2022 中山記念 本予想

中山記念の予想です。

 

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

過去データ

人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 0 0 7 30.0% 30.0% 30.0%
2番人気 3 2 2 3 30.0% 50.0% 70.0%
3番人気 3 1 1 5 30.0% 40.0% 50.0%
4番人気 0 2 2 6 0.0% 20.0% 40.0%
5番人気 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
6〜9番人気 0 3 5 32 0.0% 7.5% 20.0%
10番人気以下 0 0 0 28 0.0% 0.0% 0.0%

 

所属 勝率 連対率 複勝率
地方 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
美浦 9 4 7 51 12.7% 18.3% 28.2%
栗東 1 6 3 36 2.2% 15.2% 21.7%

 

性別 勝率 連対率 複勝率
牝馬 1 3 1 6 9.1% 36.4% 45.5%
牡・セン馬 9 7 9 82 8.4% 15.0% 23.4%

 

年齢 勝率 連対率 複勝率
4歳 4 3 5 13 16.0% 28.0% 48.0%
5歳 5 4 0 23 15.6% 28.1% 28.1%
6歳 1 2 2 23 3.6% 10.7% 17.9%
7歳以上 0 1 3 29 0.0% 3.0% 12.1%

 

勝率 連対率 複勝率
1枠 2 1 0 7 20.0% 30.0% 30.0%
2枠 0 0 2 10 0.0% 0.0% 16.7%
3枠 3 2 1 7 23.1% 38.5% 46.2%
4枠 1 0 1 11 7.7% 7.7% 15.4%
5枠 2 2 1 8 15.4% 30.8% 38.5%
6枠 0 2 1 15 0.0% 11.1% 16.7%
7枠 1 1 2 15 5.3% 10.5% 21.1%
8枠 1 2 2 15 5.0% 15.0% 25.0%

 

前走人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 2 2 6 23.1% 38.5% 53.8%
2番人気 3 1 2 8 21.4% 28.6% 42.9%
3番人気 1 1 0 10 8.3% 16.7% 16.7%
4番人気 0 1 0 7 0.0% 12.5% 12.5%
5番人気 2 2 2 3 22.2% 44.4% 66.7%
6〜9番人気 0 0 1 22 0.0% 0.0% 4.3%
10番人気以下 0 2 1 26 0.0% 6.9% 10.3%

 

前走レース 勝率 連対率 複勝率
有馬記念 1 1 0 6 12.5% 25.0% 25.0%
マイルCS 1 0 2 5 12.5% 12.5% 37.5%
AJCC 0 0 0 11 0.0% 0.0% 0.0%
中山金杯 4 0 1 8 30.8% 30.8% 38.5%
東京新聞杯 0 0 0 6 0.0% 0.0% 0.0%
オープン特別 0 1 0 18 0.0% 5.3% 5.3%

有力馬

ダノンザキッド
ホープフルS1着、マイルCS3着とG1でも実績を残している強い4歳世代です。
阪神、中山と右回りの急坂コースでも実績があるのですが、個人的には右回りよりかは左回りの方が合ってると思っています。
ですが、1800mでは2戦2勝と距離適性も抜群ですし、斤量も55キロで出走できるので軽視は怖いですよね。
折り合いがつくかどうかわからない部分もあるので内枠入ったりすると評価を落としたいんですが、外枠入ったら要注意ですね。
川田JKが騎乗するので、コメントを見て判断したいと思います。ダイヤスコーピオン、レッドルゼルと控えめなコメントの時はしっかりと飛んでますから。

カラテ
若手のホープ菅原JKが完全に手の内に入れている重賞馬です。
G3では大きく崩れた競馬をすることもありませんし、前走の東京新聞杯でもしっかりと3着に好走しています。
舐めてかかるのは危険だと思いますが、この馬って蹄の影響で近走はあんまり詰めての出走は出来なかったですよね?
そして近走はマイルで好成績を残してきましたが、今回は1800mとなります。本格派する前の出走しかありませんが、1800mでは二桁順位に惨敗しているんですよ。
斤量は軽くあるので狙いたい馬ではありますが、買うか買わないか微妙なところです。

