2022 ディープインパクト記念弥生賞 本予想

弥生賞の予想です。

いよいよもう少しでクラシックの幕開けです。朝日杯FS勝ち馬ドウデュースの始動戦にもなりますね。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

過去データ

人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 2 1 4 30.0% 50.0% 60.0%
2番人気 3 2 2 3 30.0% 50.0% 70.0%
3番人気 0 1 2 7 0.0% 10.0% 30.0%
4番人気 1 2 2 5 10.0% 30.0% 50.0%
5番人気 0 0 2 8 0.0% 0.0% 20.0%
6〜9番人気 3 2 0 35 7.5% 12.5% 12.5%
10番人気以下 0 1 1 24 0.0% 3.8% 7.7%

 

所属 勝率 連対率 複勝率
地方 0 0 0 3 0.0% 0.0% 0.0%
美浦 5 4 4 43 8.9% 16.1% 23.2%
栗東 5 6 6 40 8.8% 19.3% 29.8%

 

勝率 連対率 複勝率
1枠 1 0 0 9 10.0% 10.0% 10.0%
2枠 0 1 2 8 0.0% 9.1% 27.3%
3枠 1 0 4 6 9.1% 9.1% 45.5%
4枠 2 1 2 7 16.7% 25.0% 41.7%
5枠 0 2 0 13 0.0% 13.3% 13.3%
6枠 1 0 0 16 5.9% 5.9% 5.9%
7枠 1 5 1 13 5.0% 30.0% 35.0%
8枠 4 1 1 14 20.0% 25.0% 30.0%

 

前走人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5 3 3 14 20.0% 32.0% 44.0%
2番人気 0 5 1 16 0.0% 22.7% 27.3%
3番人気 1 1 0 7 11.1% 22.2% 22.2%
4番人気 1 0 5 10 6.3% 6.3% 37.5%
5番人気 1 0 0 9 10.0% 10.0% 10.0%
6〜9番人気 2 1 1 21 8.0% 12.0% 16.0%
10番人気以下 0 0 0 6 0.0% 0.0% 0.0%

 

前走距離 勝率 連対率 複勝率
1400m 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
1600m 1 3 4 16 4.2% 16.7% 33.3%
1800m 4 2 1 25 12.5% 18.8% 21.9%
2000m 5 4 6 38 9.4% 17.0% 28.3%
2200m 0 0 0 2 0.0% 0.0% 0.0%
2400m 0 0 0 3 0.0% 0.0% 0.0%

 

前走レース 勝率 連対率 複勝率
ホープフルS 1 1 4 6 8.3% 16.7% 50.0%
朝日杯FS 1 2 3 2 12.5% 37.5% 75.0%
きさらぎ賞 1 0 1 3 20.0% 20.0% 40.0%
京成杯 0 0 2 8 0.0% 0.0% 20.0%
共同通信杯 1 0 0 4 20.0% 20.0% 20.0%
京都2歳S 1 0 0 1 50.0% 50.0% 50.0%
オープン特別 2 1 0 7 20.0% 30.0% 30.0%
1勝クラス 2 2 0 29 6.1% 12.1% 12.1%
未勝利 0 0 0 9 0.0% 0.0% 0.0%
新馬 0 1 0 7 0.0% 12.5% 12.5%

有力馬

ドウデュース
朝日杯を勝ち無傷の3連勝を決めました。正直そこまで強い馬だとは思っていないんですよね〜。
とはいえ、今回出走しているメンバーを見ると一番馬券内の確率は高そうですよね。武豊JKも恐ろしいくらい順調に来てるってコメントも出していますし、この馬を軽視にすることはないでしょう。ないでしょうけど、人気もかなり集めるでしょうし、軸で勝負してもつまらないですよね。
2000mも中山も初になる馬なので、現状2、3番手の評価で行こうと思っています。

