2022 皐月賞 本予想

皐月賞の予想です。



投資競馬プロフェッショナル式~これであなたも、プロと同じ馬券で勝てる!~

Difference in odds(ディファレンス イン オッズ)

仕込夢拿/般若丸流競馬投資術



先週の桜花賞は久々に的中しました。
ですが、内枠、前有利って展開を完全に読めていたのにも関わらず勝ち馬のスターズオンアースを買ってなかったのが痛恨の極みですね。
勝ち馬を買えなかったってのは一番よくないですよ・・・
今回はしっかりと勝ち馬を本命にしてガツンと的中させていきたいです。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

過去データ

人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 1 1 5 30.0% 40.0% 50.0%
2番人気 2 3 0 5 20.0% 50.0% 50.0%
3番人気 1 2 3 4 10.0% 30.0% 60.0%
4番人気 1 2 1 6 10.0% 30.0% 40.0%
5番人気 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
6〜9番人気 3 2 4 31 7.5% 12.5% 22.5%
10番人気以下 0 0 1 82 0.0% 0.0% 1.2%

 

所属 勝率 連対率 複勝率
美浦 5 2 4 52 7.9% 11.1% 17.5%
栗東 5 8 6 91 4.5% 11.8% 17.3%

 

勝率 連対率 複勝率
1枠 2 0 0 17 10.5% 10.5% 10.5%
2枠 1 1 2 16 5.0% 10.0% 20.0%
3枠 0 1 1 18 0.0% 5.0% 10.0%
4枠 3 3 1 13 15.0% 30.0% 35.0%
5枠 0 1 2 17 0.0% 5.0% 15.0%
6枠 2 0 2 16 10.0% 10.0% 20.0%
7枠 1 3 0 23 3.7% 14.8% 14.8%
8枠 1 1 2 23 3.7% 7.4% 14.8%

 

前走人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5 7 5 30 10.6% 25.5% 36.2%
2番人気 2 1 1 21 8.0% 12.0% 16.0%
3番人気 1 0 1 18 5.0% 5.0% 10.0%
4番人気 1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
5番人気 0 1 2 13 0.0% 6.3% 18.8%
6〜9番人気 1 0 1 37 2.6% 2.6% 5.1%
10番人気以下 0 0 0 6 0.0% 0.0% 0.0%

 

前走着順 勝率 連対率 複勝率
1着 8 7 5 50 11.4% 21.4% 28.6%
2着 2 1 2 28 6.1% 9.1% 15.2%
3着 0 0 2 21 0.0% 0.0% 8.7%
4着 0 2 0 13 0.0% 13.3% 13.3%
5着 0 0 1 5 0.0% 0.0% 16.7%
6〜9着 0 0 0 21 0.0% 0.0% 0.0%
10着以下 0 0 0 5 0.0% 0.0% 0.0%

 

前走距離 勝率 連対率 複勝率
1600m以下 0 2 0 5 0.0% 28.6% 28.6%
1800m 8 1 6 61 10.5% 11.8% 19.7%
2000m 2 7 4 61 2.7% 12.2% 17.6%
2100m以上 0 0 0 16 0.0% 0.0% 0.0%

 

前走レース 勝率 連対率 複勝率
ホープフルS 2 0 0 0 100.0% 100.0% 100.0%
弥生賞 0 5 2 32 0.0% 12.8% 17.9%
スプリングS 2 1 3 33 5.1% 7.7% 15.4%
共同通信杯 5 0 2 8 33.3% 33.3% 46.7%
京成杯 0 0 1 3 0.0% 0.0% 25.0%
きさらぎ賞 0 0 1 6 0.0% 0.0% 14.3%
オープン特別 0 2 1 33 0.0% 5.6% 8.3%
1勝クラス 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%

オープン詳細

若葉S 0 2 1 21 0.0% 8.3% 12.5%

有力馬

イクイノックス
2戦2勝のキタサンブラック産駒。
前走はかなり強い勝ち方をして東スポ杯2歳ステークスを勝ちましたがその後休養に入りぶっつけでの皐月賞出走となります。
さすがに東スポ杯からの直行で皐月賞勝たれたら他の馬の面目はどうなるのでしょうかね?
鞍上のルメールJKが継続騎乗するかどうかでしたが、ルメールJKは昨年末から不審で他の有力馬に騎乗することはなかったですね。
ルメールJKは今年のG1でまだ有力馬に騎乗していないため馬券にはなっていませんが、やはりG1でのルメールには怖いものがありますよね。
直行ローテ、ルメールJKの不審が嫌気され人気が落ちるようならオッズ妙味もあるんですけどおそらく2、3番人気ですよね?
キタサン産駒の中山成績もかなり良くないですし、思い切って軽視するって選択肢もあるかもしれません、

ダノンベルーガ
共同通信杯の勝ち馬です。
そのままダービーへ直行するかと思いきや川田JKの進言もあり皐月賞へ出走することに。
ですが間違いなく陣営の狙いはダービーなのでここメイチってことはありませんね。能力でどこまで走れるのかって言ったところでしょうか。
近年だとレイデオロやスワーヴリチャードに似てる感じがします。
右回り経験もないですし、鞍上は乗り替わりで川田JKになります。イクイノックス同様あまり良くないデータにも該当していますからできれば軽視したい存在です。
多頭数経験もなかったですね。あっ、ハーツクライ産駒っていう0-1-0-13のデータにも該当していました。

ドウデュース
朝日杯勝ち馬であり、前哨戦の弥生賞でも2着に好走しています。
ダノンベルーガ同様ハーツクライ産駒であり、今勢いのある武豊JK騎乗ですね。
凱旋門賞登録も明言しており出走するためには下手な負け方は許されないでしょう。
世代では強い馬であり、古葉に混じってもそれなりにやれる馬になるとは思ってます。成績も安定していますしね。
どうなんですかね?1番人気になるのでしょうか?過去10年で見ても前走皐月賞組は勝ち馬を排出していませんから勝つまではなさそうです。
でも、同じハーツクライ産駒なら右回りも経験しているこちらを買いたいなとは思いますけど。

