妄想ペナント ep53.5

2026年度ドラフト参加選手紹介

猪狩進

あかつき大付属高校→オリックスブルーウェーブ

兄猪狩守と共にセンバツ優勝の実績を引っ提げキャプテン就任
3年夏は海堂高校に敗れ甲子園出場ならずも世代No1捕手
オリックスの神童裕二郎に憧れているため、オリックス入りを希望

生木盛夫

パワフル高校→ヤクルトスワローズ

パワフル高校のキャプテン
打撃は少し劣るが堅実な守備が魅力

一文字大悟

獅子高校→西武ライオンズ

夏の甲子園優勝校であり、大会No1捕手
今大会で一気に評価を上げた選手であり、猪狩進よりも高い打撃力が魅力

佐藤寿也

海堂高校→読売ジャイアンツ

走攻守三拍子揃った好選手
猪狩進、一文字大悟と共に高校捕手BIG3
上記2選手よりも目立った欠点がなく開幕一軍に一番近い選手と噂されている

草野秀明

海堂高校→阪神タイガース

俊足巧打の外野手
多少時間はかかるかもしれないが、理想の1番打者になり得る素質を持つ

眉村健

海堂高校→横浜ベイスターズ

海堂高校のエースであり、世代No1投手
ジャイロボールの使い手であり、開幕ローテーション入りを目指す

薬師寺

海堂高校→西武ライオンズ

海堂四人衆の一人
高校時代は3番打者として活躍しており、低めのボールに滅法強い

阿久津

海堂高校→広島カープ

海堂の中継ぎエース
ナックルボーラーであり変幻自在のピッチングには定評がある

中西球道

青田高校→オリオン大学→千葉ロッテマリーンズ

山田世代の一人
アメリカのオリオン大学で怪我の療養し完全復活を果たす

鷹野有紀

ヴァンプ高校→官僚大学→

正確なコントロールを持つ即戦力候補の投手
一度投げ終わってからの回復に時間がかかるためローテーションとして1年間回るのに不安が残る
先発不足の球団であれば開幕ローテーション入りも

半田小鉄

恵比留高校→首都体育大学→

パワーに自信のある捕手
捕手としては少し物足りない部分があるため、球団次第で外野手での出場が増える可能性も
守備に不安があるためDHのあるパリーグの方が活躍の舞台は広がりそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です