2021 AJCC 本予想

AJCCの予想です。

先週も重賞は当たりませんでした。
愛知杯ではウラヌスチャームを軸にして外し、日経新春杯ではショウリュウイクゾを注目馬にしておきながら外し。
もう呪われてますわ・・・
買い方があまりにも下手くそすぎますね。

ビルゴもキングボンビーの力で馬券外に飛びましたし。
今年はルメールJKとの相性が悪すぎます。買えば来ない、買わなければ来る!
日曜日の平場なんてルメールにやられまくりましたよ。
昨年と全く同じ流れなのでそろそろこのキングボンビーを誰かに擦りつけたい笑

人気どころはアリストテレス、サトノフラッグ、ヴェルトライゼンデの明け4歳馬になります。
ステイフーリッシュやモズベッロといった古馬重賞で活躍している馬に対して4歳馬がどこまでやれるのかに注目です。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

人気別成績

1番人気    3-3-0-4
2番人気    3-1-2-4
3番人気    1-1-2-6
4番人気    1-0-2-7
5番人気    0-2-1-7
6~9番人気  2-2-3-33
10番人気以下 0-1-0-43

性別

牝馬     0-0-0-7
牡セン馬  10-10-10-97

所属

美浦     5-7-7-65
栗東        5-3-3-39

年齢

4歳     1-4-3-12
5歳     5-1-3-15
6歳     3-1-2-28
7歳以上   1-4-2-47

1枠     0-1-2-11
2枠     1-0-2-11
3枠     2-1-0-11
4枠     1-2-2-9
5枠     1-2-1-12
6枠     3-2-0-15
7枠     1-2-2-15
8枠     1-0-1-20

前走データ

菊花賞    0-2-0-3
有馬記念   4-0-1-8
アル共    0-0-0-5
ステイヤー  1-0-0-8
チャレンジ  0-1-0-1
オープン   0-2-1-23
条件戦    1-0-1-13

有力馬

アリストテレス
菊花賞でコントレイルの三冠を阻止するかと思われた馬ですね。
オープン特別で勝ちきれなかったため古馬に混じって条件戦を戦いましたがそこで完勝。そこからの菊花賞だったので抑えておかないといけない1頭でしたね。
ジャパンカップ2着のコントレイルを追い詰めた実績から今回1番人気に支持されています。目標はフィエールマンのいなくなった天皇賞春でしょうからここでひと叩きって感じでしょうか。今まで中山でルメールを嫌った結果が今年の重賞未だ当たりなしなのでルメールが騎乗する時点で買い目に入れることは決まってます。
ただ、休み明けになるのでそこまで動きは良く見えません。多いに取りこぼす可能性はあると思います。
3000mからの距離短縮はそこまで気になりませんが、中山初ってのは気になりますよね〜。個人的には左回りの方が合うと思っていますし、軸にはしたくないですね。
こうやって嫌ってるとルメールが勝っちゃうんですよ今年は・・・

サトノフラッグ
菊花賞3着馬ですが、1、2着馬からは結構離されての3着です。
中山競馬場では2−1−0ー1と結果を残しており、セントライト記念で2200mも経験していることはアリストテレスと比べると大きなメリットです。
中山は特殊な競馬場なので経験馬は強いんですよ。そしてこの馬は右回りの方が走ります。戸崎JK継続騎乗も良いんじゃないですかね。
4歳牡馬で一番期待しているのはこの馬です。
不安点としては菊花賞の4、5着馬がその後の古馬重賞で大敗していることです。もしかしたら上位2頭以外は対して差がないのかも。
そして4歳牡馬ではこの馬のみ重賞勝ちがあるため斤量が56キロになってしまいます。
アリストテレス、ヴェルトライゼンデが55キロで出走できるのでプラス1キロがどのように影響してくるかですね。
菊花賞のようにあまりに後方から競馬するようであれば届きません。まぁ中山ならまくってくると思いますけどね。

