2022 スプリングステークス 本予想(的中)

スプリングステークスの予想です。

皐月賞へ向けての最後のステップレースになります。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

過去データ

人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2 5 2 1 20.0% 70.0% 90.0%
2番人気 0 1 2 7 0.0% 10.0% 30.0%
3番人気 3 2 0 5 30.0% 50.0% 50.0%
4番人気 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
5番人気 2 1 0 7 20.0% 30.0% 30.0%
6〜9番人気 1 1 3 35 2.5% 5.0% 12.5%
10番人気以下 1 0 2 40 2.3% 2.3% 7.0%

 

所属 勝率 連対率 複勝率
地方 0 0 0 3 0.0% 0.0% 0.0%
美浦 7 4 9 60 8.8% 13.8% 25.0%
栗東 3 6 1 40 6.0% 18.0% 20.0%

 

勝率 連対率 複勝率
1枠 2 2 0 8 16.7% 33.3% 33.3%
2枠 1 0 0 13 7.1% 7.1% 7.1%
3枠 1 2 1 11 6.7% 20.0% 26.7%
4枠 0 3 0 13 0.0% 18.8% 18.8%
5枠 1 1 1 14 5.9% 11.8% 17.6%
6枠 1 1 4 13 5.3% 10.5% 31.6%
7枠 1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
8枠 3 0 4 13 15.0% 15.0% 35.0%

 

前走人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1 4 7 15 3.7% 18.5% 44.4%
2番人気 3 0 0 14 17.6% 17.6% 17.6%
3番人気 2 4 1 13 10.0% 30.0% 35.0%
4番人気 0 1 2 6 0.0% 11.1% 33.3%
5番人気 0 0 0 11 0.0% 0.0% 0.0%
6〜9番人気 4 1 0 28 12.1% 15.2% 15.2%
10番人気以下 0 0 0 13 0.0% 0.0% 0.0%

 

前走距離 勝率 連対率 複勝率
1200m 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
1400m 0 0 1 4 0.0% 0.0% 20.0%
1600m 3 3 3 22 9.7% 19.4% 29.0%
1800m 3 3 3 36 6.7% 13.3% 20.0%
2000m 3 3 3 34 7.0% 14.0% 20.9%
2200m 1 0 0 4 20.0% 20.0% 20.0%
2400m 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%

 

前走レース 勝率 連対率 複勝率
ホープフルS 0 1 0 2 0.0% 33.3% 33.3%
朝日杯FS 2 2 1 4 22.2% 44.4% 55.6%
弥生賞 0 0 0 2 0.0% 0.0% 0.0%
京成杯 0 0 0 12 0.0% 0.0% 0.0%
共同通信杯 1 2 0 15 5.6% 16.7% 16.7%
オープン特別 0 0 3 8 0.0% 0.0% 27.3%
1勝クラス 6 4 3 39 11.5% 19.2% 25.0%
新馬・未勝利 0 0 1 11 0.0% 0.0% 8.3%

有力馬

アサヒ
東スポ杯2着後に挑んだ共同通信杯では大出遅れからの5着に沈みました。
私自身、本命でこの馬を推していたので、スタート1秒後には馬券のハズレを確信しましたよ・・・
それでも5着まで来たのは力のある証明だとは思います。
ジオグリフ、イクイノックス、ダノンベルーガと3歳トップクラスの馬達と戦い善戦しているのですが、出遅れがねぇ。
全5戦で3回も出遅れた馬を軸にするのはもう怖いです。まともに出てくれさえすれば馬券内にくると思いますが、不安要素が強いので軸にはしないと思います。

アライバル
新潟2歳Sで2着、京成杯4着とある程度の力は証明できていますね。新馬戦では3歳中堅クラスのプルパレイにも勝っていますし。
前走で思いましたけど、この馬にとって2000mは長いです。今回は距離が200m短縮し1800mとなりますが、どうなんでしょう?
少し長いような気もしますが、1600mでは良い競馬しているので200mの距離延長ならこなせるのか。
ここでの結果次第でダービー路線かNHKマイル路線かを決めるみたいです。
中山ルメールで人気はするでしょうけど、積極的に人気で買いたい馬ではありませんよね。

アルナシーム
この馬も出遅れ常連です。しかも気象難なのでもっとタチが悪い。
ですが、末脚は脅威なのでハマった時の強さは恐ろしいものがあります。
ドウデュース、イクイノックスとの対戦経験がありますが、出遅れた時の結果なので、もし出遅れなければもっとタイム差は詰められたでしょう。
そうなるとこの馬があっさり勝ちきる可能性もありますよね。出たとこ勝負になってしまいますけど。

ソリタリオ
シンザン記念2着馬ですが、キャリアで連対率100%を記録しています。
前走見た時に結構強くなりそうな感じはしたんですよ。
毎回鞍上が変わっているので少しかわいそうな気もしますけど、今回は武史が騎乗してくれますし、チャンスは十分にある。
安定して強いんですが、右回りは今回が初めてとなります。
そこの部分をもう少し見極めてどうするかを決めたいです。

ドーブネ
新馬戦以来となる兄弟タッグが見られます。
馬主はウマ娘で有名なサイバー藤田オーナーなので少し違った意味でも有名な馬です。
1800mは初距離となるので、ここでの結果次第で今後どこを目指すのかを決めるのでしょう。
前走は5番人気の割にはってレース内容だったので正直そこまで強いとは感じていないんですよね。勝ったのも中京、札幌とローカル競馬場となりますし・・・
そしてここ最近重賞での武豊JKの騎乗には、ん?ってなることが多いです。
今の所軽視予定ですね。

消去データ

前走未勝利、新馬 0 0 1 11 0.0% 0.0% 8.3%
エンギダルマ、サノラキ、ディオ
前走5着以下 0 0 0 32 0.0% 0.0% 0.0%
アサヒ、グランドライン、サトノヘリオス、トーセンヴァンノ、ドーブネ、ニシノスーベニア、リューベック
前走ダート 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
サノラキ

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は5頭
(アライバル、アルナシーム、オウケンボルト、ソリタリオ、ビーアストニッシド)

見解

なんとも言えない微妙なメンバーが集まりましたよね。
アサヒとアライバルなんて元々出走予定になかったでしょうし。
能力だけならアルナシームが一番強いのではないかなと思っているのですが、如何せん気性難なので、3番手の評価にしておきました。
福永JKが惚れ込んでいるという噂もあるので、末脚ハマれば突き抜けるとは思いますが、基本で遅れますからね。
ちょっと怖いです。

ということで、本命にはビーアストニッシド。1枠1番岩田JK。今回はしっかりとハナを主張する競馬してくれ〜。
高速馬場はあまり得意ではないでしょうから、週末の雨は助かったんじゃないですか?
重賞では0-1-1-1と掲示板外していませんしここでも勝ち負けまでいけると思いました。

対抗にはソリタリオ。一番安定感ありますからね。
鞍上がしょっちゅう変わるのは可哀想ですが、武史ならまぁまぁ。大丈夫だと思います。
3連系の軸には最適な馬じゃないですかね?

人気ブログランキング ←コチラをクリック

武史が騎乗してくれれば最高だったんですけどね。しょうがない。穴なら面白い存在だと思います。

◎ ビーアストニッシド
○ ソリタリオ
▲  アルナシーム
  アライバル
☆ 上記注目馬
✖︎  オウケンボルト

買い目

ワイド
◎ー○▲△☆×

計5点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。