マテンロウレオ
きさらぎ賞勝ち馬になります。きさらぎ賞では本命に指名し、今年初的中をもたらせてくれたありがたい馬です。
ドウデュースとは違い、デビューから一貫して2000mを使っているため距離に対する不安は皆無ですね。でも中山では掲示板外しているんですよね。
きさらぎ賞でてくる前までは弥生賞に出走して欲しかったんですが、きさらぎ賞勝ったことで人気も出ちゃいますし、妙味はなくなりましたよね。
クラシックで好走するイメージは今の所湧かないので、買うとしたらトライアルまで。でも今回はあまり評価上げないで行きたいと思っています。
今後また重賞で好走する可能性はあると思っているので、しっかりと見極めたい。

ジャスティンロック
京都2歳Sの勝ち馬となり、キャリア3戦で全て上がり最速を使っています。
中山ではまだ走っていませんが、あまり苦手な競馬場はなさそうな感じですね。戦ってきたメンバーはあまり高くないので、ここでどこまで通用するのかが実物です。
そして今回は川田JKが騎乗することに。今まで手綱を握っていたのは松山JKなので、乗り替わりになってしまいますね。松山JKはサウジ行ってたから自主隔離でしょうか?
軸には出来ないですけど、紐では抑えると思います。

インダストリア
この馬もキャリア3戦で全て上がり最速を使っていますね。
前走は戸崎JKが騎乗していますが、元々はルメールJKのお手馬です。サウジでの隔離がなければ今回もルメールJKが騎乗していたと思います。
ルメールJKが騎乗しないだけで人気が少し落ちるなら狙いたいですね。前走は1600mを使っていますが、新馬未勝利と1800mを使っていました。レースを見る限り距離伸びても大丈夫そう。後は位置取りですね。今の中山はあまりにも後ろだと届かなさそうですし。

ロジハービン
前走京成杯では途中から一気に上がっていき2着に好走しました。久々に戸崎JK上手いなぁって思いましたよ。
そんな戸崎JKですが、今回はインダストリアに騎乗するためデムーロJKへ乗り替わりとなります。デムーロも道中で一気にまくるの好きですからね笑
中山2000mで連続連対しているのでコース適性は抜群です。当日は3、4番人気くらいになると思いますが、条件絶好の舞台でドウデュースを倒す可能性を秘めているでしょう。前走京成杯組は連対率0%となっていますが、データは覆されるためにあるようなものですから。

消去データ

前走8番人気以下か8着以下 0 0 0 23 0.0% 0.0% 0.0%
アケルナルスター、ジャスパージェット、ボーンディスウェイ、メイショウゲキリン、ラーグルフ、
前走1勝クラスで勝ち差0.0秒以下 0 0 0 16 0.0% 0.0% 0.0%
アスクビクターモア

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は6頭
(インダストリア、ジャスティンロック、ドウデュース、マテンロウレオ、リューベック、ロジハービン)

見解

ドウデュースがかなり人気を集めるでしょうけど、ここは3番手までに留めます。3連勝で朝日杯FSを制し、無敗のまま皐月賞に出走して来れば面白いとは思いますが、そんなに強いと思ってないんですよ。ただただ順調に来ているだけでここまでの成績を残しているんじゃないかなと。まぁ、普通に勝ち切る可能性も高いですが、ここまで1強状態になってしまうようであれば評価落としたいですね。

ということで本命はロジハービンです。外枠入れたら本命にしようと思っていました。前走形成杯ということで連対率が0%なんですが、デムーロ乗り替わりは全然プラスだと思います。スタートさえしっかりと出てくれれば。

対抗にはジャスティンロック。前走では後に共同通信杯で3着となるビーアスドニッシドにも勝っており、全走で上がり最速を記録。今回は川田JKへ乗り替わりとなりますが、川田JKならなんの問題もない。不安点はこのレースで最内の相性が悪いこと。少頭数なのでまだ外へ出しやすいとは思いますが、どうなんでしょう?

人気ブログランキング ←コチラをクリック
この馬はデータ突破しようがしまいが絶対に買おうと思っていました。前走大幅に馬体重を増やしながらしっかりと勝ち切っていますし、上がり最速も記録しています。
しかもディープ記念ですからね。凡走は許されないでしょう。

◎ ロジハービン
○ ジャスティンロック
▲  ドウデュース
  インダストリア
☆ 上記注目馬
✖︎  マテンロウレオ、ラーグルフ

買い目

馬連
◎ー○▲△☆

ワイド
◎ー○▲☆×

計9点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。