2022 フィリーズレビュー 本予想(的中)

フィリーズレビューの予想です。

桜花賞の切符はまだ残されています。どの馬が獲得するのでしょうか。

それでは過去10年のデータから見ていきたいと思います。

過去データ

人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2 2 0 6 20.0% 40.0% 40.0%
2番人気 2 3 2 3 20.0% 50.0% 70.0%
3番人気 2 0 0 8 20.0% 20.0% 20.0%
4番人気 0 1 0 9 0.0% 10.0% 10.0%
5番人気 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
6〜9番人気 3 2 4 31 7.5% 12.5% 22.5%
10番人気以下 1 1 3 79 1.2% 2.4% 6.0%

 

所属 勝率 連対率 複勝率
地方 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
美浦 1 2 1 26 3.3% 10.0% 13.3%
栗東 10 7 9 117 7.0% 11.9% 18.2%

 

勝率 連対率 複勝率
1枠 3 1 1 15 15.0% 20.0% 25.0%
2枠 2 0 0 18 10.0% 10.0% 10.0%
3枠 3 1 1 15 15.0% 20.0% 25.0%
4枠 0 2 1 17 0.0% 10.0% 15.0%
5枠 1 2 2 15 5.0% 15.0% 25.0%
6枠 0 1 0 19 0.0% 5.0% 5.0%
7枠 0 2 4 21 0.0% 7.4% 22.2%
8枠 2 0 1 24 7.4% 7.4% 11.1%

 

前走距離 勝率 連対率 複勝率
1200m 0 0 1 36 0.0% 0.0% 2.7%
1400m 4 3 3 52 6.5% 11.3% 16.1%
1500m 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
1600m 7 6 6 53 9.7% 18.1% 26.4%
1700m以上 0 0 0 2 0.0% 0.0% 0.0%

 

前走レース 勝率 連対率 複勝率
阪神JF 2 4 3 19 7.1% 21.4% 32.1%
ファンタジーS 0 0 0 4 0.0% 0.0% 0.0%
フェアリーS 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
オープン特別 2 1 1 28 6.3% 9.4% 12.5%
1勝クラス 5 3 5 50 7.9% 12.7% 20.6%
新馬、未勝利 1 0 0 18 5.3% 5.3% 5.3%

有力馬

ナムラクレア
今回のメンバーでは唯一の重賞勝利馬です。
前走は阪神JFを使いましたが、マイルはギリギリですね。なので今回の距離短縮はプラスでしょう。
今後どの路線を歩むのかはわかりませんが、次走は桜花賞に出走するはず。となるとここは叩きだと思いますが、1400mならば上がり最速も使えるしメンバーレベルを考えても馬券内は堅そうな1頭です。
前走は距離が長かったこともあり、中団やや後方から競馬をしていましたが、適距離となる今走は悪くても中団にはつけると思います。
調教の動きも良かったですし、絶対に外せない馬でしょうね、人気はかなり被ると思いますけど。

アネゴハダ
小倉2歳Sで3着に好走しています。展開を味方につけた好走だったので、次走以降はいらないかなと思ってましたが、前走の条件戦ではしっかりと勝ちましたね。
マイルは絶対長いので1200mから1400mならば少し注意が必要。掲示板外してないですからね。
近走は前につける競馬をしており、ダートでも走れるパワーもあります。しかし、酒井JKへの乗り替わりは正直マイナスですね。

マイシンフォニー
最近武豊JKの馬質が良いですね。人気馬によく乗っている印象です。
この馬は前述の2頭と違い1400mは初となります。マイルでは2走とも馬券外、1800mでは連帯していることから距離短縮はどうなんでしょうね?
半兄であるマイラプソディは2歳までは怪物と言われていましたが、3歳以降は10走して1回しか馬券になっていません。
この馬も同じ道を辿る可能性があるので、少し怖いです。ディープ産駒ですしね。

キミワクイーン
新馬、1勝クラスと1400mで勝っています。逆にマイルでは2回とも馬券外なので1400mはベスト距離。
新潟2歳Sで好走しているオタルエバーに勝った経験もありますし、名前も良いですね。
前走で初の右回り、輸送を経験していますが、大敗しているので結局のところ右回りが問題ないのかは不明のままです。
鞍上も鞍上なのでそこまで人気はしないでしょうけど、怖い1頭には間違い無いでしょう。

ビジュノワール
まだ鞍上が決まってないので出走するのかどうか微妙ですが、距離延長ではなく短縮にしたのは良いと思います。
フワラーCとかに出走していたらおそらく買っていたと思うので、今回も注目しています。
アネモネSへ出走するのかな?
こちらだったら再度考えます。

消去データ

前走1200m 0 0 1 36 0.0% 0.0% 2.7%
ゼロドラゴン、テイエムスパーダ、ホワイトターフ、
前走ダート 0 0 1 14 0.0% 0.0% 6.7%
コンクパール、プッシュガーデン
前走1600m以外で上がり最速なし 0 0 0 39 0.0% 0.0% 0.0%
アドヴァイス、ウィリン、コンクパール、スリーパーダ、テイエムスパーダ
前走G1以下で6着以下 0 0 0 38 0.0% 0.0% 0.0%
サウンドクレア、スリーパーダ、プッシュガーデン
前走条件戦6番人気以下 0 0 0 16 0.0% 0.0% 0.0%
ホワイトターフ、ラブリネスオーバー
斤量増 0 0 0 7 0.0% 0.0% 0.0%
モチベーション

※当日のオッズ、人気で変更の場合有

消去データ突破馬は5頭
(アネゴハダ、キノワクイーン、サブライムアンセム、ナムラクレア、マイシンフォニー)

見解

データで残ったのが上位人気想定5頭と面白味のない結果になってしまいました。
1番人気想定のナムラクレアですが、前述の通り本質は1200mから1400m。それでも前走の阪神JFでは4着に来ているのでこのメンバーであれば能力上位だと思います。
なのでここからいこうと思います。二桁人気が来るような荒れる重賞なのに1番人気を本命にするのはあまり好きじゃないんですけどね。

対抗にはアネゴハダ。小倉2歳Sではナムラクレアに0.6秒離されていますが、前走の1勝クラスではしっかりと勝っており調教の動きもかなり良く見えました。
ぶっちゃけ桜花賞は出れたら出るくらいだと思いますし、ここの方が勝負気配は高いでしょう。マイルは長いですしね。

3番手にはキミワクイーン。1400mでは2戦2勝と強さを見せている反面マイルでは2戦とも馬券になっていません。
この馬もアネゴハダ同様桜花賞よりかはここメイン。久々に芝でウチパクJKがやってくれるかもしれませんよ。

マイシンフォニーも怖い存在なんですけど、一気の距離短縮はどうなんでしょうね。この馬に関しては桜花賞やその先のクラシックを目指していると思うので、ここを勝ちたい馬たちに対して勝てるのかってのがありますね。

人気ブログランキング ←コチラをクリック

◎ ナムラクレア 
○ アネゴハダ
▲  キミワクイーン
△  マイシンフォニー  
☆ サブライムアンセム

買い目

三連複
◎ー○▲ー▲△☆

ワイド
◎ー○

計6点で勝負!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。