 0.0% 0.0%
カウディーリョ

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は5頭
(アンティシペイト、テーオーロイヤル、トーセンカンビーナ、レクセランス、ヴェローチェオロ)

見解

有力馬の欄でも触れましたが、本命はレクセランスです。徐々に復調してきてついに前走では2着まで来ました。負けたのはマカオンドールですからしょうがない部分はありますよ。3000mでの実績も残しましたし、鞍上は武史ですから。鉄板級だと思っています。

対抗にはヴェローチェオロ。今後の長距離重賞で期待が持てる馬です。菊花賞で3000mを経験していますし、人気以上に好走している点からもここで勝ち負けする様であれば非常に楽しみ。長距離界隈は不作な印象なので一気にスター街道を駆け上がるかもしれませんね。

3番手にはトーセンカンビーナ。この馬も徐々に復調してきていますが、前走手綱を握った武史がレクセランスに騎乗。それでも阪神大賞典2着、ステイヤーズS4着は実績上位でしょう。

人気ブログランキング ←コチラをクリック

重賞では厳しいんですが、3連系で入れておきたいなって思う馬です。枠がいいですね。

◎ レクセランス
○ ヴェローチェオロ
▲  トーセンカンビーナ
  テーオーロイヤル
☆ アンティシペイト
✖︎  上記注目馬

買い目

馬連
◎ー○
三連複
◎ー○ー▲△☆×

計5点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。