2020 京王杯2歳ステークス 本予想

京王杯2歳ステークスの予想です。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気    2-2-2-4
2番人気    2-1-1-6
3番人気    1-1-0-8
4番人気    0-1-4-5
5番人気    3-1-0-6
6~9番人気  1-4-2-32
10番人気以下 1-0-1-40

性別

牡・セン馬  10-8-10-77
牝馬     0-2-0-24

所属

栗東     7-7-6-36
美浦     3-3-4-64
地方     0-0-0-1

1枠     2-2-1-7
2枠     0-1-1-11
3枠     1-1-1-12
4枠     2-0-1-13
5枠     1-2-1-13
6枠     1-2-2-13
7枠     0-2-2-16
8枠     3-0-1-16

前走データ

函館2歳   2-2-1-4
新潟2歳   0-0-0-3
小倉2歳   2-1-2-5
オープン   2-4-1-29
1勝クラス  1-0-2-21
未勝利    0-2-3-20
新馬     2-1-0-11

有力馬

リフレイム
新馬戦、1勝クラスを大勝しての重賞挑戦となります。
新馬戦では逃げ切り勝ち、1勝クラスでは最後方から上がり最速で差し切り勝ちと全く違う勝ち方をしているのは大きいですね。
今回はどのような競馬をしてくるのかがポイントになりそうですが、直線の長い東京なので前走のように走るのかな?
牝馬は相性の良くないレースですが、馬券に絡んだ2頭はレーヌミノル、アウィルアウェイと当日の1番人気でしたからチャンスはあるでしょう。
単勝1倍台の小幡巧JKは少し、いやかなり怖いんですけど、普通に走れば勝ち負けはできると思います。
戦ってきた相手はそんなに強くないですけどね。

モントライゼ
比較的相性の良い小倉2歳Sで2着。前目から速い上がりを使える脚質は安定感があります。
リフレイムと2強を形成しそうなオッズですがモントライゼは今回鞍上にルメールを配置してきました。
東京1400m、ダイワメジャー産駒、ルメールとこれだけ見れば人気が出るのもしょうがないです。
不安は今回初めての左回り。そして良馬場も未経験。
良馬場であれば末脚はリフレイムに勝てないと思います。

ブルーシンフォニー
新潟2歳Sで2着。重賞実績はモントライゼと並んでいます。
2走はマイルで走っていましたが、今回距離短縮というのはどうなんですかね?
短距離路線では最強を誇るゴドルフィン生産なので距離短縮した方が良いのかもしれません。
前走新潟2歳S組は3頭しか出ていませんけど全て馬券外に沈んでおります。

リンゴアメ
前走の函館2歳Sでは10番人気ながら1着と大穴を空けました。
相性の良い函館2歳S組ということもあり要注意の1頭となりますが、うーん・・・
前走人気薄で穴を空けただけなので今走が見極めの1走となりそうです。
前走の2着馬であるルーチェドーロはダートとはいえJBC大敗しましたし・・・

人気ブログランキング ←コチラをクリック
1勝馬ですが、新馬戦で負かした馬も次走の未勝利で勝っていますし、何より継続騎乗はありがたい。
名前も面白いし、一発期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です