ヴェルトライゼンデ
菊花賞で2番人気に推されながらまさかの7着に沈みました。なんだかレース中に怪我したみたいな事言ってたのでその影響だと思いますけど。
この馬はドーリームジャーニー産駒なんですけど、ドリームジャーニー産駒は中山2200m滅法強いんです。代表産駒であるミライヘノツバサはこのレースでも好走していますしね。なので、血統面だけでも抑え必須の1頭となります。菊花賞からの距離短縮はプラスに働くと思うので馬券内なら全然あるかなって。
ほんとはあまり買いたくはないんですけどね笑
なぜ買いたくないのかと言いますと、池添JKが全然動いてない的なこと言ってるんですよ・・・
馬場が悪いのはマイナスみたいなので、今の馬場じゃ用無しかもしれません。

ステイフーリッシュ
昨年の2着馬であり、オールカマーでも3着に入っています。2200mでは1−2−2−0と相性の良さが分かりますね。
中山でも0−2−2ー0と馬券内率100%なので条件面だけで見れば軸筆頭候補なんでしょうね。
G2、G3番長であり、古馬重賞では0−4−6−5と馬券内にくる可能性が高いことも買い要素です。勝ちきれないんですけどね笑
不安点は昨年の京都大賞典以降は骨折で今回が復帰戦になります。そして鞍上はテン乗りの石橋JK。
この2つだけで軸にするの少し怖くなりますね。馬場は渋った方が得意なので雨次第にもなってきますがリピータが活躍する傾向でもないので買い目に入れる程度で良いのかもしれません。

ウインマリリン
オークス2着、エリ女4着と明け4歳世代ではNo2、3位に位置している馬です。
今回唯一の牝馬であり、牝馬の成績は0−0−0ー7ですが、この馬は買いたい!
秋華賞は状態万全じゃなかったので大負けしょうがないですし、エリ女では3歳馬で4着入ってますから。ライラック、サラキア、ラヴズに次ぐ着順ですからね。
今回は調教も抜群に動いていますし、状態は万全。それなら4歳牡馬だけでなく他の古馬にも通用するんじゃないかなぁ。斤量も53キロですしね。
ただ、馬場が渋るのは良くないみたいです。雨は降ってほしくないっていう言葉が残されています。
先行馬なので早い上がり出せる馬ではないですし、そこまでマイナスなるかなとも思いますけどね。

人気ブログランキング ←コチラをクリック
怪しい穴馬がたくさんいるのですが、一押しはこの馬にしました。
結構な穴馬だと思います。
近走は長距離レースばかり走っていたので久々の2000m台のレースになりますが全然問題ないと思います。
中山も人気以上に走っていますし、重馬場でも対応可能だと判断しました。

中山得意のサンアップルトンはもちろん買いますよ〜。
鞍上の善臣先生そろそろお願いします。
枠出るまではジェネラーレウーノも結構気になっていたのですが、8枠に配置されてしまいましたからねぇ。
中山得意なので気にはなりますが、来ても3着と思い消し。
同じようにヴェルトライゼンデも血統面では買いなのですが、連対まではないだろうと思い消しとしました。
ステイも同じ感じです。一番怖いのはステイなんですけどね・・・
そして、一番扱いに困ったアリストテレスですが、中間含めて追い切りの動きがあまりにも悪すぎます。
まぁこれでも持ってくるのがルメールなのかもしれませんが、騎手で買うのはあまり好きではないので評価落としています。
今年はこうやって評価落としたら来るんですけどね!!!!
そして軸で買ったら来ないんですけどね!!!!!!!!!!

そんなこんなで印はこんな感じですね。

◎ サトノフラッグ
○ サンアップルトン
▲ ウインマリリン
△ アリストテレス、ラストドラフト
☆ 上記特注馬

馬連
◎⇨○▲△☆
ワイド
○⇨◎▲△☆
複勝

計11点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。