アドマイヤハダル
皐月賞、ダービーと期待していた成績は残せませんでしたが、前走では連勝中のジャックドールと0.2秒差の競馬をしています。
昨年ブレイクした横山武史JKを背に再度の重賞好走を目指しますが、中山会う感じはあんましないんですよ。メンバーレベルがかなり落ちるディセンバーSで5着ですからね〜。ジャックドールをG1級の馬と判断すれば買えるのかもしませんが、現状OP特別しか勝っていない馬ですから、武史人気で過剰人気するようであれば軽視したい。
データ的に前走OP特別消しでもいいですからね。

パンサラッサ
大逃げ大好きパンサラッサです。中山の開幕週であれば狙いたいですよね。
個人的には菱田JKと手が合っていると思っているので、吉田豊JKへの乗り替わりは少しマイナスかなと思います。
中山で大逃げして最後の急坂で止まっちゃうんじゃないかなって不安もありますよ。今後も非常に楽しみな1頭ではあるんですが、重賞上位人気で軸にするほどの安定感はないと思います。中山では一回も馬券内来ていませんしね。
ただ、現状上記3頭よりかは有力視しています。

コントラチェック
生粋の中山巧者です。中山競馬場であれば押さえておいて良い1頭ですね。
そして藤沢厩舎の馬になります。今週で引退の藤沢厩舎ですから勝負度合いは図りきれないものです。
ルメールJKがサウジじゃなかったら最後に騎乗して欲しかったなぁ。
逃げなきゃダメな印象ですが、オーシャンSでは番手から勝ってますし、パンサラッサはおそらく大逃げするでしょう。気分良く単騎で番手につけられれば逃げてるのと変わらず結果を残せると思います。トーラスジェミニやワールドリバイバルが絡んで来なければ。

消去データ

前走重賞以外 0 1 0 19 0.0% 5.0% 5.0%
アドマイヤハダル、ゴーフォザサミット、ルフトシュトローム、レッドサイオン、ワールドウインズ
前走G2以下で2200m以上 0 0 0 17 0.0% 0.0% 0.0%
ソッサスブレイ
4、5歳馬で当日7番人気以下 0 0 0 14 0.0% 0.0% 0.0%
ガロアクリーク、ワールドリバリバル
間隔3週以内 0 0 0 13 0.0% 0.0% 0.0%
カラテ、トーラスジェミニ、マルターズディオサ、ワールドウインズ

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は5頭
(ウインイクシード、コントラチェック、ダノンザキッド、パンサラッサ、ヒュミドール)

見解

中山記念は逃げた馬があまり来ないレースで有名です。今回はパンサラッサが逃げるでしょうから、データを突破したとはいえあまり重視はしたくないですね。そして、ダノンザキッドもあまり買いたくない。おそらく1番人気でしょうが、外枠ですし、右回りよりも左回りと思っている馬なのでパンサラッサと同格の評価とします。

本命は下記の注目馬なので、ここで触れるのは対抗と3番手です。

まず、対抗にはヒュミドール。平坦コースでの好走が目立つ馬ですが、得意な内枠に入りましたし、今回はデムーロが騎乗してくれます。調教もかなり良かったですし、本命にしてもいい馬でした。

3番手にはコントラチェック。引退する藤沢厩舎の馬の中では一番勝ち負けする可能性が高いです。パンサラッサの2番手につけてくれれば気持ちよく走れるんじゃないかなって。中山巧者ですし、中山1800mはフラワーCで勝った舞台です。5番人気前後であれば妙味もバッチリですね。

アドマイヤハダルは武史騎乗ですし、結構怖い存在なんですが、ここはバッサリいきたいと思います。

人気ブログランキング ←コチラをクリック

前走では本命にした馬ですが、ここでも要注意の馬としてあげたいと思います。中山は一番合う舞台ですし、最終追いも結構動いていました。ここは頼むから好走してくれ〜。

◎ 上記注目馬
○ ヒュミドール
▲  コントラチェック
  ダノンザキッド、パンサラッサ

買い目

ワイド
◎ー○▲△

三連複
◎ー○▲ー▲△

計9点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。