キラーアビリティ
ホープフルS勝ち馬になります。
鞍上の武史が3週連続1番人気を飛ばした影響で人気も一気に落ちました。想定4番人気ですよ。
多分武史が好走していれば1、2番人気になっていたんじゃないかなと思います。
他の3頭に比べてデータ上の不安要素は少ないですね。相性の良いディープインパクト産駒ですし。
前走ホープフルSからの直行では勝率100%を誇っています。
不安なのは武史の精神面での状態ですが、それ以上に1週前追切の動きが超絶悪かったですよねー。
エフフォーリアの時も1週前は動いていなかった状態でぶっ飛びましたから・・・
中山2000mは合っていると思うので買い目には入れるかもしれませんけど、軸にするのは怖いです。

アスクビクターモア
前哨戦弥生賞勝ち馬です。
ドウデュースとは2戦して1勝1敗なのにオッズには結構開きが出ています。妙味はありそう。
中山では3戦3勝なので中山巧者なんでしょうね。ディープ産駒でもあるので終わってみればディープ産駒でしたって結果も全然あり得そう。
鞍上の田辺JKは前に行けば怖いJKとなりますし面白い存在じゃないですか?
まぁ、前走弥生賞組ですけど。。。

消去データ

消去データ 勝率 連対率 複勝率
前走6番人気以下 1 0 1 43 2.2% 2.2% 4.4%
オウケンボルト、オニャンコポン、グランドライン、サトノヘリオス、トーセンヴァンノ、ボーンディスウェイ、メイショウナラキラ、ラーグルフ
前走0.6秒以上負け 0 0 0 32 0.0% 0.0% 0.0%
オウケンボルト、グランドライントーセンヴァンノ、ナニハサテオキ、マテンロウレオ、メイショウナラキラ、ラーグルフ
前走トライアル、共同通信杯以外で負けた馬 0 0 0 20 0.0% 0.0% 0.0%
ジャスティンパレス、ダンテスビュー、ナニハサテオキ、メイショウナラキラ
関東馬で関西騎手騎乗且つ当日4番人気以下 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
ジオグリフ、デシエルト
キャリア2戦以内 0 0 0 6 0.0% 0.0% 0.0%
イクイノックス、ダノンベルーガ

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は5頭
(アスクビクターモア、キラーアビリティ、ジャスティンロック、ドウデュース、ビーアストニッシド)

イクイノックスとダノンベルーガは無理やり消した感ありますけどね笑
前走東スポ杯から出走で勝ったら大変ですわ。
ビーアストニッシドは多分買わないです。岩田パパでこその馬だと思ってますし、同じ逃げ馬ならデシエルトの方が楽しみな1頭。
勝利JKインタビューでもやばかった岩田パパはこちらに騎乗しますしね。

見解

前走1番人気、1着馬の成績が非常に良いですね。ここから勝負でいいじゃんって思い馬を見ていたらイクイノックスしかいねーじゃんよ!
イクイノックスは紐で買う予定ですけど軸にはしたくないよ。データでも軽視馬になりますし、大外入っちゃいましたしね。
ってなってくるとやはりドウデュース?ハーツクライ産駒ってことで皐月賞の成績はあまり良くないですけど、朝日杯を勝っているってこと唯一馬券になったサリオスと同じように馬券内来るかも。今は武史ではなく武の時代も来ていますからね。
どの馬が一番馬券内くる可能性高いかで考えるとドウデュースになるような気はしますよね〜。
ってことで本命はドウデュースで行きましょう!凱旋門賞にも登録していることですし、無様な競馬はしないはず。

対抗は穴馬ジャスティンロックでいきましょうか。
前走の弥生賞は休み明けプラス10キロと完全にトライアル仕上げでしたからね。叩いた上積みは間違いなく見込めます。
キャリア4戦中3戦で上がり最速を使っていますし、前走は不利受けての4着です。
鞍上は乗り替わりで戸崎JKになりますけど、関東圏の戸崎JKは侮れない。
人気もそこまでしないでしょうから中穴で1番期待したい馬です。

三番手にはデシエルト。この馬、かなり強いと思ってるんですよ。
残念ながら8枠になってしまったので少し評価を落としましたが、内枠だったら本命にまでしたかもしれません。
岩田JKは重賞勝ち馬ビーアストニッシドに乗ることもできたのに選んだのは重賞未出走のこの馬です。
前走の若葉Sを勝った時のインタビューではかなりテンションおかしかった位興奮してましたし、かなり強い馬乗れちゃったよって思ってたんじゃないでしょうか。
おそらく逃げるのはこの馬ですし、ビーアストは絡んでこないことを想定するとすんなりいけそうなんですよ。
最終週とはいえ逃げたら粘りそうな気がします。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
注目馬です。
やはり終わってみたらディープ産駒だったってのを防ぐために購入しますが、それだけではなくこんなに人気ないんですね。
1週前追切お動きはかなり良かったですし、鞍上は皐月賞相性いいですから。

◎ ドウデュース
○ ジャスティンロック
▲  デシエルト
  キラーアビリティ
☆ 上記注目馬
✖︎  1、2、13、14、18

買い目

三連複
◎ー○▲☆ー▲☆△×
2−4−10
1−18ー4、12、16

計24点で勝負!

狂瀾怒濤の馬券戦略【第二章】 中央競馬版

三連単、1000万貯蓄馬券術

200万馬券師の競馬裏データ「裏データ記事単発売り」





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。